格安SIM用語解説

赤ロム あかろむ

「赤ロム」とは?

赤ロムとは、ネットワーク制限がかかり使用できない状態の端末を指していう。中古で販売されていても、実際はキャリアから分割払いで購入され、代金が滞納されてまだ残っているなどの問題があるために、キャリア側から制限がかかって使用はできない。
また、紛失や盗難が購入者によって届け出られた端末も、同様に制限がかかった赤ロムとなる。

使用すると赤ランプがつくこと、また代金残価が残っている「赤字」の状態から「赤ロム」と呼ばれるようになった。

関連記事

TOPに戻る