サービス
2020.03.17

日本初のeSIM正式サービス開始!BIC SIMの「いいSIM」の"いい"ところをご紹介!

ついに日本初のeSIM正式サービスとして本日発表されましたBIC SIM(IIJmio)の「いいSIM」ですが、いったいどこら辺が"いい"SIMなのか気になりますよね。そこで、ひと足早くBIC SIMの「いいSIM」の魅力をお伝えしたいと思います。

そもそも「eSIM」って何?

まず「SIM」ですが、スマホなどのデバイスに差し込まれているICチップのことで、携帯電話を契約する人のID番号とか、通信を可能にするための情報が記録されています。これまでのSIMは端末から独立した、カードの形状をしているため「SIMカード」と呼ばれています。

そして「eSIM」とは、端末本体に埋め込まれるタイプのSIMのことで、従来のSIMカードは通信事業者(キャリア)を切り替える際に物理的にカードの入れ替えが必要ですが、eSIMでは通信に必要な契約者のID番号といった情報(プロファイルデータ)をインターネットから端末にダウンロードできるため、端末上での操作だけで通信事業者の切り替えが可能となります。

そのため申し込み後にSIMカードの配送を待たずとも利用開始することが可能となります。

「いいSIM」ってどんなサービスなの?

次にBIC SIMの「いいSIM」はどのようなサービスなのかご紹介いたします。

プラン・料金などのサービス仕様

プラン名称 データプラン ゼロ
申込開始日時 2020年3月19日 10:00
初期費用 初期費用/パッケージ費用 ¥3,000
SIMプロファイル発行手数料 ¥200
月額料金 基本料金 ¥150/月
バンドル容量 0GB/月
プラン変更 不可
容量超過後 通信付加
※追加チャージページにはアクセス可能
リチャージ リチャージ(追加) データプラン ゼロ専用 追加クーポン
価格 1GB単位
毎月1枚目¥300 2枚目~10枚目まで\450
有効期限 当月末
契約方法 契約 必要
クレジットカード登録 必要
申込方法 BIC SIM公式サイト
ビックカメラ.com
店頭パッケージによるWeb申し込み
容量繰越 ×
プラン変更 ×
アクティベーションコード再発行
最低利用期間 契約日~翌月末までの2ヵ月
初期契約解除 ×(対象外)
モバイルオプション
mio割
BIC SIM長期利用特典 ×
ビックポイント連携

現在選べるプランは「データプラン ゼロ」のみとなります。月額基本料金は150円となっており、基本料金の中に含まれるデータ通信容量は0GBになっております。

「え?データ通信できないの?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、「データプラン ゼロ」では必要な時に必要な分だけ追加クーポン(データ通信容量)を購入するスタイルとなっております。

この追加クーポンの価格がかなり安く設定してあるので、低価格で柔軟な利用が可能となります。

「いいSIM」が利用できる端末は?

「いいSIM」のサービスは先述の通り端末に埋め込まれたSIM「eSIM」を使用しているので、そもそもeSIMが埋め込まれている端末じゃないと利用できません。

2020年2月10日時点で動作の確認が取れているeSIM対応の端末はiPhone Xシリーズ、iPhone 11シリーズ、Google Pixel 4、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、Surface Pro LTE Advancedなどになります。くわしくは動作確認端末ページにてご確認ください。

副回線に最適!「いいSIM」の便利な利用シーン

現在お使いのスマホで「今月ちょっと通信データ容量足りないな......」だなんて事ありませんか?

そんな時は契約キャリアが提供する追加データ容量を購入される方も多いと思いますが、現在の大手3キャリアでは追加データ容量の価格は1GBあたり1,000円というのが相場です。一方BIC SIMの「いいSIM」では月内最初の1GBは300円、2GB以降10GBまで(※)は450円なので大手キャリアの半額以下で購入できます。

※:月内に購入できるのは最大10GBまでとなります。

基本月額料金に150円は掛かってしまいすが、3カ月に1度以上追加データを購入される方であれば、大手キャリアの主回線で追加データ容量を購入するより、副回線として「いいSIM」を契約して追加データ容量を購入した方が安く済みます。

また、月間のデータ利用状況にもよりますが、主回線を通信容量の少ない低額なプランにして、副回線の「いいSIM」でデータ通信容量を補う方が、安く済む方もいらっしゃると思いますので、月々のデータ使用量と契約中のキャリアのプランを確認して是非検討してみてください。

「いいSIM」で出来ないことや注意点は?

「いいSIM」はBIC SIMのeSIM向けのサービスとなりますが、他の基本プランと違い、いくつか出来ない事や対象とならない物があります。

データ通信専用

現時点ではeSIMでの音声通話機能の提供は出来ないためデータ通信専用となります。音声通話が必要な方はBIC SIMの他の音声通話機能が対象のプランを併用されるか、他キャリアの音声通話サービスをご利用ください。

一部の公式アプリが使用できない

公式アプリである「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」や「みおふぉんダイアルアプリ」はご利用できませんのでご注意ください。

長期利用特典の対象にはならない

BIC SIMを2年以上ご利用の方に長期利用特典をご用意しておりますが、「いいSIM」の「データプラン ゼロ」はこちらの対象となりませんので、「データプラン ゼロ」を2年以上ご利用いただいても長期利用特典を受けることは出来ません。同様にBIC SIMの特典「ギガぞう Wi-Fi」についても長期特典プランの対象外となります。

ただし同じ契約内で別途「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」をお申し込みいただいている場合、そちらは長期利用特典の対象となりますので、そのプランの利用年数が2年を超えた場合長期利用特典を受けることが可能です。(ギガぞうの長期特典プランは1年)

キャリアで購入した端末はSIMロック解除が必要

ドコモ、au、ソフトバンクなどで購入した端末はSIMロックが掛かっているのでSIMロック解除が必要となります。SIMフリーモデルであればそのまま使えますが、SIMロックが掛かっている端末の場合は必ずSIMロック解除を行ってからご利用ください。

「いいSIM」の申し込み方法は?

「いいSIM」の申し込み方法は大きく分けて2つ御座います。

店舗やECサイトでパッケージを購入して申し込み

ビックカメラグループの店舗やECサイトでパッケージを購入し、そのパッケージに記載のあるIIJmioのオンライン申し込み画面から、同じくパッケージに記載のあるエントリーコードを入力し申し込みが出来ます。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.41.21-fullpage.png

上記の画像のように選択しエントリーコードを入力するとeSIM専用データ購入の画面に遷移します。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.49.14-fullpage.png

使用開始時からデータ通信容量が必要な場合は、申し込み時にeSIM専用データの購入が行えます。この画面以降は通常の申し込みと同様に利用者情報やアクセサリ・オプションなどを選択して完了です。

公式サイトからオンライン申し込み

BIC SIMの公式サイトやビックカメラ.comからオンライン申し込みをすることも出来ます。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.50.44-fullpage.png

BIC SIM公式サイトの申し込みボタンや、ビックカメラ.comのWEBで申し込むボタンをクリックすると上記の画面に遷移します。こちらの画面ではお申し込みに必要な物を確認した上「次へ」のボタンをクリックしてください。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.52.15-fullpage.png

この画面で「0ギガ eSIM」を選択すると「データプラン ゼロ」の申し込みに進めます。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.52.54-fullpage.png

こちらの画面以降はパッケージ購入での申し込みと同じ流れです。

アクティベート(開通)方法

申し込みが完了すると数分後にアクティベート(開通)のご案内メールが届きます。こちらに記載のURLをクリックすると下記ログイン画面に遷移します。

Screen Shot 2020-03-10 at 14.55.21-fullpage.png

BIC SIMではIIJmioのSIMが使用されているのでIIJmioのログイン画面に遷移します。ログイン済みの場合、この画面は省略されます。ご契約時に設定されたmioIDとパスワードでログインしてください。

アクティベーションコード入力.png

ログインが完了するとアクティベートするサービスコードを選択する画面になります。自身で契約されているサービスコードがリスト表示されるので、申し込み時にメールなどで通知されるサービスコードを確認して選択してください。

アクティベート.png

QRコードの画像は掲載用に加工しております。実際は読み取り可能なQRコードが表示されます。

こちらのQRコードを読み込み、それぞれの端末の流れに従って設定を進めて完了です。

クーポン(データ通信容量)のチャージ方法は?

次にクーポン(データ通信容量)のチャージを行いたい場合はどうするかご説明いたします。

まず、BIC SIM公式サイトの「ログイン」ボタンをクリックしてマイページへ遷移します。ちなみIIJmio公式サイトの「会員ログイン」ボタンからでもマイページへの遷移が可能です。こちらのマイページからeSIMデータ(クーポン)残量確認・購入画面に遷移してください。

パッケージを購入された方は、パッケージにURLとQRコードが記載されているので、そちらからも遷移可能です。

追加クーポン.png

購入する対象のサービスコードを選択し、プルダウンより購入枚数(1GB単位)を選択して次へ

追加クーポン確認.png

申し込み内容の確認と注意点を確認し、お申し込みすれば完了です。なお、「データプラン ゼロ」ではデータ通信容量の繰り越しが出来ませんので、当月使用する分だけチャージするようにお気をつけください。

「いいSIM」のまとめ

いよいよ日本初のeSIM正式サービスとして2020年3月19日から始まるBIC SIM(IIJmio)の「いいSIM」ですが、今後eSIM対応デバイスやサービスもどんどん増えて行く事が期待されております。

「一つのキャリアに依存せず、気軽にいつでもどこでも通信サービスを申し込めて、すぐに利用開始できる」eSIMによりスマホ利用は新たな時代へ進むと思いますので、これから是非注目していてください!