格安SIM

povo2.0は0円運用できる?トッピングや0円運用の方法を徹底解説!

povo2.0は0円運用できる?トッピングや0円運用の方法を解説
  533
スマトクナビ編集者
スマトクナビ編集者
ライター
最終更新日: 2024年01月09日

※本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

スマトク調査員
スマトク調査員

通信費をとにかく安くしたい。povo2.0って0円運用ができるって聞いたけど、実際はどうなんだろう?0円で運用できる条件や乗り換え手順について詳しく知りたいな。

eibon
eibon

本記事では上記のような悩みを解決できますよ。

まず結論からですが、povo2.0では完全に0円で運用することはできません。

契約解除を防ぐために、180日に一度は課金する必要があります。

しかし、180日に一度トッピングを購入すれば、あとは0円で運用可能です。

本記事では条件や注意点など、povo2.0の0円運用について深掘りしていきます。

ほかにも、0円運用以外のpovo2.0のお得な使い方などをご紹介します。

povo2.0の利用を考えている人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

それでは、解説していきます。

【この記事からわかること】

  • povo2.0の基本情報
  • 0円で運用するための条件
  • povo2.0のメリット
  • povo2.0のデメリット
  • 0円運用するうえで気をつけたいポイント
  • povo2.0への乗り換え方法
  • povo2.0のお得な運用方法
サービス名 povo2.0 2.0
プラン料金
(トッピング一覧)
【基本料金】
0円
【データ(トッピング)】
使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
【通話(トッピング)】
5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
【サポート(トッピング)】
スマートフォン故障サポート(1ヶ月):830円 ※新規受付終了
【コンテンツ(トッピング)】
DAZN使い放題(7日間):925円
smash.使い放題(24時間):220円
回線 au
かけ放題 5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
初期費用 0円
※同一名義で5回線以上契約の場合、6回線目から3,850円の手数料あり
povo2.0の詳細を見る
  1. povo2.0の0円運用について見る前に-プランなど基本情報を確認-
    1. povo2.0とはKDDIが提供しているauのサブブランド
    2. povo2.0の料金プラン
    3. povo2.0の取り扱い端末
  2. povo2.0の0円運用を実現するための条件
    1. 通話はLINEを使用する
    2. データトッピングは使用しない
    3. 180日間以内にトッピングを購入する
  3. povo2.0のメリット
    1. 基本料金0円、契約事務手数料も0円
    2. テザリングが追加料金なし
    3. #ギガ活でギガがもらえる
    4. 13歳から契約できる
  4. povo2.0のデメリット
    1. トッピング追加が面倒、有効期限がある
    2. 留守番電話・電話転送に対応していない
    3. 支払い方法がクレジットカードのみ
  5. povo2.0の0円運用に関する注意点
    1. 完全に0円で運用することはできない
    2. 通信速度は128kbpsと低速になる
    3. 店舗でのサポートはなく、オンラインのみ
    4. LINEの年齢認証に対応していない
  6. povo2.0の0円運用を実現するための乗り換え方法
    1. auからpovo2.0に乗り換える方法
    2. au以外からpovo2.0に乗り換える方法
  7. povo2.0の0円運用以外のお得な使い方
    1. かけ放題専用のスマートフォンとして利用する
    2. いざというときのためのサブのデータ通信用で利用する
    3. ポケット型Wi-Fiとして利用する
  8. povo2.0の0円運用についてよくある質問
    1. povo2.0は基本料金が0円ということは維持費も完全に0円?
    2. 180日以上トッピング購入をしないとどうなる?
    3. povo2.0はeSIMに対応している?
    4. povo2.0をサブの通信用として利用する場合は、SIMの差し替えが必要?
    5. かけ放題のみの利用はできる?
  9. まとめ:povo2.0を上手に使いこなしてスマートフォンをお得に利用しよう

povo2.0の0円運用について見る前に-プランなど基本情報を確認-

povo2.0の基本情報

povo2.0の0円運用について解説する前に、まずはサービスの基本情報を確認しておきましょう。

基本となる情報をまとめた表は下記のとおり。

サービス名 povo2.0 2.0
プラン料金
(トッピング一覧)
【基本料金】
0円
【データ(トッピング)】
使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
【通話(トッピング)】
5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
【サポート(トッピング)】
スマートフォン故障サポート(1ヶ月):830円 ※新規受付終了
【コンテンツ(トッピング)】
DAZN使い放題(7日間):925円
smash.使い放題(24時間):220円
通話料 国内通話:22円/30秒
国内SMS送信:3.3円/通
初期費用 0円
※同一名義で5回線以上契約の場合、6回線目から3,850円の手数料あり
データ容量0GB時の回線速度 最大128kbps
トッピング利用時の実質速度 平均Ping:54.0ms
平均下り:85.24Mbps
平均上り:15.85Mbps
eSIM対応
契約可能年齢 13歳以上
支払い方法 クレジットカード
eibon
eibon

基本料0円なのがpovo2.0の大きな魅力。初期費用もかからないので、気軽に導入できますよ。

ここからはさらに料金プランや取り扱い端末についてなど、サービスの詳しい内容について深掘りしていきます。

povo2.0とはKDDIが提供しているauのサブブランド

povo2.0とはKDDIが提供しているauのサブブランドのこと。

eibon
eibon

KDDIはほかにもUQモバイルというサブブランドを展開していますよ。

以前提供していたpovo1.0は月20GBで月額2,480円の従来のスマートフォンキャリアと同じような月額制を採用していました。

しかし、povo1.0は2021年9月29日に新規の受付を終了しています。

eibon
eibon

現在利用できるのは、トッピング方式を採用している「povo2.0」のみなので、注意してください。

povo2.0の料金プラン

続いて、povo2.0の料金プランを確認していきましょう。

povo2.0の料金プラン内容は下記のとおり。

プラン料金 【基本料金】
0円
【データ(トッピング)】
使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
【通話(トッピング)】
5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
【サポート(トッピング)】
スマートフォン故障サポート(1ヶ月):830円 ※新規受付終了
【コンテンツ(トッピング)】
DAZN使い放題(7日間):925円
smash.使い放題(24時間):220円

povo2.0の大きな特徴として、月額制ではなく、必要なデータ容量やオプションを都度課金するトッピング方式を採用している点にあります。

用意しているデータ量は1〜150GBで、初期費用および基本料金は0円です。

eibon
eibon

必要なタイミングで必要な分のデータを購入可能。月額制のサービスに比べて、柔軟な使い方ができますよ。

povo2.0の取り扱い端末

povo2.0では端末の販売は行っていません。

そのため、スマートフォンを持っていない場合は、auのオンラインショップや各メーカーの公式サイトから購入するなどして自分で用意する必要があります。

eibon
eibon

とくに、初めてpovo2.0の契約を検討している人は注意してください。

なお、povo2.0の動作確認端末は公式ページで調べられます。

>>povo2.0の動作確認端末の確認ページ

povo2.0の0円運用を実現するための条件

povo2.0で0円運用を実現するための条件

それでは、いよいよ本題であるpovo2.0の0円運用について解説していきます。

eibon
eibon

povo2.0と契約すれば必ず0円で利用できるわけではなく、0円で使い続けるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

0円運用を実現するための条件は次の3つです。

それぞれ解説していきます。

通話はLINEを使用する

1つ目の条件は、通話をしたい場合にLINEなどの無料通話を利用すること。

基本料0円で利用できるpovo2.0ですが、通話料は別途必要です。

つまり、通話した時点で0円運用は不可能になります。

通話料を発生させずに通話したい場合は、LINEなどの無料通話サービスを使いましょう。

eibon
eibon

povo2.0を無料で使いたい人は必ず覚えておいてください。

データトッピングは使用しない

2つ目の条件はデータトッピングを使用しないこと。

eibon
eibon

通常の速度で利用できるデータトッピングを使うと料金が発生します。

トッピングの利用料金は最低でも330円。

通常の速度でpovo2.0を使いたい場合、0円運用することはできませんので注意してください。

180日間以内にトッピングを購入する

3つ目の条件は180日間以内にトッピングを購入することです。

スマトク調査員
スマトク調査員

あれ?さっきトッピングは購入しないことって条件になかった?

と疑問に思った人も多いはず。

というのも、povo2.0では180日間以上トッピングを購入しなかった場合、利用停止・契約解除となる可能性があることを公式ページで明記しています。

eibon
eibon

povo2.0を使い続けるためには、およそ半年に1回は課金しなければならないのです。

半年以内に解約する予定であれば問題ありませんが、そのまま継続して使いたい人は注意してください。

povo2.0のメリット

povo2.0のメリット

povo2.0のメリットをご紹介します。

  • 基本料金0円、契約事務手数料も0円
  • テザリングが追加料金なし
  • #ギガ活でギガがもらえる
  • 13歳から契約できる

基本料金0円、契約事務手数料も0円

povo2.0は基本料金0円で利用ができます。

180日間以上トッピングの購入がなければ利用停止・契約解除となる可能性があるため0円で使い続けることは難しいですが、6ヵ月間であれば0円運用が可能です。

トッピングも24時間データ使い放題が330円のため、330円からデータ使用ができてお得です。

また、povo2.0は契約事務手数料も無料です。

サービスによっては契約時に手数料として3,000円ほどかかる場合があるため、初期費用がかからないのもpovo2.0の魅力の一つです。

テザリングが追加料金なし

povo2.0ではテザリングが追加料金なしで利用できます。

申し込みも不要のため、povo2.0を契約中であればどなたでも利用可能です。

外出時に仕事をしたいけどWi-Fiがない、というときにもテザリングを使えばPCをインターネットにつなぐことができます。

#ギガ活でギガがもらえる

povo2.0では「#ギガ活」というサービスを提供しています。

対象のお店を利用することでギガ(データ容量)が貯まるサービスです。

#ギガ活の参加方法は以下2点のいずれかで可能です。

  • au PAYのお支払い
  • 対象店舗の利用

コンピニやカフェなど#ギガ活対象店舗は多いため、上手く活用することでギガを貯めて節約することができます。

#ギガ活の詳細はこちら

13歳から契約できる

povo2.0の契約対象者は13歳以上の個人です。

18歳以上しか本人名義で契約ができないサービスが多く存在しますが、povo2.0であれば13歳から本人名義で契約することが可能です。

スマートフォンデビューするときに本人名義で契約していれば、プラン変更や機種変更なども自身で行えるため手続きがスムーズに行えます。

povo2.0のデメリット

povo2.0のデメリット

ここではpovo2.0のデメリットをご紹介します。

  • トッピング追加が面倒、有効期限がある
  • 留守番電話・電話転送に対応していない
  • 支払い方法がクレジットカードのみ

トッピング追加が面倒、有効期限がある

格安SIMは月額で料金発生することが多いですが、povo2.0は月額基本料金が0円です。

その代わりに自身でトッピング追加をしなければいけません。

放置しているとデータ容量が無くなってしまったり、トッピングの有効期限が切れてしまったりするため自分で管理して必要なだけトッピングを追加する必要があり面倒に感じる方もいるかもしれません。

また、基本料金は0円ですが180日間以上トッピング追加が無ければ利用停止・契約解除となる可能性があるため注意しましょう。

留守番電話・電話転送に対応していない

povo2.0は留守番電話、割込通話、三者通話、迷惑電話撃退サービス、着信転送に対応していません。

電話に出られなかったときに留守番電話がないと困る方や着信転送を使いたい方は別の格安SIMを検討しましょう。

支払い方法がクレジットカードのみ

povo2.0は支払い方法がクレジットカードのみです。

クレジットカードを持っていない方は契約できないため、事前にクレジットカードを準備して申し込みを行いましょう。

 

povo2.0の0円運用に関する注意点

povo2.0の0円運用に関する注意点

続いて、povo2.0の0円運用に関する注意点をいくつかご紹介していきます。

0円運用する際にとくに気をつけたいのは次の4つです。

eibon
eibon

通信費を抑えたい人にはかなり魅力のあるpovo2.0ですが、いくつか気をつけなければならないポイントも。契約後に後悔する可能性を少しでも減らすためにしっかりチェックしておきましょう。

それでは、解説していきます。

完全に0円で運用することはできない

まず0円運用に関してですが、povo2.0は完全に0円で運用することはできません。

すでに述べているように、サービスを継続利用したい場合、180日間に一度は課金する必要があるためです。

通話をしないといった工夫をしても、永遠に完全0円で利用することはできませんので注意してください。

eibon
eibon

ただ、半年に一度最安の330円をトッピングすれば継続利用できるのは大きな強み。6ヶ月で330円、つまり月額およそ55円で運用できると考えるとかなりお得です。

通信速度は128kbpsと低速になる

トッピングをしていない状態だとpovo2.0利用時の通信速度は最大128kbpsとかなり低速。

ブラウジングやSNS閲覧はかなり重たくなりますし、動画視聴やオンラインゲームなどは楽しめません。

トッピングなしの状態で各種コンテンツを楽しみたいと考えている人は注意しましょう。

eibon
eibon

128kbpsという遅さでもメールやLINEなどのテキスト系サービスは利用可能です。0円でpovo2.0を運用する場合、テキスト中心の利用になります。

店舗でのサポートはなく、オンラインのみ

povo2.0には店舗が存在せず、オンラインのみの提供となっています。

契約したい場合は公式サイトから自分で手続きを進めなければなりません。

eibon
eibon

店舗のないサブブランドや格安SIMはpovo2.0以外にも多くあります。理由はコストカットのためですね。

また、店舗で契約手続きができないだけでなく、対面でのサポートも利用不可です。

auやUQモバイルといったKDDIが提供するサービスの実店舗でも、povo2.0のサポート対応はしていません。

そのため、なにかトラブルがあった場合はオンラインサポートなどを使いながら、自分で解決する必要があります。

どうしても店舗でのサポートを受けたい人は、UQモバイルなど実店舗が存在するサブブランドや格安SIMがおすすめです。

LINEの年齢認証に対応していない

現在povo2.0はLINEの年齢認証に対応していません。

そのため、povo2.0ではLINE内の下記の機能が使えなくなってしまう可能性があります。

【使えない可能性のある主な機能】
・IDの設定
・IDの検索
・電話番号を使った友だち検索
・オープンチャットの一部機能

LINE内の上記の機能をよく利用する人は注意してください。

eibon
eibon

「povo2.0でもそのままID検索ができた」というユーザーもいますが、今後利用できなくなってしまう可能性が高いです。

povo2.0の0円運用を実現するための乗り換え方法

povo2.0の0円運用を実現するための乗り換え方法

続いて、0円運用を実現するために、ほかキャリアからpovo2.0に乗り換える方法を紹介していきます。

eibon
eibon

auからの乗り換え、またはそれ以外のサービスからの乗り換えで方法が異なります。契約を検討している人は事前に確認しておき、スムーズに乗り換えられるようにしておきましょう。

それでは、解説していきます。

auからpovo2.0に乗り換える方法

まずはauからpovo2.0に乗り換える方法を紹介していきます。

auからpovo2.0への乗り換え手続きに必要なものは下記の2点です。

【auからpovo2.0への乗り換えに必要なもの】
・クレジットカード
・利用端末

ここで注意したいのがeSIMを利用する場合です。

eSIMは対応している端末でないと利用できません。

非対応端末でeSIMを選択してしまうと、通信が行えませんので注意してください。

必要なものを用意したら、以下の手順で乗り換えられます。

【auからpovo2.0への乗り換え手順】
1.au ID認証を行う
2.povo2.0のアカウントを作る
3.povo2.0の申し込み手続きを進める
4.SIMカードの到着を待つ(物理SIMの場合)
5.SIM開通手続きを行う
eibon
eibon

auから乗り換える場合、MNP番号の取得は不要です。MNP番号を取得してしまうと、手続きができなくなってしまいますので注意してください。

au以外からpovo2.0に乗り換える方法

続いて、au以外からpovo2.0に乗り換える方法を紹介していきます。

au以外からpovo2.0に乗り換えたい場合は下記のものが必要です。

【au以外からpovo2.0への乗り換えに必要なもの】
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・クレジットカード
・利用端末

auからの乗り換えとは異なり、本人確認書類が必要です。

本人確認ができないとpovo2.0と契約できませんので、事前に用意しておきましょう。

必要なものを用意したら、以下の手順で乗り換えられます。

【au以外からpovo2.0への乗り換え手順】
1.乗り換え前のキャリアでMNP予約番号を取得する
2.povo2.0アプリをダウンロードする
3.本人確認を済ませる
4.必要事項を入力し、手続きを進める
5.SIMカードの到着を待つ(物理SIMの場合)
6.SIM開通手続きを行う
eibon
eibon

eSIMを選ぶと、SIMカードの到着を待たずに開通できます。eSIM対応端末を使っている人はぜひ利用してみてください。

povo2.0の0円運用以外のお得な使い方

povo2.0の0円運用以外のお得な使い方

続いて、0円運用以外のpovo2.0のお得な使い方を紹介します。

eibon
eibon

povo2.0はサービスの性質上、ほかのサブブランドや格安SIMよりもローリスクで導入可能です。また、トッピング方式を採用しているので、利用者のニーズに合ったさまざまな使い方ができますよ。

おすすめの運用方法は下記の3つです。

それぞれ、解説していきます。

かけ放題専用のスマートフォンとして利用する

0円運用以外におすすめなのが、かけ放題専用のスマートフォンとして利用することです。

povo2.0にはデータ通信トッピングだけでなく、かけ放題が使えるようになるトッピングが存在します。

用意されているかけ放題トッピングは次の2つです。

利用料金
5分以内かけ放題 月額550円
通話かけ放題 月額1,650円

2種類ありますが、おすすめはコスパのよい5分以内かけ放題です。

eibon
eibon

一般的に、サブブランドや格安SIMではプラン料金に加えてかけ放題オプション料を支払う必要があります。povo2.0は基本料0円なため、通話専用SIMとして利用するのにも最適です。

いざデータ通信が必要になった際には、あとでデータを追加するだけで大丈夫なので、

povo2.0は使い勝手に優れたサブブランドといえます。

いざというときのためのサブのデータ通信用で利用する

続いて、いざというときにデータ通信用で利用するという方法です。

povo2.0は好きなタイミングで自由にデータが追加できます。

さらに、データ量に対するコストもかなり安めです。

たとえば、mineoの場合はあとからデータを追加しようとすると100MBあたり55円の料金がかかります。

eibon
eibon

1GBあたりおよそ550円かかることに。

それに対して、povo2.0は1GB追加390円と、非常にコストパフォーマンスに優れています。

eibon
eibon

ほかのキャリアをメインSIMにして、データに困った際にサブSIMのpovo2.0を利用するという使い方がかなり快適。初期費用が0円なため、導入しやすい点もGoodです。

ポケット型Wi-Fiとして利用する

スマトク調査員
スマトク調査員

余っているスマートフォンがあるから、どうにか利用したいな。

こんな人におすすめなのが、povo2.0を利用したポケット型Wi-Fiとしての運用です。

povo2.0はキャリア回線を共有して、ほかのデバイスをネットに接続できるテザリング機能が利用できます。

追加料金はなく、トッピングさえ購入すれば高品質な回線が利用できるポケットWi-Fiになります。

余っているスマートフォンがある人はぜひ試してみてください。

eibon
eibon

また、通常のポケット型WiFiとは違い、利用したいときだけ課金すればよい点が最大の魅力です。毎日ではなく、たまにカフェで作業したい人にはぴったりな運用方法ですよ。

povo2.0の0円運用についてよくある質問

povo2.0の0円運用についてよくある質問

最後に、povo2.0の0円運用についてよくある質問についてまとめていきます。

下記5つの質問に回答します。

eibon
eibon

povo2.0を0円運用していくなかで、とくに気になる疑問についてまとめています。似たような悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、順番に回答していきます。

povo2.0は基本料金が0円ということは維持費も完全に0円?

eibon
eibon

いいえ。維持費を完全に0円で運用することができません。

理由はpovo2.0では180日間以上トッピングを購入しなかった場合、契約解除となる可能性があるためです。

継続して利用したいのであれば、半年に一度は課金する必要があります。

180日以上トッピング購入をしないとどうなる?

eibon
eibon

povo2.0を利用できなくなってしまう可能性があります。

基本料金0円のpovo2.0ですが、180日間以上追加課金していないと契約解除となる可能性があることを公式サイトで明記しています。

利用し続けたいと考えている人は、半年に一度は追加課金するようにしましょう。

povo2.0はeSIMに対応している?

eibon
eibon

povo2.0はeSIMに対応しています。

eSIMにすることで追加費用が発生してしまうことはありません。気兼ねなく利用可能です。

「カードの抜き差しの手間がなくなる」「すぐに開通できる」といったさまざまなメリットがありますので、対応端末を使っている人はぜひ利用してみてください。

povo2.0をサブの通信用として利用する場合は、SIMの差し替えが必要?

eibon
eibon

eSIMを使えば、SIMカードを差し替えることなく利用できます。

eSIMは、物理カードを利用せず、端末内に埋めこれまれているチップを利用して契約情報を確認します。

そのため、SIMカードを差し替えることなく2つ目の回線として利用できます。

また、物理SIMであったとしても、カードスロットを2つ搭載しているスマートフォンであれば、2つのSIMカードを使ったマルチキャリア運用が可能です。

かけ放題のみの利用はできる?

eibon
eibon

povo2.0ではかけ放題のみの利用が可能です。

2種類のかけ放題トッピングが用意されていますが、どちらも単体で利用できます。

基本料金0円というpovo2.0の特性を活かして、お得なかけ放題専用SIMとして運用するのもおすすめです。

まとめ:povo2.0を上手に使いこなしてスマートフォンをお得に利用しよう

まとめ

今回はpovo2.0の0円運用について解説してきました。

povo2.0は基本料金と初期費用が0円の魅力的なサービスです。

180日に一度は課金しなければならないため完全に0円で運用することはできませんが、かなり通信費を抑えられます。

メインとしての利用はもちろんのこと、その導入のしやすさからサブ用のSIMとしてもぴったりです。

ぜひ本記事を参考にしながら、povo2.0との契約を検討してみてください。