Facebook Twitter LINE

BIC SIM powered by IIJ

格安SIMならビックカメラの「BIC SIM」
安心の高品質通話&高速データ通信
 
サービス
2020.12.15

ZenFone 7をレビュー!5G対応、高性能カメラ搭載のハイスペックスマホ

ASUSから2020年10月23日に発売されました「ZenFone 7」ですが、こちらは同社のフラグシップモデルとなっております。先代モデルの「ZenFone 6」に搭載されていたフリップカメラも継承されているほか、5G対応など更なるスペックアップを遂げているようです。それでは早速レビューしていきたいと思います。

「ZenFone 7」の外観や同梱品をチェック

まずは外観や同梱物から見ていきます。

艶やかで光沢のあるデザイン

IMG_20201111_103850.jpg

カラーはオーロラブラックとパステルホワイトの2色で、写真はパステルホワイトになります。つやっとした質感で、見る角度によって表情を変えるカラーリングとマッチしております。

光沢のあるデザインにしては指紋の汚れが目立ちにくいという印象ですが、オーロラブラックでは確認できていないのであくまでパステルホワイトの場合となります。

6.67インチの大画面フルHD+のディスプレイ

IMG_20201111_104629.jpg

サイズもディスプレイも先代の「ZenFone 6」よりやや大きくなっております。フリップカメラによりフロントカメラが前面にないので画面占有率も非常に高いです。またフルHD+という事もあり非常に画面がきれいです。

重量は約235gになり、実際持ってみて「ちょっと重たいな...」と感じました。最近のスマホは大体160~180g辺りが多いので普段使い慣れてるスマホと比べるとやはり重みは感じてしまいます。

視点を変えるフリップカメラ

IMG_20201111_103901.jpg

先代の「ZenFone 6」から搭載されているフリップカメラですが、本機「ZenFone 7」でも健在です。

VID_20201111_104419.gif

主に自撮り撮影の時に活躍しますがアウトカメラがそのまま使えるので、自撮り撮影なのに6,400万画素の高画質写真や超広角といった撮影が出来てしまいます。

またカメラを90度だけ立てることで画面を覗き込みながら前方の撮影もできるため、子供目線の動画や写真撮影などにも非常に便利です。

インターフェース関連

IMG_20201111_104240.jpg

SIMスロットはnanoSIMが2枚、microSDカードが1枚入るトリプルスロットとなっております。他の端末ではnanoSIM2枚目とmicroSDカードのスロットが兼用のダブルスロットが多いので、本機のようなトリプルスロットは珍しいと思います。

SIMはDSDV対応となっており、microSDカードは最大2TBまで対応しているので、SIMの2枚使いをしながら大容量SDカードも併用できるというハイスペック仕様です。ちなみにSIMカードスロットは、5G / 4G / 3G / 2G回線に対応しておりますが、SIM2枚使いの際に同時に5G接続は出来ないようです。

IMG_20201111_103920.jpg

USBポートはTYPE Cとなっておりイヤホンジャックは非搭載です。充電しながらイヤホンを使用はできませんが「ZenFone 7」は大容量バッテリーなので支障はなさそうですね。

同梱物をチェック

IMG_20201111_105948.jpg

なんと専用スマホケースが2つも付いてきます。一つはクリアタイプで端末のデザインを活かせるタイプですが、もう一つは滑りにくい質感となっており手から滑り落ちるリスクを軽減できるタイプです。

IMG_20201111_110153.jpg
IMG_20201111_110050.jpg

左はクリアタイプ、右が滑りにくいタイプのケースです。クリアタイプでもグリップ力は上がりますが先述の通り少々重いので落下を最小限にしたい場合は滑りにくいケースを選択すると良いでしょう。

「ZenFone 7」のカメラ性能をチェック

ZenFone 7のカメラは6,400万画素の広角カメラ内蔵メインカメラと1,200万画素の超広角カメラ、また800万画素で光学3倍ズームに対応している望遠カメラの3眼カメラとなっております。

P_20201103_012508.jpg

P_20201026_072804.jpg

P_20201023_074232.jpg

接写すると自動で背景がボケてくれるので対象物が際立ち、一眼レフで撮影したような仕上がりになります。3枚目の写真は夜景モードで撮影しておりますがガラス細工の細かいところまで鮮明に撮影できておりました。

ZenFone 7には超広角、通常(広角レンズ内蔵)、望遠(光学3倍ズーム対応)という3眼レンズが搭載されているので、それぞれの違いも試しました。1枚目が超広角、2枚目が通常、3枚目が望遠で撮影した写真です。

P_20201103_032730.jpg

P_20201103_032733.jpg

P_20201103_032736.jpg

3倍ズームでもかなり鮮明に撮影出来ており、遠方の山々のシルエットがしっかり収められております。

また撮影時はアイコンをタップするだけで、手元で簡単に撮影モードを変更できるのも非常に使いやすかったです。

IMG_20201111_104926.jpg

そしてフリップカメラの特性を活かしたパノラマ撮影も試してみました。

P_20201108_011523.jpg

あいにくの雨天でしたが綺麗に撮れております。撮影するときはスマホを撮影したい対象の端に向け、撮影ボタンをタップするだけで自動でカメラが動いてくれます。

PXL_20201125_085828408.gif

カメラ性能は流石の一言で、非常に扱いやすく簡単にきれいな写真が撮れました。画像の補正感もなくナチュラルな仕上がりでシーンごとに適した形で撮影ができます。フラッグシップモデルの名に恥じないカメラ性能だと感じました。

「ZenFone 7」のスペック

製品名 ZenFone 7(ZS670KS)
型番 ZS670KS-BK128S8 ZS670KS-WH128S8
本体カラー オーロラブラック パステルホワイト
プラットフォーム Android™ 10
プロセッサー プロセッサー名 Qualcomm® Snapdragon™ 865(オクタコアCPU)
動作周波数 2.84GHz
メインメモリ 搭載容量 8GB
仕様 LPDDR5
表示機能 ディスプレイ 6.67インチ ナノエッジAMOLEDディスプレイ、Corning® Gorilla® Glass 6
解像度 2,400×1,080ドット(フルHD+)(90Hz)
グラフィックス機能 Adreno 650
記憶装置 内蔵ストレージ 128GB(UFS 3.1)
サウンド機能 サウンド規格 Hi-Res
スピーカー デュアルスピーカー内蔵
マイク トリプルマイク内蔵
カメラ フリップカメラ 6,400万画素 広角カメラ内蔵(メインカメラ)、1,200万画素 超広角カメラ内蔵(2ndカメラ)、800万画素 望遠カメラ内蔵(3rdカメラ)、デュアルLEDフラッシュ
センサー GPS(GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS、NavICサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、カメラアングルセンサー、磁気センサー、NFC
通信機能 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth®機能 Bluetooth® 5.1
通信方式 5G NR n1/ n2/ n3/ n5/ n7/ n8/ n12/ n20/ n28/ n38/ n77/ n78
FDD-LTE B1/ B2/ B3/ B4/ B5/ B7/ B8/ B12/ B17/ B18/ B19/ B20/ B26/ B28/ B29
TD-LTE B38/ B39/ B40/ B41
キャリアアグリゲーション 5CA(DL)/2CA(UL)対応
W-CDMA B1/ B2/ B3/ B4/ B5/ B6/ B8/ B19
GSM/EDGE 850/900/1,800/1,900MHz
テザリング機能対応 対応
入力機能 ポインティングデバイス 10点マルチタッチ・スクリーン(静電容量方式)
インターフェース USBポート USB Type-C×1(USB 2.0)
SIMカードスロット nanoSIMスロット×2
カードリーダー microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
3.5mmイヤホンジャック 非搭載
電源 USB ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー
バッテリー駆動時間 Wi-Fi通信時 約11.2時間
モバイル通信時 約10時間(LTE)、約6.2時間(5G)
連続通話時間 約1,914分(3G)、約1,848分(VoLTE)
連続待受時間 約400時間(3G)、約438時間(VoLTE)、約438時間(5G)
バッテリー充電時間 約1.7時間
バッテリー容量 5,000mAh
消費電力 最大30W(Quick Charge 4.0/USB Power Delivery 3.0対応)
サイズ 高さ約165mm×幅約77.2mm×奥行き約9.6mm
質量 約235g
保証期間 端末本体/本体内蔵バッテリー/USB AC アダプターセット、:購入日より12ヶ月間の日本国内保証
主な付属品 USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、Active Case、ユーザーマニュアル、製品保証書

「ZenFone 7」には更にハイスペック仕様となっている「ZenFone 7 Pro」が出ておりますが違いとしては、「ZenFone 7 Pro」はCPUがQualcomm® Snapdragon™ 865 Plus、内部ストレージが256GB、バッテリー駆動時間がやや短いぐらいの違いとなります。

「ZenFone 7」のまとめ

カメラ性能やスペックについても申し分なく、唯一ネックなのが端末の重さになるかなと思います。その分価格は高いのですが10万円を超えるようなハイスペックスマホもある中、8万円台(税抜)で手に入る価格設定(2020年12月時点)なのでハイスペックスマホが使ってみたいけどなるべく安く収めたい方にはオススメな1台です。

「ZenFone 7」はこんな方にオススメ!

  • 充電持ちの良いスマホが使いたい
  • 高機能カメラを使いたい
  • ハイスペックスマホを使いたいが値段は抑えたい

【ビックカメラ.comで購入する】