格安SIM用語解説

白ロム しろろむ

「白ロム」とは?

白ロムとは、SIMカードが入っていない端末のことをいう。携帯電話などの情報が入ったSIMが入っていない=中のROM(記憶装置)が白いという表現から呼ばれるようになった。

新品として売られているSIMフリー端末との違いは、白ロムは、一度は購入・契約された後にSIMを外した中古品という点である。最初に契約されたキャリア以外の回線では、他社のSIMカードを入れても使用できない場合がある(SIMロック)ので、購入し使用する際には確認が必須となる。

関連記事

TOPに戻る