特集
2018.07.06

格安SIMの性能ってどうなの? 24時間耐久で通信速度を測定してみた。

こんにちは、家電大好きライターの紳さんと申します。

突然ですが皆さま、「格安スマホ」「格安SIM」といった言葉を聞いたことはありますか?

シンプルに説明すると「毎月のスマホ通信料がわりと安くなるパラダイス銀河」ということなのですが、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DSC00021.jpg

さて、そんなイケてる格安SIMの中でも「BIC SIM(ビックシム)」というのがあります。

BIC SIMとは日本を代表する家電量販店、「ビックカメラ」が提供する格安SIMサービスのことなんです!

何を隠そう、僕はビックカメラのヘビーユーザー。

乗るしかない、このビッグウェーブならぬビックウェーブに。

ということで早速、BIC SIMでインターネットを満喫したいところなのですが......

「安い回線はどうせ、速度が遅いんでしょう?」って思ってません? 思ってますよね? 思っているはずだ。

いくら安くても遅くて使いものにならなかったら困る。

そ・こ・で!

今回は測定アプリを使ってBIC SIMの回線速度を調べてみたいと思います! 

24時間耐久で。

BIC SIMの回線速度を測定する

DSC00028.jpg

今回は1時間おきに3つの異なるアプリで速度を測定し、それを24時間ぶっ続けでやりたいと思います。

え? 24時間やり続ける意味はあるのかって?

実はですね、4G(LTE)回線は時間帯の混雑度合いによって速度に差が出やすいみたいなんです。

特にBIC SIMは昼の12時〜13時の間が遅くなりやすいとのこと。(正確にはBIC SIMに限らず、だいたいのキャリアが混雑時には遅くなります)

まぁ、大切なのは「生活に支障が出るレベルでパフォーマンスが低下するのか?」ということを調べることです。

また、どの時間帯にパフォーマンスが落ちやすいのか知ることで利用方法を工夫することができますよね。昼の12時〜13時の間は絶対にインターネットに接続しなくて済むよう、毎日、歯医者の予約を入れるとかさ。

おっと。ちょうど、現在の時刻は日曜日の昼12時。

早速、1回目の測定をしてみましょう。信じてるぜ、BIC SIM!!

1回目(日曜日12:00)の測定結果

今回、調べる数値は

  • Ping値(ms)
  • アップロード(Mbps)
  • ダウンロード(Mbps)

の3点。

ちなみに各数値について簡単に説明するとPing値は応答速度(小さければ小さいほど応答が速い)、アップロードは送信する速度、ダウンロードは受信する速度といった感じです。

一般的にはインターネットコンテンツの閲覧が目的なら、ダウンロードの値が最重要となります。

測定した結果...

Ping値(ms) アップロード(Mbps) ダウンロード(Mbps)
アプリA 220 2.9 4.6
アプリB 331 18.0 2.7
アプリC 174 4.0 2.1

このような結果になりました。アプリによって意外と差が出てますが、そこはご容赦ください。アプリによって測定方法が異なると思うので。

とりあえず、今回の結果では、ダウンロードの値が2.1Mbps〜4.6Mbpsとなりましたが、これはつまり「1秒あたり2.1Mb〜4.6Mbぐらいの情報をダウンロードできてるよ」ということだと思います。もしかしたら違うかもしれませんが。

DSC00039.jpg

うーん。日曜日の昼12時でダウンロードが平均3Mbpsぐらいのパフォーマンスかぁ。

正直、可も無く不可も無くといったところですな。

これはテキストが多めのニュースサイトを閲覧する場合ならばなんら問題はないですが、YouTubeでたくさん動画を再生しようとすると少し遅いと感じるぐらいの速度です。 まぁ、試したら動画も普通に再生できましたけどね。

まぁ、許容範囲じゃない!?  格安SIMということを考えれば全然アリ。 

それでは、時間帯によってどのように状況が変わるのか、続けて検証していきましょう!

5回目(日曜日16:00)の測定結果

Ping値(ms) アップロード(Mbps) ダウンロード(Mbps)
アプリA 179 9.9 10.6
アプリB 315 16.9 4.0
アプリC 146 6.9 3.8

日曜日16時の測定結果です。昼の12時に比べるとパフォーマンスが上がりました。

DSC00047.jpg

動画も問題なく再生できます! なかなかいいぞ、BIC SIM。

DSC00054.jpg

テザリングもできるので、スマホを介してパソコンをインターネットに接続することもできます。

それは良いとして、この検証......

DSC00083.jpg

超、地味だわ。画が変わらないし。

DSC00078.jpg

24時間座る予定の椅子がパイプ椅子だし。

この企画を考えたスタッフは一度、某有名テーマパークに就職して「人を楽しませるということ」を学んできて欲しい。

ちなみに、時間帯によるパフォーマンスの変化を正確に調べるためには場所を変えるわけにはいかず、24時間この無機質な会議室に待機しなければなりません。

もし僕に子供が生まれたら、この時のことを忘れないために「虚無(きょむ)」と名付けることにします。

10回目(日曜日21:00)の測定結果

Ping値(ms) アップロード(Mbps) ダウンロード(Mbps)
アプリA 211 8.0 10.3
アプリB 280 15.2 2.2
アプリC 134 6.9 6.5

10回目の測定が終わって時刻は夜21時。終わるまであと15時間。やることない。

鉢の中の金魚の方がもっと楽しい時間を過ごしてる。

ちなみに、夜になってもBIC SIMのパフォーマンスは悪くはなさそうです。やはり昼の12時〜13時の混雑タイムが鬼門で、あとはまぁ、わりと普通に使える。

BIC SIM、わりと普通。 特に言うことはない。

ダイジェスト

ここから先はダイジェストでお送りします。

各時刻の測定結果は最後にグラフで載せるので、それを参考にしてくださいね!

DSC00130.jpg

夜食にピザを頼みました。BIC SIMを使えばインターネットで注文することができます。

DSC00132.jpg

ヤッタァ! ピザがきたぞ! ピザがきたぞ〜!

DSC00145.jpg

ヒャアアアアアアアア!!!

特に撮影するものもない、この虚無な空間に比較的カラフルなピザがきた!!!

ピザ、美味しそう〜!!! テンション爆上がり〜!!!

DSC00016 (1).jpg

パイプ椅子をギターに見立てて演奏しちゃうぜ〜!!!

他に楽器になりそうなものが無いからな〜!!!

DSC00022 (1).jpg

イエー!!!!!

※深夜2時の様子です。

DSC00172.jpg

ヒャハハハハハハハハ!!!!!

どうでしょうか、みなさん?

さすがにここまで読んだらBIC SIMに乗り換えたくなってきたでしょう!?

乗り換えないまでも、検討したくはなっているはずですよ。

もし、そういう気持ちになってないのだとしたら、この記事を読んだ数分間が全て水の泡となってしまうんです。それってすごく損してると思いませんか?

その後も、1時間おきに測定を続け......

シンさん14.jpg

気がつけば朝になってました。

シンさん15.jpg

この時、僕はこの世にある全てのことに対して関心を無くしていました。

一つだけ関心があるとしたら、「布団の中で寝る」ということだけ。

あと、かろうじてBIC SIMのことだけは少し興味を持っていたと思います。

測定結果とまとめ

DSC00096.jpg
アプリABC上り.png

▲24時間上り速度


アプリABC下り.png

▲24時間下り速度


アプリABCPing.png

▲24時間Ping速度

というわけで、BIC SIMの回線速度を1時間おきに24時間続けて測定したところ、このような結果になりました。

日曜日の夕方〜深夜にかけてはかなり安定していますね。月曜日の朝は、ちょっと回線が混雑するようです。

まぁ、全体的に言えることとして

特に遅いと感じることもなく、快適にインターネットできるよ!

ってことなんです。

格安だから遅いとか、そういうわけでは無い。

DSC00026.jpg

キャリアの大手3社が提供するサービスはわりとフルスペックで月額費用もそれなり。

BIC SIMなら月額1,600円から利用することができます。

Webで申し込めば、最短で翌日にはSIMカードが届いて使えるようになります。

そこまで大量にデータを送受信する予定もなく、SNSの閲覧・更新やメールとかLINEでのやりとりをメインにスマホを使っている方にはオススメの選択肢の一つだと思いますね!

もちろん、動画や大きいデータを使いたい方にはオプションで20GBや30GBまで使えるプランもあるので安心です。

興味がある方、ぜひともBIC SIMをご利用されてみてはいかがでしょうか!

以上、家電大好きライターの紳さんでした。