サービス
2018.10.19

BIC SIMでも無料で快適にテザリング! 自由にテザリングを使うためのおすすめプランとは?

「外出先で急にパソコンを開いて仕事をしないといけなくなったけど、フリーWi-Fiはないし、ポケットWi-Fiも持っていない......」

こんなときに使いたいのがテザリング。「BIC SIMでもテザリングは使えるの?」 と気になる方も多いのではないでしょうか。結論からいうと、BIC SIMでも無料で快適にテザリングは使えます!

今回は、BIC SIMでのテザリングの設定方法や、頻繁にテザリングを使う方に向けたおすすめのプランをご紹介します。

BIC SIMでテザリングをするには?


Fotolia_217943171_Subscription_Monthly_M.jpg

BIC SIMでのテザリング設定方法

BIC SIMでは、使っている端末さえ対応していれば、無料でテザリングを利用することが可能です。ここでは、iPhoneとAndroidのテザリングの手順について解説します。

まずはiPhoneの手順です。



設定画面を開き、「インターネット共有」を選択します。

batch_テザリング1.jpg

すると、次の画面が開くので、「インターネット共有」の箇所をONにします。

batch_テザリング2.jpg

あとはネット接続をしたい端末のWi-Fi設定を行い、該当するネットワークを選択するだけです。はじめてテザリングをする際はテザリングしたい端末側に、スマートフォンに表示されているパスワードを入力してください。

次に、Androidの手順です。


Screenshot_20181005-123327 (1).png

Androidでテザリングを行う場合はショートカットから設定画面へ進み、「テザリング」のボタンをタップするだけです。機種によって画面や項目名が異なる場合があるのでご注意ください。


テザリングできる端末について

ご使用のスマートフォンが、テザリングに対応している機種かどうかは、下記のリンクより確認できます。端末の種類によってはテザリングが利用できないものもありますので注意してください。

BIC SIM テザリングの動作確認端末一覧(IIJmioのサイト)

テザリングの注意点

テザリングが便利だからといって使い過ぎてしまうと、契約しているプランのデータ通信容量を超えてしまい、通信制限にかかってしまう可能性があります。

パソコンでデータ量の大きいファイルをダウンロードしたり、タブレットで長時間にわたり動画視聴をしたりすると、あっという間に膨大なデータ通信量を消費してしまいます。

テザリングをたくさん利用したい人におすすめのプラン


Fotolia_217943608_Subscription_Monthly_M.jpg

BIC SIMには「ミニマムスタートプラン(3GB/1,600円〜)」、「ライトスタートプラン(6GB/2,220円〜)」、「ファミリーシェアプラン(12GB/3,260円〜)」の3つのプランがあります。テザリングをたくさん利用したいなら、ある程度のデータ通信容量は確保しておきたいものです。

3つの基本プランの中で1番おすすめなのが、12GBまで使えるファミリーシェアプランです。

クーポンを上手に活用しよう

使用する月によってはパソコン、タブレット、スマートフォンなど複数のガジェットでテザリングを使い過ぎてしまい、通信制限にかかってしまうこともあるでしょう。

そんなときに便利なのが、データ容量を追加できるクーポンの利用です。クーポンとは、高速通信が可能なデータ量のことです。こちらは、使いたいデータ通信量分だけを買い足すことができるので、もう少しだけデータ通信を利用したいというときに便利です。

大容量オプションなら20GB以上も利用可能

「毎月12GBを超えてしまう......。」そんなデータ通信ヘビーユーザーの方は「大容量オプション」を利用するのがおすすめです。BIC SIMでは「データオプション20GB」と「データオプション30GB」の2種類から選べるオプションサービスがあります。また、2つ同時に申し込むことも可能です。(合計50GBの付与)。

3GB利用できるミニマムスタートプランなら基本料金1,600円 + データオプション20GB 3,100円で計23GBを4,700円で使うことができます。大手キャリアで20GBを使用する場合の平均料金が約8,000円なので、BIC SIMならかなりお得です!

スクリーンショット 2018-10-05 16.54.34.png

まとめ

月によって12GBの通信容量を超えてしまうことがあるという方は、ファミリーシェアプランに加えて「クーポン」を購入するほうがお得。一方、毎月12GBを超えてしまうという方は、ミニマムスタートプランなどに「大容量オプション」を付けて利用するのがおすすめです。

とはいえ、テザリングを使い過ぎるとデータ通信容量をあっという間に超えてしまうので、速度制限対策アプリ「ギガぞう」や、IIJmioクーポンスイッチ「みおぽん」を活用するなどして、データ通信量をうまく節約することも重要です。