Facebook Twitter LINE

BIC SIM powered by IIJ

格安SIMならビックカメラの「BIC SIM」
安心の高品質通話&高速データ通信
 
特集
2021.03.29

新生活を始める前がスマホ代の見直しのチャンス?『幸せ!ボンビーガール』出演で話題の川口葵さんにインタビュー

4月から新生活を始める学生や社会人の皆さん。まだ見ぬ世界に期待と不安が入り混じり、ドキドキしているのではないでしょうか。昨年『幸せ!ボンビーガール』で話題を呼んだ美女・川口葵さんも、皆さんと同じような気持ちを抱いて芸能界に飛び込んだひとり。不慣れな東京で生活しながら、女優という夢に向かって日々奮闘しています。そんな葵さんに、ひとり暮らしのお金の話とスマホライフをについてインタビュー! 実際の生活費を挙げながら、気になる支出の見直しをしてもらいました。

川口葵さんの画像

川口葵さんの画像

川口葵(かわぐち・あおい)
1998年11月26日生まれ、兵庫県出身。日本テレビ系『幸せ!ボンビーガール』の「上京ガール」コーナーに応募して採用され、2020年5月末に上京。同年6月の放送回で"番組史上最大級の美女"と注目を集め、芸能事務所入りを果たす。現在はABEMAの恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』に出演中。
Twitter
Instagram

東京ひとり暮らし女子のリアルな生活費に迫る

―上京されて約10カ月が経ちましたが、ひとり暮らしで困ったことはありましたか。

川口葵さん(以下、葵さん):めちゃくちゃ困ったことはまだないかもしれません。上京する前に地元で日用品を買って配送したので、最初からある程度揃っている感じだったんです。新型コロナウィルスの影響もあって、土地勘がない場所をあまり出歩かずに済んだのが結構大きかったかなと思います。

―生活費の管理はどのようにされているのでしょうか?

葵さん:家計簿を付けたほうがいいかなと思いながら、とりあえずレシートを取って置いていますが......今のところ溜まっていくだけです(笑)。月にいくら使っているのか把握すれば、貯金もできるかなって気持ちはあるんですけど。

―では、実際の生活費を教えてください。

<葵さんの1カ月の生活費>

家賃 51,500円
食費 10,000~15,000円
光熱水道費 8,000円
生活用品費 2,000円
被服費 40,000円
交際費 10,000円
通信費 13,000円
娯楽費 0円
貯金 0円
合計 134,500〜139,500円

―ご自身の生活費をあらためて見て、率直な感想は?

葵さん:1カ月10万円いかないくらいだと思っていましたが、超えていますね(笑)。

―ご自身の生活費をあらためて見て、率直な感想は?

葵さん:節約しようと思っているわけじゃないのですが、家の中にいたら全然食べないんです。
おなかがすかないときは食べても一日一食とか。実家に帰ったときは家族みんなが食べるから自分もあわせて食べるけど、ひとり暮らしで自由にできると「ま、いっかー」ってなっちゃいます。

―自然と節約になっているのですね。逆に、被服費にはお金がかかっているようです。

葵さん:InstagramやTwitterに写真を載せているので、同じ服ばかりにならないようにするためにどんどん新しいのを買っちゃうんです。月によっては家賃より使うときもあるかも。節約もしたいけど、欲しいと思ったらすぐ買っちゃうので。

川口葵さんの画像

―そのほかの費用はいかがでしょうか?

葵さん:交際費は計算したことないですが、友達とごはんを食べに行くくらいなので、かかったとしても10,000円くらいだと思います。通信費は家で使っているインターネット回線(Wi-Fi)が5,000円で、スマホの料金8,000円とあわせて13,000円。娯楽は服を買うことなので被服代と一緒ですね。

―この中で、見直したい支出はありますか?

葵さんやっぱり通信費は高いかなと思います。Wi-Fiとあわせて10,000円以内になったら嬉しいのですが......。

あらためて生活費の一覧を見て通信費を見直す機会に

上記以外の雑費や国民年金保険料などを含めると、葵さんの生活費は約16万円程度。お仕事柄、被服費はなかなか減らせないとしても、他の出費は少なくかなり頑張っている印象です。葵さんが気にしている通信費も、3大キャリア(docomo、au、Softbank)の平均通信費が8,312円(MMD研究所調べ)であることを踏まえれば決して高くはありませんが、見直すことで希望の1万円以内に収める機会にできたらいいですね。

教えて!葵さんのスマートフォンライフ

―葵さんがスマホを使い始めたのはいつから?

葵さん:中学2年生のときです。周りがLINEをしていたので自分もしたくて、親に頼んだ覚えがあります。早い子は小学校高学年頃から使っていたので自分は遅いほうでしたが、スマホを持ってる子たち特有の揉めごとなんかもあったので、今思うともっと遅くてもよかったかもしれません。

―よく利用しているアプリはありますか?

葵さん:LINE、Instagram、TikTok、YouTube......あとは友達と一緒にゲームをしています。移動に欠かせないのは電車の乗り換えアプリですね。東京は路線が多過ぎて、アプリを見ても間違えます。関西だと、大阪の路線は複雑ですが、地元の神戸はJR、阪神、阪急くらいしかないので。

―スマホを選ぶ際のこだわりを教えてください。

葵さん:こだわりというか、初めてのスマホがiPhoneだったので、それからずっとiPhoneを使っています。最初がiPhone5で、6、Xを使って、今は11 Proです。

―キャリアもずっと同じですか?

葵さん:以前、家族割にするために家族みんなで同じキャリアにしたのですが、今はみんな格安SIMに替えてしまって、私だけがまだ元のキャリアの携帯なんです。お母さんに「スマホ代がめっちゃ安くなった」って自慢されます(笑)。

―葵さんはなぜ格安SIMにしなかったんですか?

葵さん:格安SIMは"使えるギガ数が少ない"っていうイメージがあって......。今は月々50GBまで使えるプランを契約してるんですけど、それより確実に少なくなりそうで。 

―50GBとはかなり多いですね! ちなみに、葵さんの月々の使用データ量は?

葵さん:それが、昨日確認したら10日間で4GBしか使っていなかったです。家にいるとずっとWi-Fiを使っているので......たぶん私、すごくもったいないことをしているような(笑)。

―通信費の高さと、通信制限で不便になることを比べたら、通信費を我慢するということでしょうか?

葵さん:ずっとそう思っていたんですけど、現実問題、毎月払うことを考えたら高いかなあ。

―今は格安SIMでもデータ量の多いプランが用意されていますよ。たとえばBIC SIMの場合、容量15GBで月々1,848円(税込)というギガプランが4月から登場します。

葵さん:そうなんですか? スマホ代が下がるみたいなことはニュースで知っていたのですが、そんなに安くなるというのは知らなかったです!

―もし通信費が安くなってお金が浮いたら何に使いたいですか?

葵さん:うーん、洋服を買いたいですね(笑)

川口葵さんの画像

月のデータ通信量に見合ったプランを探してみよう

契約プランのデータ通信量が少ない、最新のスマホは使えない、など格安SIMに対して、葵さんのようなイメージを持っている方は多いのではないでしょうか? 格安SIMを扱う会社にもよりますが、実際には10GB以上使えるプランも数多く用意されています。また、最新のスマホであっても、SIMロックが解除された端末か、SIMフリー端末であれば、SIMカードの入れ替えを行うことで格安SIMでも使用することが可能ですよ。

夢を叶えるために、失敗してもいいからまず挑戦を

―女優を夢見て上京してきた葵さんですが、夢を叶えるために頑張っていることは?

葵さん:今はまだいただくお仕事を頑張ることしかできませんが、SNSは毎日更新するようにしています。新しい服を買えないときも、ファンの方に楽しんでもらえるように着回しを工夫するとか。いただいたコメントには全部「いいね」を付けて、たまにお返事をすることもあります。

―ファンの方々を大切に思っていらっしゃるんですね。

葵さん:コメントしてくださった方に「読んでくれてるんや」と思っていただくことって大事やなと思っていて。応援してもらえるのは当たり前のことではないので

―コメントの内容も意識しますか?

葵さん:結構意識しています。「○○した方がいいですよ」とかアドバイスをいただくと、「そうだなあ」と思って受け入れたり、気を付けたりとか。ただ、たまにヘコむようなコメントもあって......あまりヒドイことはスルーしますが(笑)。

―最近のお仕事で印象に残ったものは?

葵さん:グラビアのお仕事は、まさか自分がすることになるとは思っていなかったけど楽しかったです。両親は、自分の娘が雑誌に載るなんて想像できなかったみたいで、先日久々に実家へ帰ったら「いつも通りの葵でよかった」と言われました。「東京に慣れてしまったと思ったけど、ぜんぜん変わってないね」って(笑)

―グラビア撮影をする前と後で、ご自身の中で変化はありましたか?

葵さん:撮っていただいた写真を自分で見ることで「こういう風に写ってたんや」と第三者目線で見ることができて、勉強になりました。なかなかできないことですから嬉しかったですね。ポージングはまだ難しいですけど。今はコロナの影響で大変な時期なのに、こうしていろいろなことをさせて頂けるのはすごくありがたいと思います。

―今年のうちに叶えたい目標はありますか?

葵さん:もっとたくさんの方に知ってもらうことですね。ドラマでもバラエティでもお仕事をいただけるなら何でもやってみたいです。

―出演したいドラマのジャンルは?

葵さん:刑事モノで犯人役とか憧れます。あと、私は『コンフィデンスマンJP』の長澤まさみさんを見て「こんな風になりたい」と思ったのが女優を目指すきっかけなので、いつかコメディにも挑戦したいですね。

川口葵さんの画像

―最後に、これから葵さんのように上京して新しい世界に飛び込もうとしている人たちにひとことお願いします。

葵さん:私自身も目の前のことで精一杯なので、アドバイスできる立場ではないのですが......。ただ、あとから「あのときにしておけばよかったな」と悔やむよりは、失敗してもいいからまず挑戦することが大事だと思います。私も『幸せ! ボンビーガール』で上京して、とりあえず頑張ってみて無理だったら地元に戻ればいいやって考えていました。今こうして頑張っていられるのは、自分がずっと"したい"と思っていたことだから。私の夢を「絶対無理やろ」って言っていた人たちを、いつかびっくりさせたいんです

春からの新生活は未知の自分に出会えるチャンス

ふんわりと愛らしい雰囲気をまといながらも、今の思いや目標を力強く語ってくれた葵さん。遠回りしてやっとつかんだチャンスのカケラは、彼女をどんな未来へと導くのでしょうか。皆さんを待っている春からの新生活も、きっと未知の自分に出会えるチャンス。葵さんのように、常に挑戦する気持ちを大切にしていたいですね。

まとめ

ひとり暮らしでは、日々の体調やスケジュール管理はもちろん、生活費の管理も自分で行わなければいけません。「節約した方がいいかな?」と思ったら、それはスマホ料金の見直しどきかも。

4月1日から始まるBIC SIMの新料金プラン「ギガプラン」では、音声通話機能付きSIM+データ容量で月々858円(税込)からの低価格を実現しています。10日間で約4GBという葵さんの使用量なら、データ容量15GBで月々1,848円(税込)のプランがおすすめ。通信制限がかかる心配もなく、通信費は自宅のインターネット回線(Wi-Fi)約5,000円+1,848円(税込)と、希望の1万円以内に収まりますね。

▶︎BIC SIMの新料金プラン「ギガプラン」

あなたの新生活がより充実したものになるよう、BIC SIMは応援しています!

文/ほそいちえ
撮影/藤井洋平