特集
2018.12.05

ガジェット複数持ちに朗報! 個人でも使えるBIC SIMのファミリーシェアプランならデータも料金もおトク

こんにちは、毎日ガジェットと暮らす系ライターの鈴木しのです。朝起きてから夜寝るまで、お気に入りのガジェットとともに生活しています。

今回は、ガジェットを複数使いたい人に向けて、「BIC SIMのファミリーシェアプラン」のメリットを紹介します!

ガジェットを持つ上で重要なテザリングには、弱点がある


もともとは大手キャリア(docomo・au・SoftBank)と契約していてテザリングを駆使していた私ですが、テザリングには弱点があります。それは、データ制限にかかりやすくなってしまうことと、スマホの充電がすぐになくなってしまうことです。

PCで大容量データのやりとりをしたり、タブレットで動画を頻繁に見ていたりすると、必然的にデータ使用量が上がってしまうのです。

さらに、テザリングでずっとスマホを酷使していると、スマホがだんだん熱くなってきてバッテリーにも良くない気が......。とはいえ、新たに契約してポケットWi-Fiを持ち歩くのはおっくうになります。

DSC00246.jpg
私は、仕事で普段複数のガジェット「MacBook Air」、「iPhone」、「iPad」を利用していますが、 2つのガジェットをテザリングで使うことによって、ネックになるのがデータの通信料です。
テザリングをして仕事やプライベートを過ごしていると、月々のデータ量で10GBはかかっています......しかし、10GBのデータ通信料は結構な金額に......少しでも通信料を安く抑えるために、格安SIMへの乗り換えを検討しはじめました。

さまざまな格安SIMを調べていく中で、出合ったのが「BIC SIMのファミリーシェアプラン」です。このプランは、SIMカードが最大10枚まで使用でき、その内3枚(データ専用SIM)までは基本料金の中で利用可能、月額料金は音声通話機能付きで3,260円。気になるデータ通信容量は合計12GBと大満足の内容です。

格安SIMのイメージはというと、通信の品質とサポート体制が良くない、と勝手に思っていました。だけど、BIC SIMは格安SIMの中でも品質に定評があるIIJmioと同じ通信品質なので評価が高く、ビックカメラグループが展開している店舗にある「格安SIMカウンター」に行くと対面によるサポートも受けられるので、とても安心です。

さらに、MNPを利用して契約すれば電話番号が変わることなく、以前と同じ番号を使用できるので、面倒な手間が省けるのも嬉しいポイントです。

12GBで何ができるの?

「ファミリーシェアプランは12GB使える」と言われても、実際にはどれくらい使えるのか、あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。なので、わかりやすく表にしてみましたのでご覧ください。

項目 1GB 12GB
動画視聴(YouTube 720p) 1時間30分程度 18時間程度
音楽視聴(Apple Music) 17時間程度 204時間程度


表を見ていただいてわかるように、データ通信容量が12GBもあれば、通信制限にかかることも減るでしょう。3台のガジェットを扱う私でも12GBは十分心強いデータ通信量だと感じます。

BIC SIMなら大容量で料金もおトク

ここまで、BIC SIMのファミリーシェアプランの概要やメリット、データ通信量についてお伝えしてきました。ですが、忘れてはいけないのは料金です。

それでは、実際にどのくらい月々おトクなのかを大手キャリアと比較して見ていきましょう。

ファミリーシェアプランは、もちろん家族で使うこともできますが、一人で使うことも可能であり、かつ12GBで月々3,260円と安く利用できます。音声通話の3分かけ放題オプションをつけてもたったの3,860円です。

まずは、大手キャリア、BIC SIMのデータ容量12GBで比較したときの月々の利用料金の差をみていきます。

bic sim.png bic sim2.png
上の表は、大手キャリア、BIC SIMで1年間使い続けた場合の価格を表しています。

大手キャリアの場合は、1年間で約10万円......。比べて、BIC SIMの場合は約5万円なのでその差は一目瞭然です。大手キャリアの通信プランは5GBの次は20GBとなっており、毎月10GB程度使う私は結局20GBのプランに......。データを繰り越ししても、毎月余ってしまっていたので、その分料金も安くできたらと思っていました。なので、12GBのプランは私にピッタリ!また、BIC SIMでは、大手キャリア時代に悩まされていた2年縛りもありません。気兼ねなく契約できることも、ありがたかったポイントです。

ちなみに、BIC SIMの公式サイトでは、料金のシミュレーションもできます。ここでは、現在のスマホ料金と比較したBIC SIM契約時の価格を3ステップで計算してくれます。

スクリーンショット 2018-10-04 18.14.13.png
スクリーンショット 2018-10-04 18.14.37.png
「今のスマホ料金と比べてどれくらい安くなるの?」と思った方は、合わせてご覧ください。

BIC SIMの料金シミュレーターはこちら

なお、3枚目までは基本料金の中で利用できますが、4枚目以降は400円/枚〜で最大10枚まで追加が可能。ガジェットを追加したい場合や、家族でシェアしてもおトクに使えます。

やっぱり12GBでは物足りない......!という方へ

BIC SIMのファミリーシェアプランに乗り換え、以前よりもおトクに快適にガジェットライフを満喫することができました。ただ、ひとつ気になることがあります。それは、12GBで足りなくなるときがきたらどうしようということです。

今は3台のガジェットで月々12GBで対応できているものの、この先仕事などが増えて外でのテザリングが増えてくるととても心配......。

そんなときにこころ強いのが「大容量データオプション」プランです。こちらのプランは 20GBと、30GBのデータ通信量の追加が可能なプランになっています。20GBであれば月額3,100円、30GBも月額5,000円で追加できるので、今後の心配もいりません。容量を上げても、大手キャリアよりもおトクです。

個人使用でも満足なBIC SIMのファミリーシェアプラン

DSC00253.jpg
大手キャリアからBIC SIMに乗り換えた私ですが、各メーカーからさまざまなプランが発表される中、選んだ基準のひとつには価格と快適さのバランスがありました。 通信速度も容量も大事だけれど、価格はそこそこ手頃に抑えて、安心して使いたい。そう感じた私にとって、BIC SIMのファミリーシェアプランは非常に魅力的でした。

さっそく私もBIC SIMに乗り換えしちゃいました! ガジェット好きで複数持ちの皆さん、SIMカードも3枚まで基本料金の中で利用できて個人でも使えるBIC SIM、気になる方はぜひ契約してみてくださいね〜!

※記事内で表記している価格はすべて税抜です。