サービス
2018.08.31

機能・容量を選べてオトク!BIC SIM 2台使いの料金とメリットを解説

仕事用とプライベート用の使い分け、音声通話が可能なメイン使用のスマホとデータ通信のみで使うサブスマホの使い分けなど、近年スマホの2台持ちをする方も増えてきています。もちろんBIC SIMでもスマホの2台使いが可能です。


この記事では、BIC SIMで2台使いをする方法と料金の詳細、メリットの紹介をしていきます。

BIC SIMで2台使いをする方法

SIMカードの追加は、IIJmio(みおふぉん)の会員専用ページから「SIMカードの追加」を選択するか、ビックカメラ内にある格安SIMカウンターにて申し込むことができます。追加SIMの手続きができる格安SIMカウンター設置店舗については、下記リンクからご確認ください。

格安SIMカウンター設置店舗

BIC SIMでSIMを追加することのできる上限枚数は、プランによって異なります。ミニマムスタートプランとライトスタートプランでは2枚まで、ファミリーシェアプランなら10枚まで、SIMを追加することができます。

プランごとに追加できるSIMの上限と、各プランの月額料金等の詳細は、以下の表をご覧ください。 スライド1.jpeg スライド2.jpeg ※タイプDはdocomo回線、タイプAはau回線です。

追加するSIMにかかる費用は?

  • SIMカード追加手数料: 2,000円(1枚につき)
  • SIMカード発行手数料: 394円(タイプD)/406円(タイプA)(枚数毎)
  • データ専用・追加SIM利用料: 月額400円(1枚につき、ファミリーシェアプランのみ4枚目以降)
  • SMS+データ・追加SIM利用料: 月額540円(1枚につき、ファミリーシェアプランのみ4枚目以降)
  • 通話+データ・追加SIM利用料: 月額1,100円(1枚につき、ファミリーシェアプランのみ4枚目以降)
  • 即日発行手数料: 1000円※店舗で即日発行する場合


  • SIMを追加する際にかかる料金は、事務手数料の2,000円 + SIMカード発行手数料:394円(タイプD)/406円(タイプA)です。ミニマムスタートプラン、ライトスタートプランは2枚目、ファミリーシェアプランは4枚目以降の追加で、1枚につき400円(データ専用)が月額料金に加算されます。また、音声通話やSMS機能が付いたSIMの場合は、別途料金が発生します。

    はじめから2台使いを検討している方は、2枚目のSIMカード(データ通信専用)の追加料金が無料なファミリーシェアプランでの加入がオススメです。また、音声通話機能やSMS機能は1台に集約させるなど、使い方を工夫して月額使用料の節約を検討してみてください。

    BIC SIMでの2台使いのメリットについて

    Fotolia_134305909_Subscription_Monthly_M.jpg BIC SIMでの2台使いするメリットは、「スマホ以外にもタブレットやLTE対応ノートPCも使える」ことと、「とにかく価格が抑えられて安く済む」ことの2つがあります。

    BIC SIMのような格安SIMで2台持ちする以外の方法としては、
  • 大手キャリアと格安SIMの2台持ち
  • 050から始まる番号を持てるアプリやサービスの利用
  • などがありますが、大手キャリアと格安SIMを組み合わせた2台使いをする場合、BIC SIMで2台使いする場合よりも、はるかに高くなってしまいます。

    ※音声機能付き携帯電話1台あたりの値段の比較
    某大手キャリア(音声通話付き電話月額使用料1,700円)+(パケットパック3GB 4000円)=5,700円
    BIC SIMミニマムスタートプラン(3GB):月額音声機能付きSIMみおふぉん:1,600円


    050から始まる番号を持てるアプリやサービスの利用をすれば、契約や解約がしやすく、通話料も安くなるというメリットがあります。一方で、携帯電話自体を使い分けたい方にとっては1台しか利用できないことがデメリットになってしまいます。

    その点、BIC SIMの2台使いでは、データ量も多く、通話代も安いうえに、2台の使い分けができます。

    まとめ

    Fotolia_194213616_Subscription_Monthly_M.jpg
  • スマホ以外にもタブレットやLTE対応ノートPCも使える
  • とにかく価格が抑えられて安く済む
  • 大容量プランなど、音声電話機能付など、機能やプランが選べる

  • BIC SIMの2台使いは、他社ケータイ・サービスよりも高機能でオトク。現在、1台がdocomo回線、もう1台がau回線を利用している方の場合でも、回線をそのまま乗り換えることもできます。

    1点だけ注意が必要なのは、2台目以降のSIMは、1台目のプランと必ず同じにしなければいけないということ。つまり、ミニマムスタートプランを契約した場合は、2台で3GBまで(1台あたり平均1.5GBまで)しか使えません。パケットを2台でシェアすることを想定して、プランを検討するようにしてください。

    ※記事内の金額はすべて税抜表記になります。