サービス
2019.06.12

無料Wi-Fiは格安SIMでも使える?

最近、街中で見かけることが増えた無料Wi-Fiスポット。空港や駅、ホテル、そしてコンビニエンスストアやカフェなど、多くの場所で無線LANによるネット通信を利用できるようになっています。それでは格安SIMでも無料Wi-Fiの使用は可能なのでしょうか?

格安SIMでも無料Wi-Fiは使用できます

結論からお伝えしますと、格安SIMでも無料Wi-Fiを使うことはできます。格安SIMでインターネットを利用する際には、LTEなどの高速通信データには容量の上限がありますよね。そのため、多くの容量を使う通信には、街中の無料Wi-Fiが重宝されます。アプリをインストールするときや、動画を見たいとき、またはアップデートしたいときなど。このように様々な場面において、無料Wi-Fiは便利なのです。

情報漏えいなどのリスクには要注意!

無料Wi-Fiは非常に便利な反面、リスクもあります。例えば、何かしらの無料Wi-Fiを使って、スマートフォンを使用していた場合、その通信内容が、第3者に漏れてしまう可能性があります。もしインターネットショッピングなどをおこなっている際、クレジットカード情報を入力している最中に第3者に盗み見されてしまったら......恐ろしいですよね。非常に便利な無料Wi-Fiですが、全てのWi-Fiが安全ではないということを常に考えながら、気をつけて利用しましょう。

でもどうやって気をつければいいの?

まずは暗号化されていないアクセスポイントは利用しないようにしましょう。Wi-Fiネットワーク表示画面を開いた際に、鍵マークのないWi-Fiスポットには注意してください。「None」、「WEP」などの表示がありますが、これは暗号化の種類を示すものです。「None」と表示されている場合にはセキュリティ対策がされておらず、「WEP」の表示は暗号化されてはいますが安全性が低いためおすすめできません。このような表示の場合には利用を控えたほうが無難でしょう。
このほか、常にWi-Fiへの接続を許可している設定になっていませんか?これは便利な反面、リスクが高まります。Wi-Fiを常に接続許可してしまうと、知らない間に正体のわからないアクセスポイントに接続してしまう可能性があるのです。面倒に感じるかもしれませんが、無料Wi-Fiの利用が済んだら、都度Wi-Fi機能を OFF にすることを心がけましょう。

安全に使いたいなら「ギガぞう」がおすすめです!

「無料Wi-Fiにおけるリスクは理解できた。でもWi-Fiをたくさん使いたい!」という方も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが公衆無線LANサービス「ギガぞう」です。実は、格安SIMのBIC SIMでは、高セキュリティの公衆無線LANサービス「ギガぞう」が無料特典で利用可能なのです。なんと、このセキュリティレベルは、大手キャリアのWi-Fiにも引けを取らない高さのもの。さらに、このWi-Fiを使用できる場所も非常に多く、Wi2 300のWi-Fiスポットは無料特典の範囲内でご利用いただけます。全国各地のカフェ、ファストフード、ファミレスなどの主要飲食チェーン店舗や交通機関、スーパーなどで利用可能なので便利です。

「ギガぞう」について、さらに詳しく知りたい方は特典Wi-Fi「ギガぞう」をご確認ください。

ここまで無料Wi-Fiについて見てきました。一般的な無料Wi-Fiでは、情報漏えいなどの心配ありますが、そういった心配が一切必要のない高セキュリティの公衆無線LANサービス「ギガぞう」。BIC SIMでは無料特典としてフリープランも用意されているので安心ですね。格安SIMで無料Wi-Fiを積極的に使いたい方は是非BIC SIMをご検討ください。