キャンペーン情報格安SIM

事務手数料無料の格安SIM・サブブランド6選!お得なキャンペーンも合わせて解説

事務手数料無料の格安SIM・サブブランド6選
  9
スマトクナビ編集者
スマトクナビ編集者
ライター
最終更新日: 2024年06月03日

※本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。
本記事では、事務手数料が無料の格安SIM・サブブランドにつ
いて解説しています。

スマトク調査員
スマトク調査員
  • 事務手数料が無料の格安SIM・サブブランドはある?
  • スマートフォン代も手数料もなるべく安く抑えたい
  • 格安SIM・サブブランドの契約にはどんな費用がかかるの?

このような、悩みを解決できる記事です。

結論からいうと、事務手数料が無料の格安SIM・サブブランドは数社あります。

ただし、SIMカード発行手数料やSIMロック解除など、事務手数料以外の費用は必要です。

そのため、完全無料で格安SIM・サブブランドを契約するのは難しいです。

本記事では、事務手数料が無料の格安SIM・サブブランドと、契約にかかる初期費用について解説します。

編集者
編集者

完全無料となると難しいですが、なるべく安く格安SIM・サブブランドを契約できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【本記事でわかること】

  • 事務手数料が無料の格安SIM・サブブランド10社
  • 事務手数料以外の初期費用
  • 初期費用以外に発生するお金
  • 事務手数料に関するよくある質問
\ 当サイトおすすめの格安SIM3選/
 
サービス名 BIC SIM mineomineo NUROモバイル
プラン+月額利用料 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
15GB:1,790円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
詳細 BIC SIMの詳細を見る mineoの詳細を見る NUROモバイルの詳細を見る

※記載の料金はすべて音声通話機能付きSIMの税込みです。

事務手数料が無料になるおすすめ格安SIM・サブブランドはどれ?-代表的な6社を比較-

事務手数料が無料のおすすめ格安SIM・サブブランド6選

ここでは事務手数料が無料になる、おすすめの格安SIMとサブブランドをご紹介します。

なお、サブブランドとは、ドコモ、au、Softbankなどキャリアが提供している低価格帯のブランドです。

編集者
編集者

月額料金やキャンペーンなどを比較しています。

回線名 ahamo 楽天モバイル LINEMO NUROモバイル povo J:COMモバイル
月額料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円
~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
15GB:1,790円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
基本料金:0円

【トッピング】
使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
など
【音声通話機能付き】
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
通信速度 下り平均:154.33Mbps
上り平均:16.96Mbps
下り平均:55Mbps
上り平均:26Mbps
下り平均:67.85Mbps
上り平均:16.14Mbps
下り平均:59Mbps
上り平均:11Mbps
Ping値:49ms
下り平均:85.76Mbps
上り平均:15.74Mbps
下り平均:51.01Mbps
上り平均:10.42Mbps
Ping値:89.33ms
契約事務手数料 無料 無料 無料 3,300円 無料 初期手数料:3,300円
カード手配料:0円
キャンペーン情報
  • 爆アゲセレクション
  • ahamoポイ活 好評受付中!
  • ahamo × YOASOBI スペシャルコンテンツを順次配信!
  • ahamo光 新規ご契約でdポイント10,000pt還元
  • ahamo対象機種をおトクに購入しよう
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • Rakuten最強プランお申込みキャンペーン
  • 楽天モバイルお申込み&対象製品ご購入で26,930円引き!
  • 楽天モバイル×楽天カード同時申込で最大14,000ポイント!
  • YouTube Premium3か月無料
  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン
  • スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • 契約者向け!追加申込キャンペーン
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOベストプラン発表記念キャンペーン
  • 基本料初月0円特典
  • 通話オプション割引キャンペーン2
  • NEOプランお申し込み特典
  • NEOプランWお申し込み特典
  • バリュープラスお申し込み特典
  • 5分かけ放題プランお申し込み特典
  • auスマートパスプレミアム入会でギガゲット!キャンペーン
  • データボーナス100GB(3日間)プレゼント!
  • 他社からお乗り換えで au PAY 残高還元キャンペーン!
  • 【ウェルカム】データ追加1GB(7日間)トッピング!
  • 留守番電話サービス スタートキャンペーン
  • Google ストア限定 povo2.0キャンペーン!
  • 【WEB申込限定】契約事務手数料無料
  • J:comモバイルセット割
  • J:COM MOBILEシニア60割
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★★

ahamo:高速回線のドコモサブブランド

ahamoはドコモが提供しています。

ドコモと同じ回線を使っているため、通信速度や品質が安定しているのが特徴です。

さらに20GBが2,970円と、低料金で使えます。

スマートフォン料金を安くしたい、電波が悪くなるのは嫌と考える人におすすめです。

ドコモのサブブランドなので、通信速度も電波の安定性も心配いりません。

また、100GBのプランもあり、大容量で使いたい人にもおすすめです。

ahamoの口コミ

ahamoには、とにかく月額料金が安いとの口コミがありました。

20GBを2,970円で使えます。

ドコモと同じ通信品質を3,000円以下で使えるのはお得ですよね。

乗り換えの際にスマートフォンのデータが削除されるケースがあるため、バックアップを忘れないよう注意が必要です。

ahamoの最新キャンペーン情報

ahamoの最新キャンペーンは次のとおりです。

【ahamoのキャンペーン】
  • 爆アゲセレクション
  • ahamoポイ活 好評受付中!
  • ahamo × YOASOBI スペシャルコンテンツを順次配信!
  • ahamo光 新規ご契約でdポイント10,000pt還元
  • ahamo対象機種をおトクに購入しよう

端末の割引やポイント贈呈が多く、新しく機種の購入をご検討されている方には嬉しい特典が多い内容となっています。

楽天モバイル:使用したデータ容量によって料金が変わる

楽天モバイルは、使ったデータ容量で料金が変わるのが特徴です。

【楽天モバイルの料金プラン】
~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円

ワンプランでわかりやすく、料金はデータ容量を使った分だけとなっているため、月によってデータ容量が変わる人におすすめです。

データ容量が少ない月の料金は安くなります。

また、データ容量を使いすぎても最大3,278円なので、高額な料金を気にせず大容量を使えます。

楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルは料金が安く解約の縛りがないため、気に入っているとの口コミがありました。

楽天モバイルは3GBまでを1,078円、無制限でも3,278円と低料金で利用できます。

また、契約期間の縛りもなく解約金もありません。

手数料も発生しないため、お得に利用できます。

楽天モバイルの最新キャンペーン情報

楽天モバイルの最新キャンペーンは次のとおりです。

【楽天モバイルのキャンペーン】
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • Rakuten最強プランお申込みキャンペーン
  • 楽天モバイルお申込み&対象製品ご購入で26,930円引き!
  • 楽天モバイル×楽天カード同時申込で最大14,000ポイント!
  • YouTube Premium3か月無料
  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン

目玉はiPhone乗り換えキャンペーンです。
また、下取りで最大10,000ポイントもらえるのでお得にスマホの買い替えが出来ます。

LINEMO:最大6か月無料で使える

LINEMOは、キャンペーンにより最大6か月間無料で使えます。

ミニプランの料金(990円)6か月相当分のPayPayポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

半年間スマートフォンを実質無料で使えるのは嬉しいですよね。

とくに条件はなく、契約するだけでポイント還元が受けられます。

LINEMOの口コミ

LINEMOには、楽天モバイルからLINEMOへ乗り換えて満足との口コミがありました。

通信速度や電波が改善され、満足しているようです。

LINEMOの最新キャンペーン情報

LINEMOの最新キャンペーンは次のとおりです。

【LINEMOのキャンペーン】
  • スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • 契約者向け!追加申込キャンペーン
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOベストプラン発表記念キャンペーン
  • 基本料初月0円特典
  • 通話オプション割引キャンペーン2

LINEMOは、月額料金が最大1年間無料になるキャンペーンを実施しています。
PayPayポイントの還元も行っているので利用されている方にはおすすめです。

NUROモバイル:データフリーのサービスがある

NUROモバイルロゴ

NUROモバイルはプランによってデータフリーのサービスがあります。

多くの格安SIMやサブブランドでは契約事務手数料で3,300円かかりますが、NUROモバイルではキャンペーンで0円になるんです。

3,300円が無料になるのは嬉しいですよね。

また、料金プランも豊富で自分に合ったデータ容量のプランを選べます。

1GBから契約できるため、少量のデータ容量しか使わない人にもおすすめです。

NUROモバイルの口コミ

ドコモ、au、ソフトバンクの3回線から選択でき、料金の安さが好評なようです。

NUROモバイルの最新キャンペーン情報

NUROモバイルの最新キャンペーンは次のとおりです。

【mineoのキャンペーン】
  • NEOプランお申し込み特典
  • NEOプランWお申し込み特典
  • バリュープラスお申し込み特典
  • 5分かけ放題プランお申し込み特典

通話オプションや最新機種が割引になる魅力的なキャンペーンが多いです。

povo:データ容量は使う分だけチャージ

povoは基本料金は0円で、データ容量を必要な分だけチャージします。

そのため、月によってデータ容量が変わる人におすすめです。

ただし、購入したデータ容量には、利用期限があるので注意しましょう。

たとえば、1GBは7日間、3GBは30日間が期限です。

自分の使い方によってデータ容量を決められるものの、利用期限には注意が必要です。

povoの口コミ

povoには、データ量を多めに買うとお得との口コミがありました。

190GBを180日間で使い、平均すると月2,000円ほどで30GBを利用していたようです。

データ量を自由にトッピングできるため、使い方も自由自在です。

povoの最新キャンペーン情報

povoの最新キャンペーンは次のとおりです。

【povoのキャンペーン】
  • auスマートパスプレミアム入会でギガゲット!キャンペーン
  • データボーナス100GB(3日間)プレゼント!
  • 他社からお乗り換えで au PAY 残高還元キャンペーン!
  • 【ウェルカム】データ追加1GB(7日間)トッピング!
  • 留守番電話サービス スタートキャンペーン
  • Google ストア限定 povo2.0キャンペーン!

Google Play storeとの連携が豊富なキャンペーンが多いのでアプリをよく使う方におすすめです。

J:COMモバイル:余ったデータ容量を繰り越しできる

J:COMロゴ

J:COMモバイルでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

テレビや固定回線など、J:COMが提供している他のサービスと一緒に契約するとお得に利用できるのが特徴です。

契約事務手数料は3,300円ですが、キャンペーンで無料になりお得です。

月のデータ量を超過しても最大1Mbpsで利用できるため便利です。

J:COMモバイルの口コミ

安いと通信品質などが良くないサービスもありますが、J:COMモバイルは安くて評判も良いようです。

低価格で品質が良いのは嬉しいですね。

J:COMモバイルの最新キャンペーン情報

J:COMモバイルの最新キャンペーンは次のとおりです。

【J:COMモバイルのキャンペーン】
  • 【WEB申込限定】契約事務手数料無料
  • J:comモバイルセット割
  • J:COM MOBILEシニア60割

格安SIMの初期費用はいくらかかる?-事務手数料以外の初期費用-

格安SIMでかかる事務手数料以外の初期費用

スマトク調査員
スマトク調査員

事務手数料は無料でも、ほかに初期費用はかからないの?

事務手数料のほかに、SIMカード発行手数料や端末代金がかかります。

編集者
編集者

初期費用に関して詳しく解説します。

SIMカード発行手数料

事務手数料のほかに、SIMカード発行手数料があります。

契約事務手数料とは別で、SIMカードを発行するための手数料です。

たとえばBIC SIMでは、ドコモ回線のタイプDなら433.4円、au回線のタイプAなら446.6円のSIMカード発行手数料がかかります。

高額ではないものの、費用がかかるので注意しましょう。

なお、楽天モバイルやY!mobileでは、SIMカード発行手数料は無料です。

格安SIMやサブブランドに乗り換えるなら、手数料を安く抑えたいですよね。

SIMカード発行手数料の有無は事業者によって異なります。

手数料を安く抑えたい人は、事前に確認しましょう。

端末代金

事務手数料のほかに、端末代金があります。

格安SIMやサブブランドへ乗り換える際、端末を新品に買い替えたいですよね。

端末を購入すると、多くの費用がかかるため注意が必要です。

また、端末とSIMカードをセットで申し込むと、お得に購入できるキャンペーンを実施している格安SIMやサブブランドもあります。

たとえば、楽天モバイルでiPhoneを購入すると最大24,000円分のポイントがキャッシュバックされます。

このように、端末をお得に購入できる格安SIMやサブブランドも多いため、事前にチェックしてみてください。

SIMカード郵送料

事務手数料のほかに、SIMカード郵送送料がかかります。

格安SIMやサブブランドを契約するとSIMカードが自宅に届きますが、その際の送料は契約者が負担するケースがあります。

無駄な手数料を払いたくない人は、SIMカード送料も忘れず確認しましょう。

格安SIM・サブブランドの初期費用以外にかかる費用

格安SIM・サブブランドの初期費用以外にかかる費用

格安SIMやサブブランドを契約するときには、初期費用以外にも費用が発生します。

編集者
編集者

できるだけ安く格安SIMやサブブランドを契約したい人、契約前に費用がいくらか把握しておきたい人は、チェックしてみましょう。

MNP転出手数料

格安SIMやサブブランドへ乗り換えるときには、MNP転出手数料が発生します。

MNP転出とは、電話番号を変えず他社へ乗り換える方法です。

格安SIMやサブブランドへ乗り換えるとき、電話番号を引き継ぎたい場合はMNP転出を利用しましょう。

MNP転出を利用する流れは次のとおりです。

【MNP転出の流れ】

  1. 契約している事業者でMNP転出番号を発行する
  2. 格安SIMやサブブランドの申し込み時にMNP転出番号を伝える

MNP転出番号を発行する際に、手数料が発生する場合があります。

違約金

格安SIMやサブブランドへの乗り換え時、違約金が発生するケースがあります。

たとえば、BIGLOBEモバイルは、契約から12か月以内に解約すると1,100円の違約金が発生します。

違約金が発生する事業者はほとんどありませんが、注意しましょう。

分割払いをしているスマートフォン端末代金

格安SIMやサブブランドへの乗り換え時、分割払いしている端末代金があると、残債分を一括もしくは分割で支払わないといけません。

ドコモでは、端末の残債分を一括、または分割で支払うかを選べます。

一括なら解約時に、分割なら端末代を引き続き支払わないといけません。

ただし、支払いの遅延が多いと一括でしか支払えないケースもあるようです。

高額の端末を購入していると、一括で支払うのは難しい場合があるかもしれません。

事前に端末の残債や、一括か分割いずれかの支払い方法を確認をしておきましょう。

SIMロック解除費用

格安SIMやサブブランドへの乗り換え時、持っている端末を使う場合にはSIMロック解除費用がかかるケースがあります。

たとえば、auで購入した端末は、au以外では利用できないようにロックがかかっています。

ロックを解除し、他社でも使用できる状態にするのがSIMロック解除です。

auで購入した端末は、同じ回線のUQモバイルならSIMロック解除せずに利用できます。

端末の購入時期によってはSIMロック解除料金が不要であったり、SIMフリーの端末であればどこの回線でも利用できるので、契約前に利用できるかどうかを確認しましょう。

格安SIMやサブブランドの事務手数料に関するよくある質問

格安SIMの事務手数料に関するよくある質問

  • eSIMでも初期費用はかかるの?
  • ソフトバンクから乗り換えるには手数料はいくら?

このような疑問を解決できます。

編集者
編集者

格安SIMやサブブランドの事務手数料に関するよくある質問に回答しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Softbankの番号移行事務手数料はいくらですか?

Softbankでは、番号移行事務手数料は無料です。

2021年3月17日より、無料となりました。

eSIMの初期費用はいくらですか?

事業者によって異なります。

番号を変えずに乗り換えたい場合、契約している事業者でMNP転出手数料、乗り換え先の事業者によっては、契約事務手数料なども発生します。

しかし、これらの手数料は、契約している事業者と乗り換え先の事業者によって異なるので注意しましょう。

eSIMは物理的なSIMカードがないため、送料は発生しません。

ただし、契約している事業者と乗り換え先の事業者で、それぞれに必要な初期費用を確認しましょう。

携帯の機種変更にかかる事務手数料の廃止はいつから?

事務手数料の廃止は、とくに決まっていません。

ただし、現在、多くの格安SIMやサブブランド、大手キャリアで違約金は無料となっています。

契約事務手数料やMNP転出手数料などは、事業者によって異なるため事前に確認しましょう。

まとめ:事務手数料無料の格安SIM・サブブランドは多い-比較してお得なものを選ぼう-

まとめ

本記事では以下を解説しました。

  • 事務手数料が無料の格安SIM・サブブランド10社
  • 事務手数料以外の初期費用
  • 初期費用以外に発生するお金
  • 事務手数料に関するよくある質問

事務手数料無料の格安SIMやサブブランドは多いため、月額料金やキャンペーンなど、ほかの条件を比較して選びましょう。

格安SIMやサブブランドの契約事務手数料は無料であることが主流です。

しかし、月額料金やキャンペーンなどは、事業者によって異なります。

そのため、契約事務手数料無料はもちろん、その他の条件を比較して自分に合った格安SIMやサブブランドを選ぶのがおすすめです。

編集者
編集者

本記事を参考にして、ぜひ自分に合った格安SIMやサブブランドを見つけてください。