Facebook Twitter LINE

BIC SIM powered by IIJ

格安SIMならビックカメラの「BIC SIM」
安心の高品質通話&高速データ通信
 
サービス
2020.07.31

ホームキットで速度アップ!一台二役のモバイルルーター「+F FS040W」をレビュー!

2020年7月7日に富士ソフトより発売されたSIMフリーモバイルルーター「+F FS040W」ですがモバイルルーターとしてだけでなく、別売りの専用ホームキットを利用する事でホームルーターとして使用することが出来るようです。

外出先だけでなく自宅もこれ一台でまかなえたらとても便利ですが、実際の使い心地が気になるところ。

そこで本記事では実際に外出先や自宅で使用して「+F FS040W」をレビューしていきたいと思います。

「+F FS040W」のスペック

通信方式
(ネットワーク側)
4G 受信時最大 300Mbps / 送信時最大 50Mbps
3G 受信時最大42.2Mbps / 送信時最大5.76Mbps
通信方式(端末側) IEEE802.11a/b/g/n/ac 最大433Mbps
対応周波数 4G docomo:バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHz/バンド19:800MHz/バンド21:1.5GHz

au:バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHz/バンド11:1.5GHz/バンド18:800MHz/バンド26:800MHz/41:2.5GHz

SoftBank:バンド1:2.1GHz/バンド3:1.7GHz/バンド8:900MHz/バンド11:1.5GHz/41:2.5GHz
3G docomo:バンド1:2.1GHz/バンド6:800MHz/バンド19:800MHz

au:非対応

SoftBank:バンド1:2.1GHz
無線LAN 2.4GHz/5GHz
連続通信時間 最大1,200分(20時間)
動作環境 動作温度範囲 0°C~35°C
保管温度範囲 -20°C~60°C
無線LAN同時接続数 15台
USB接続数 1台
セキュリティ WEP,WPA-PSK,WPA2-PSK
対応SIM 4G 対応SIM(形状:nanoSIM)
充電用端子 USB Type-C端子(USB3.0)
ACアダプタ―(同梱品) 5V(DC),3A / 9V(DC),2A 12V(DC),1.5A
充電時間 ACアダプター利用時:最大3時間
バッテリー リチウムイオンポリマー
3,060mAh(3.7V) 着脱式
国際ローミング 非対応
表示言語 日本語 / 英語 / 中国語

通信速度は規格上の物なので、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況、契約している通信事業者によっても変わりますので要注意です。

モバイルルーターがホームルーターに化ける専用ホームキット

冒頭にもあるように「+F FS040W」には別売りの専用ホームキットがあり、こちらを利用する事でホームルーターとして使用することが可能になります。

専用ホームキットのスペック

無線LAN同時接続数 32台
Ethernet
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)
インタフェース 1000BASE-T
伝送速度 1000Mbps
通信方式(LAN側) IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大867Mbps(Wi-Fi 5GHz 選択時)
ACアダプターインタフェース 物理インタフェース USBコネクター(Type-C)
※給電専用のACアダプタ接続用ポートであり、USB通信はできません。

スペック上だと同時接続台数も通信速度も倍以上になるようです。ただしこちらも規格上ですので通信速度については実際の通信環境や契約している通信事業者によって変わります。

IMG_20200706_171056.jpg

実際にホームキットに装着するとこんな感じです。

IMG_20200729_113340.jpg

裏側にはType-CのUSBコネクターとLANジャック、電源ボタンとWPSボタンが配置されてます。

実際に使ってみた

速度やバッテリー性能、そしてなによりホームキットの実力を測るべく実際に使用してみました。

通信速度

合体.png

計測は平日に行い、通信は「BIC SIM」を使用しています。まず驚いたのがホームキットを使用した時の速度が倍近い数値となり、体感でも速度アップを感じることが出来ました。

また、私の自宅ではテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機など、WiFiに接続される機器が12個ありますが、これだけの接続数でもパフォーマンスの低下は感じませんでした。

やはり格安SIMの通信速度が落ちやすい昼間や通勤時間帯は速度の低下がみられますが、WEBブラウジングや乗換案内などの使用については特にストレスなく使用できました。

バッテリー性能

続いてバッテリー性能ですが一日を通して以下のような使い方をしてみました。

  • 通勤中・・・電車に乗りながらYoutubeで一時間ほど動画視聴をする。
  • 日中・・・オフィスでPC、スマホを「+F FS040W」に接続しメールやビデオ会議等をする。
  • 夕方・・・外回り営業の空き時間で、カフェに入って仕事。PCを「+F FS040W」に接続しメール等行う。
  • 夜間・・・自宅に帰る電車の中でもYoutubeで一時間程度動画視聴をする。

午前8時から使用を開始し午後9時に帰宅しましたが、この使い方で35%もバッテリー残量が残っていました。一日使い込んで、ここまで残っていたのは驚きです。

また「+F FS040W」は裏蓋を取り外してバッテリーを簡単に交換することができます。本体バッテリーを取り外すことができないスマホやルーターが増えている中、簡単にバッテリーの交換ができることも「+F FS040W」の特長の一つといえるでしょう。

「+F FS040W」のまとめ

モバイルルーターとしてたっぷり一日中使え、自宅ではホームルーターとしても利用でき、まさに一台二役のルーターだと感じました。引っ越しや工事の事を考えると自宅に固定回線を引いていない人もいると思いますが、そういった方にも是非お試し頂きたいと思える一台です。

またSIMフリールーターなので、ご自身の利用状況によって通信事業者やプランを選択できるのも大きな魅力の一つですね。

モバイルルーターや自宅のネット回線を検討中の方は是非「+F FS040W」も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

「+F FS040W」のおすすめポイント

  • 一日たっぷり使えるバッテリー性能
  • 別売りの専用ホームキットでホームルーターに
  • SIMフリーなので通信事業者やプランを自由に選択

【ビックカメラ.comで購入する】

【SIMフリー】+F FS040W nano SIM対応 モバイルルーター

+F FS040W専用ホームキット