サービス
2018.12.18

格安SIM × OPPO Find X 高性能カメラ搭載スマホをBIC SIMで使うには

アジアの市場シェア一位を誇る中国のスマホブランドであるOPPO(オッポ)。

そんなOPPOのフラグシップモデルとして開発された、AndroidスマホのFind Xが2018年11月上旬に発売されました。

写真撮影の性能が優れているFind Xは、人物の顔を従来より美しく見せてくれる3Dライティング技術が評判となっており、「人物をきれいに撮りたい」という方には特にオススメの端末です。

今回の記事では、このFind Xの特徴を詳しく解説しつつ、格安SIMのBIC SIMを契約した場合の3つの料金プランや設定方法、より便利に使うために入れておくべきアプリについて解説します。

Find Xの特徴

007.jpg

高性能カメラは世界初のスライド式

batch_003ー.jpg

Find Xの特徴のひとつである、ステルス3Dカメラは、フロントカメラ、アウトカメラともに端末上部から自動でリフトアップするスライド式となっています。

カメラは撮影時以外は隠れているため、汚れや傷などのダメージからカメラレンズを守ることができます。

デフォルトスタイルにカメラがついていないので、デザインが洗練されているのも魅力ですね。

AI機能を持つカメラがあなたの「撮りたい」を叶えてくれる

batch_002.jpg

スライド仕様のほかにも驚く特徴があります。Find Xのカメラは、ポートレート撮影のクオリティーが高いと言われています。

「A.I.インテリジェント3Dカメラ」と呼ばれる、AIによって顔を認識するカメラ機能が搭載されており、鼻や目などの細かいパーツを分析し、美しい写真を撮影することが可能になっています。

そして、様々な照明効果が加えられる「3Dライティング機能」を用いることで、写真のクオリティーをぐっと上げることが可能になります。

さらにフロントカメラは2500万画素。アウトカメラには、デュアルカメラ(2000万画素+1600万画素)と光学式手ブレ補正が装備されているので、撮りたい写真を簡単に撮影できます。

ベゼルレスかつフラットなボディでスタイリッシュなデザインに

batch_1.jpg

カメラに優れた機能が付いていることに加え、見た目も無駄のない洗練されたデザインのFind X。

画面占有率93.8%という「パノラマアークスクリーン」で、左右上下ともにベゼル(枠)幅をギリギリまで削減されています。

Find Xのカラーバリエーションは、ワインレッドとサイレントブルーの2色。どちらも波のようなグラデーションのデザインが美しく、上品な印象を与えます。

Find Xのボディは、手に持った時になじませるため、三日月のように上部下部を少し凹ませた「クレッセントアークデザイン」を独自に採用。操作性と美しさを兼ね備えたデザインです。

Android初の3Dセンサーカメラ搭載! 顔面認識技術がすごい

Fotolia_165532138_Subscription_Monthly_M.jpg

Find X は、3D顔認証技術を搭載した初のAndroidスマホです。顔認証は画面を軽くなぞるだけで瞬時にステルス3Dカメラが起動します。

Find Xの3D顔認証技術は、顔の15,000 カ所を3Dスキャンすることで、細かな凹凸までを再現した3Dモデルデータを作ります。そして、その作られたデータを保存することによってセキュリティー面を強化し、かつ素早い認証ができるようになっています。

OPPO独自の急速充電方式でフルチャージも35分

batch_008.jpg

Find Xは、充電時間がわずか35分。バッテリーも3400mAhと大容量なので、電池切れを気にすることなく、使用できるのではないでしょうか。毎日外で写真や動画を撮影したり、SNSにアップしたり、頻繁にスマホを使う人にはありがたい性能ですね。

気になる値段は?

高性能なFind X。もちろん、ビックカメラ.comでの購入も可能です。その場合の値段は、下記をご覧ください。

端末名 一括料金 分割料金
Find X 111,880円 5,000円〜(24回払い)

※記事掲載時点の金額になります。

BIC SIMの3つのプランでFind Xを賢く使おう!

Fotolia_79014743_Subscription_Monthly_M.jpg

Find Xの優れた機能や性能について紹介してきました。続いて、BIC SIMに契約してFind Xを使う場合を考えてみましょう。まずは、BIC SIMの基本プランを紹介します。

選べる3つの基本プラン

プラン名 データ通信量 月額料金
ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円~
ライトスタートプラン 6GB 2,220円~
ファミリーシェアプラン 12GB 3,260円~

大手キャリアでは基本料金と5GB分のデータ定額通信料金でおよそ7,000円前後の料金がかかりますが、比べてみるとBIC SIMのプランはかなりおトクなことが分かります。

契約後のプラン変更も可能なので、「ミニマムスタートプランで契約したけど、もっとデータを使いたい」という場合はひとつ上のプランへ。

また、余裕をもたせて「ファミリーシェアプラン」にしたけど、毎月データを繰り越してしまう......という方はひとつ下のプランにも変更が可能です。

BIC SIMを契約したらはじめにやること

Fotolia_141848679_Subscription_Monthly_M.jpg

AndroidでのAPN設定の方法

BIC SIMを契約し、SIMカードが届いたらまずはAPN設定(初期設定)を行いましょう。

SIMカードは、端末の設定画面でAPNという接続情報を入力することで、通信サービスを利用できるようになります。

店頭で契約した場合はスタッフの方が手伝ってくれる場合もありますが、ネットで契約した場合はSIMカードが届いた後に自分で設定する必要があります。

Find XはAndroid端末なので、Androidの設定手順でAPN設定を行います。

手順はSIMカードと同封の「SIMカード取扱説明書」か、こちらの解説記事「BIC SIMを購入したらはじめにやること、初期設定「APN設定」のやり方を解説!」をご覧ください。10分程度で終わる簡単な設定です。

入れておくべきアプリ

Fotolia_159429800_Subscription_Monthly_M.jpg

APN設定の次はアプリのインストールです!

BIC SIMではアプリを上手く活用することによって、データ通信容量を抑えたり、通話料を半額にすることができます。

Find Xを安くおトクに使いたいという方は、下記3つのアプリを必ずインストールしましょう。

  • IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)
  • データの高速/低速通信を手動で切り替え、データ通信容量を節約できるアプリです。さらに、毎月のデータ使用量が可視化されるので、使い過ぎたらデータの使用をセーブするなどコントロールしやすくなります。

  • みおふぉんダイアルアプリ
  • このアプリを利用することによって、毎回の通話料が半額になります。

  • ギガぞう
  • 従来の「Wi2 300」のWi-Fiスポットに加えて、提携する全国のフリーWi-Fiスポットの利用ができるギガぞう。アプリによる自動接続なので煩わしい接続設定なしにフリーWi-Fiを利用でき、毎月のデータ使用量を節約できます。

壊れても大丈夫!「つながる端末保証」オプション

Fotolia_77046914_Subscription_Monthly_M.jpg

Find Xの購入を決めたけれど、もしも壊れたらどうしよう......と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

BIC SIMには、お使いのスマホが画面割れや水漏れ、全損・部分破損などで故障してしまったとき、リーズナブルな価格で修理・交換をしてもらえる「つながる端末保証」というオプションサービスがあります。月額料金500円で、お使いの端末が壊れてしまった場合、修理代金が年2回まで無料になるサービスです。

ほかにも、交換が必要になった際の交換代金が、1回目が4,000円、2回目が8,000円とリーズナブルになっています。これなら、お気に入りの端末にもしものトラブルが発生しても安心ですね!

また、「つながる端末保証」サービスはBIC SIM契約時のみ申し込むことができるので、忘れないように注意しましょう。「つながる端末保証」についての詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

故障も、画面割れも、水没にも!? BIC SIMの「つながる端末保証」オプションのサポートが手厚すぎる

まとめ

003.jpg

世界初のスライド式ステルス3Dカメラを搭載したFind X。

デザインの美しさだけでなく操作性も高く、3400mAh の大容量バッテリーや、3D顔認証など充実した最新機能が備わっています。

BIC SIMでは利用状況やデータ使用量にあわせたプラン設計が可能となっており、充実したオプションサービスやおトクに使えるアプリなどのサービスもあります。

注目されているFind Xを格安SIMで使いたいと思っている方は、ぜひBIC SIMで自分好みのおトクなプランを選んでみてくださいね!

※記事内の金額表記はすべて税抜きになります。