サービス
2018.11.01

名義変更は事前確認が大切! BIC SIMの契約をスムーズに行うために知っておくこと

格安SIMの新規契約時に必ず必要になるのが契約者の名義。以前使っていたキャリアと名義が同じなら、次の契約のときに困ることはないですが、名義が異なる場合は注意が必要です。

契約の際の名義変更の方法についてはどうしたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、BIC SIMでの契約を考えている方に向けて、契約するにあたって名義変更が必要になるケースと、その変更方法についてご紹介していきます。

名義変更が必要になるのはどんなとき?

Fotolia_215637309_Subscription_Monthly_M.jpg

MNP転入を行う場合

現在契約中のキャリアからBIC SIMへ乗り換える際に、電話番号をそのまま継続して利用するMNP転入。こちらを行う場合は、転入元の契約名義と、転入先の契約名義が同じである必要があります。

もし、今から新たに契約しようとしている名義と、現在契約中のキャリアの名義が異なる場合は、乗り換える前に契約しているキャリアの窓口で名義を変更してから、MNP転入の手続きをしましょう。

ファミリーシェアプランで家族の契約をひとつにする場合

家族全員が他社からの乗り換えでファミリーシェアプランに契約する場合、あるいはすでに契約中のファミリーシェアプランに後から家族を追加する場合も、契約名義をすべて同一にする必要があります。

また、家族で別々にBIC SIMを契約している場合は、その契約をひとつにまとめることはできないので注意しましょう。

ビック光とBIC SIMのおトクなプランでmio割を適用する場合

光回線インターネットサービスの「ビック光」とBIC SIMをセットで利用することで月々の料金が割引になる「mio割」を適用する場合も、ビック光とBIC SIMの契約名義を同一にする必要があります。

mio割については下記記事をご覧ください。

ビック光とBIC SIMを一緒に使うと通信費が割引に!セットでおトクなmio割を紹介!

お手持ちの端末だけでなく、光回線インターネットの乗り換えをする際にも、誰の名義で契約しているかはしっかりチェックしておきましょう。

名義変更の方法と注意点

Fotolia_130785580_Subscription_Monthly_M.jpg

BIC SIMでは、基本的に契約した後に名義変更をすることができません。

なので、乗り換えでの名義変更が必要になった場合は、まず最初に現在使用中のキャリアの名義を、今からBIC SIMで契約する名義に変更する必要があります。

名義変更は契約しているキャリアの窓口へ行けば、数分の手続きで完了します。このとき、MNP転入用の予約番号も取得することができますが、名義変更前に取得したものは無効になってしまうので、予約番号は必ず名義変更を終えた後に取得するようにしましょう。

手順さえ守れば名義変更は簡単!

Fotolia_178520571_Subscription_Monthly_M.jpg

いかがでしょうか。現在使用中のキャリアからBIC SIMへの乗り換えをする際は、以下の手順を参考にしてみてください。

  1. いま契約しているキャリアのの契約名義を確認
  2. これから契約する名義と異なっていれば変更
  3. MNP転出をする場合は予約番号を取得
  4. 契約に臨む

この手順さえしっかり守れば、名義変更でつまずくことはなくなるはずです!事前の確認をしっかり行い、スムーズに契約手続きができるようにしましょう。