特集
2018.05.24

スマホ代は? 通信速度は? BIC SIMを実際に使ってみてわかった8つのメリット

BIC SIMを1ヶ月間使ってみて......

54E6C923-8D71-4640-8A51-3229968BC7F0.jpg

こんにちは。ライターの渡辺結です。

BIC SIMに乗り換えて早1ヶ月。私は、暇さえあればYouTubeでドラマを観たり音楽を聴いたりしているのですが、今のところ、格安SIMにありがちな「通信速度が遅い」「電話の途中にブツッと切れる」「テザリング機能が使えない」といった不安は一切ありません。

それどころか、快適すぎて、いま自分が格安SIMを使っているということさえも、すっかり忘れてしまうほど。そんなわけで今回は、BIC SIMを1ヶ月使ってみて感じたメリットを、私個人の感想とともにまとめてみたいと思います。

電波よし、通信速度よし。BIC SIMに乗り換えて本当によかったと思う8つのメリット

Fotolia_162014348_Subscription_Monthly_M.jpg

1.動画再生中もフリーズすることなくYouTubeをサクサク見られる

A69112C8-99F9-488E-A176-EC67D2529A3B.jpg

「格安SIMは、通信速度が遅いからネットを使う機会が多い人には向いていない」なんてよく聞きますよね。私もはじめは、そう思い込んでいるうちのひとりでした。でも、全然そんなことない!

私はドリアンが大好きなので、仕事の合間に、ドリアンをカットしているタイ人の動画を見るのが、最近の唯一の癒しになっています。動画の再生中にフリーズすることもなく、サクサク見られます。

2.高速通信可能なエリア範囲が広い

Fotolia_189283014_Subscription_Monthly_M.jpg

BIC SIMが提携しているIIJmioは、格安SIMの中でも電波が安定していて通信速度が速いと定評があります。それに加えて、大手キャリアの回線を利用しているBIC SIMは、高速通信ができるエリアも広いのです。電波が入りづらい山奥や地下でも、ネットサーフィンはもちろん、LINEやFacebook Messengerでのやり取りも、気軽に楽しむことができます。

3.音声もクリアで通話が途中で途切れることもない

Fotolia_140330198_Subscription_Monthly_M.jpg

私は、フリーランスという仕事柄、クライアントと電話で仕事のやり取りをすることがほとんどです。電波の不安定さを心配していましたが、相手の声もきちんと聞き取れるし、「聞こえますか?もしもーし」と通話が途切れることもほとんどありませんでした。

また、無料電話アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」を使えば、月額基本料0円で通話ができます。しかも、通話料が半額になるので、とってもお得に電話ができちゃうんです。

相手の電話番号の先頭に、「0037-691(専用のプレフィックス番号)」をつけるだけで、通話相手には利用中の番号がそのまま表示されます。そのため、相手に「知らない番号からかかってきた」と怪しまれることなく安心して使うことができるのです。みおふぉんダイアルアプリは、AndroidとiOSどちらにも対応しています。

みおふぉんダイアルアプリ

それともうひとつ。「通話定額オプション」をつけると、「誰とでも3分 家族と10分プラン(月額600円)」と「誰とでも5分 家族と30分(月額830円)」が適用されます。電話を使う機会が多い人は、通話定額のオプションがオススメです。新規で申し込みされた人限定のキャンペーンなどもあるので、申し込みの際にキャンペーン内容も確認しておくといいかもしれません。

4.外出先でテザリング機能が使える

Fotolia_134305929_Subscription_Monthly_M.jpg

打ち合わせや取材で外に出たついでに、気分転換も兼ねてカフェで仕事をすることがちょこちょこあります。BIC SIMなら、テザリング機能を使ってPCに電波を飛ばせるので、ポケットWi-Fiを家に忘れてしまっても安心です。

ただし、写真などデータが大きいファイルを読み込む場合は、容量をオーバーしてしまう可能性があるので、使いすぎには注意が必要です。とはいえ、高速でネットにアクセスできる点は嬉しいポイントだと思います。

5.公衆無線LANサービス「ギガぞう BIC SIM専用プラン」が無料で使える

スクリーンショット 2018-11-15 14.25.39.png

テザリング機能と同じくらい便利だと感じたのが、公衆無線LANサービス「ギガぞう BIC SIM専用プラン」が無料で使えることです。全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービス「Wi2 300」をはじめ、全国各地の連携するフリーWi-Fiスポットを利用できます。

ギガぞうには無料で使えるフリープランと、月額500円で利用できるスタンダードプランがあります。スタンダードプランは、上記のWi-Fi利用に加えて、VPNによる安全なWi-Fi化、LTE通信の最適化(節約機能)などフリープランに加えて充実した機能がついてくるのでおすすめです。

ギガぞうアプリを活用すれば、通信容量を節約できるのでとってもお得です。

6.困ったら「格安SIMカウンターに行けば大丈夫」という安心感

shop_image.png

幸い、SIMの不具合や故障もないので、今のところはまだ「格安SIMカウンター」に頼ることなく快適に使えています。何かの拍子で、スマホが落ちた衝撃によってSIMが故障してしまっても、格安SIMカウンターに行けば保証サービスを受けることができます。

このほかにも、格安SIMカウンターでは、SIMの不具合や紛失による再発行手続きなど、様々なサポートが受けられます。「何かあったら店頭に持って行けば大丈夫」という安心感があるのとないのとは、格安SIM初心者の私にとって、とても重要なポイントになります。

7.月々のスマホ代が3,000円台になった

Fotolia_139644811_Subscription_Monthly_M.jpg

一番気を揉んでいたスマホ代についてですが、なんと3,000円台になりました。今まで10,000円もかかっていたのに比べると、約7,000円近く節約できているんです。ちなみに、私が申し込んだのは「ライトスタートプラン(6GB:2,220円〜/月)」で、ここに通話料(10円/30秒)がプラスされます。

もし、6GBを超過してしまっても、最大200kbpsでのデータ通信が可能です。メールやLINE、Twitter投稿は低速でも十分で、動画を観たい場合は高速通信に切り替えて使うようにしています。低速・高速通信を切り替えられる、無料のIIJmio公式アプリ「IIJmioクーポンスイッチ」があります。

IIJmioクーポンスイッチ

SIMカードを変えただけで、こんなにもスマホ代が安くなるだなんて、どうしてもっと早く気づかなかったんだろう......。浮いたお金で、焼肉でも食べに行こうと思います(節約になってない)。

8.電話番号を変えずにそのまま使える

「音声通話機能付きSIM(みおふぉん)」を申し込めば、MNP転出をすることが可能です。MNPとは、携帯電話番号を変えずに乗り換えができること。前まで使っていたキャリアの電話番号をそのまま引き継ぐ形になるので、仕事関係者や友人に「電話番号を変えました」という連絡をする手間がありません。そのため、LINEやFacebook Messangerよりも電話でのやり取りが多い人は、MNPがオススメです。

BIC SIMに変えたら年間約80,000円は節約できる

A94B1B8E-DDC5-4848-9B94-B8BA1EC77C81.jpg

BIC SIMを使いはじめてまだ1ヶ月足らずですが、当初の目的であった『スマホ代の節約』は実現できています。年間約80,000円も節約できたら、その分貯金もできて美味しいご飯だって食べられる......。それに、難しいだろうと感じていたセッティングも簡単にできるうえ、通信速度も速くて通話の途中で音声が乱れる心配もなく、いいことばかり!

BIC SIM料金プランはこちらから

今まで、多くの人が感じていたであろう、格安SIMの使いにくさは、技術の進歩とともに確実に改善されています。スマホ代は毎月必ずかかるお金なので、少しでも節約したいと思う方は、ぜひこの機会にBIC SIMに乗り換えてみてはどうでしょうか?