格安SIM

楽天モバイルのデメリット7選をご紹介!おすすめしない人や評判を徹底調査

  8
editor
ライター
最終更新日: 2024年02月15日

※本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

スマトク調査員
スマトク調査員
最近の楽天モバイルはデメリットばかり取り上げられているけど、実際はどうなのかな。
そんなに悪いのかな。
まさと
まさと

楽天モバイルを契約する前に、デメリットについて理解しておきましょう。

楽天モバイルは第4のキャリアとして2019年10月からサービスを開始しました。
当初は0円から利用できるなど話題になりました。

しかし、最近では楽天モバイルのデメリットを指摘する声が多く聞かれるようになりました。
この記事では、どのようななデメリットがあるのかということを解説します。

デメリットだけではなく、どんな人に楽天モバイルがおすすめか、ということも解説しています。
ぜひ最後までご覧ください。

【この記事から理解できること】

  • 楽天モバイルのデメリットについて
  • 楽天モバイルのメリットについて
  • 楽天モバイルと他社回線との比較
  • 楽天モバイルをおすすめする人、おすすめしない人の特徴
【モバイル回線】 楽天モバイル

BIC SIM

月額料金 ・1,078円(0GB〜3GB)
・2,178円(3GB超過〜20GB)
・3,278円(20GB超過後〜)
・850円(2GB)
・990円(5GB)
・1,500円(10GB)
・1,800円(15GB)
・2,000円(20GB)
キャンペーン情報 ・楽天モバイル紹介キャンペーン
・Rakuten最強プランに他社から乗り換えで6,000ポイント
・iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
・スマホトク得乗り換えキャンペーン
・iPhone新規購入&下取りで最大10,000ポイント還元キャンペーン
・楽天カードを同時にお申込みで最大14,000ポイント
・ビック光バリュースタートキャンペーン
・BIC SIMキャンペーン
・長期利用特典
・店頭限定キャンペーン
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★

 

  1. 楽天モバイルの基本情報をチェック!-特徴や料金プランを解説-
    1. アプリ利用で国内通話が無料!
    2. 楽天ポイントがザクザク貯まる!
    3. プランがシンプルで分かりやすい!
  2. 楽天モバイルのデメリット7選をチェック!
    1. 他キャリアと比較して速度が安定しない
    2. 1日10GB程度使うと速度制限
    3. 楽天回線を利用できるエリアが限られている
    4. Android端末の取り扱い数が少ない
    5. Rakuten Linkアプリの利用が必要
    6. スマホの対応機種が少ない
    7. 実店舗数が少ない
  3. 楽天モバイルはデメリットばかりではない-利用するうえでのメリット-
    1. データ容量によって月額料金が決まる従量制プランがある
    2. 1回15分までのかけ放題を利用することが可能
    3. 最新iPhoneシリーズも購入可能
    4. 契約時に利用できるキャンペーンが多い
  4. 楽天モバイルと他社回線の比較表-メリットデメリットの違いは?-
  5. 楽天モバイルをおすすめorおすすめしない人は?-評判や口コミから分析-
    1. 楽天モバイルをおすすめする人
    2. 楽天モバイルをおすすめしない人
  6. 楽天モバイルに関するよくある質問は?
    1. 楽天モバイルの48回払いのデメリットは?
    2. 楽天モバイル決済のデメリットは?
    3. 楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?
    4. 楽天モバイルの将来性は?
    5. 楽天モバイルの解約の縛りは?
    6. 新料金プラン「Rakuten 最強プラン」と「Rakuten UN-LIMIT VII」の違いは?
  7. まとめ:楽天モバイルは楽天経済圏ユーザー以外はデメリットになる可能性がある

楽天モバイルの基本情報をチェック!-特徴や料金プランを解説-

楽天モバイルの基本情報-特徴や料金プランを解説-楽天モバイルのデメリットや評判を確認する前に、料金プランなどの基本情報をご紹介します。

楽天モバイルは第4のキャリアとして2019年10月からサービスを開始し、当初は0円から利用できるなど話題になったキャリアです。

今回は3点に絞って楽天モバイルの特徴をご紹介します。

アプリ利用で国内通話が無料!

楽天モバイルはRakuten Linkというアプリを利用して通話すれば国内通話が無料でできます。

通常30秒につき22円かかる通話料がアプリを使うだけでデータを消費することなく無料で通話ができるため、追加で通話オプションに加入しなくても通話時間を気にせず連絡できます。

スマトク調査員
スマトク調査員

Rakuten Linkアプリを使わなければ30秒につき22円の通話料が発生するため注意しましょう。

 

楽天ポイントがザクザク貯まる!

Rakuten 最強プランを契約している方なら楽天市場でのお買い物で貯まるポイントが5倍になります。

外で買い物をする際も楽天カードで支払いをするとポイント2倍と楽天ポイントがザクザク貯まります!

また、楽天モバイルを紹介すると紹介する方に7,000ポイント、紹介された方に6,000ポイント還元される「楽天モバイル紹介キャンペーン」も実施しています。

プランがシンプルで分かりやすい!

楽天モバイルのプランはRakuten 最強プランの提供のみで複数のプランで悩む必要がなく、シンプルで分かりやすいのが特徴です。

Rakuten 最強プランは従量制プランで3GBまでなら月額1,078円、3~20GBは月額2,178円、20GB以上は月額3,278円とデータ利用量に応じて月額料金が変わります。

20GB超過後は料金が変わらず無制限で利用できるため、動画やゲームなどデータ利用量が多い方にもおすすめです。

楽天モバイルのデメリット7選をチェック!

楽天モバイルのデメリット7選

楽天モバイルのデメリットを7つ取り上げます。自分の利用方法がデメリットの対象になるかどうかチェックしましょう。

デメリットをしっかりと理解した上で、楽天モバイルを検討することは大切です。契約前に思わぬ落とし穴にはまることを防ぎましょう。

まさと
まさと

楽天モバイルのデメリットをチェックしましょう。

他キャリアと比較して速度が安定しない

楽天モバイルは、他キャリアと比較すると通信速度が安定しないといわれています。

理由は、他キャリアに比べて基地局の整備が遅れているためです。
楽天モバイルは自社のエリアを使って通信していますが、まだまだ通信品質が悪いためauパートナーエリアを利用しています。

他社の電波を借りて通信しているため、結果として速度が安定しにくくなっています。

まさと
まさと

楽天モバイルは3大キャリアの後発組です。まだユーザー数に対して基地局が追いついていないのが現状ですね。

1日10GB程度使うと速度制限

楽天モバイルが提供している「Rakuten最強プラン」は使ったデータ量に応じて料金が変動する料金プランで、20GB以上は無制限で利用できます。

無制限ではあるものの、楽天モバイルの公式サイトでは通信制限を実施するケースを記載しています。

データ無制限は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。

※楽天モバイル料金プランより引用

口コミなどを見ると1日10GB程度利用すると制限がかかるという報告があります。
ただし、10GBはYouTubeを15時間視聴できるほどの比較的十分なデータ容量です。

まさと
まさと

モバイル通信には限界があるため、無制限とはいっても使いすぎには注意が必要ですね。

楽天回線を利用できるエリアが限られている

楽天モバイルは、2019年10月からサービスを開始した新しいキャリアです。そのため楽天モバイルの回線はまだエリアが広くありません。

そのため、パートナーエリアとしてau回線を利用し電波のつながりの悪さをカバーしています。

2023年12月現在、楽天回線エリアカバー率は98%を超えています。
日々基地局を増やしており、少しずつauパートナーエリアを減らしています。
エリアは公式Webサイトからチェックでいるため、契約する前に確認しましょう。

まさと
まさと

大手キャリアに比べれば回線が小規模です。しかし少しずつエリアが拡大しています。

Android端末の取り扱い数が少ない

楽天モバイルは、最新の端末を揃えていますが、Android端末の取り扱い数が少ないです。

2023年12月現在、Android端末のラインナップは「12機種」です。
人気のAQUOSシリーズ、Galaxyシリーズ、Xperiaシリーズ、OPPOシリーズ、Redmiシリーズの取り扱いがあります。

まさと
まさと

大手キャリアに比べるとラインナップの少なさが目立ちますね。

Rakuten Linkアプリの利用が必要

楽天モバイルの通話はRakuten Linkアプリを使うと無料です。
スマホ標準の通話アプリから発信してしまうと有料になるため、注意が必要です。

標準の通話アプリからの発信は、30秒あたり22円(税込)です。
よくある例として、着信履歴をタップして発信すると標準アプリ経由になってしまい、通話料が発生してしまいます。
通話料無料はRakuten Linkアプリ経由のみです。
まさと
まさと

気をつけて利用しないと、思わぬ電話料金が発生する恐れがありますね。

スマホの対応機種が少ない

他社で購入したスマホは、楽天モバイルで利用できない場合が多いです。
動作確認した端末以外はSIMを差し込んでも利用できない可能性があります。

他社にて購入した製品※を、楽天モバイル(楽天回線)でご利用いただく場合の対応製品一覧です。
製品名をタップし、楽天回線の対応状況の詳細をご確認ください。楽天モバイル公式Webサイトより

公式Webサイトから自分の端末が利用できるか事前にチェックできます。
スマホのバージョンなどにより動作が異なるため、事前に確認しておきましょう。

まさと
まさと

楽天モバイル対応のスマホ機種は少ないです。とくに、Android端末は利用できる電波が限定されるので気をつけましょう。

実店舗数が少ない

楽天モバイルは実店舗が他社に比べると少ないです。
他キャリアの店舗数は2023年12月現在、全国で2,000店舗に対し、楽天モバイルは1,000店舗です。

最近は店舗数を増やしているようですが、他キャリアに比べるとまだ少ない状況です。

オンラインだけでなく、店頭で契約したい人や、直接サポートを受けたい人は注意しましょう。

まさと
まさと

都市部では比較的店舗があるものの、地方には少ない印象ですね。わざわざ遠出するのは大変です。サポートを受けたい人は注意しましょう。

楽天モバイルはデメリットばかりではない-利用するうえでのメリット-

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのデメリットだけでなく、メリットにも注目してみましょう。ここでは4つのメリットを取り上げます。

メリット部分が自分の利用スタイルに合っているか確認してみましょう。

まさと
まさと

楽天モバイルが自分に合っているかもしれませんね。

データ容量によって月額料金が決まる従量制プランがある

楽天モバイルのプランはシンプルです。利用したデータ容量に合わせて月額料金が決まる、従量制プランのみです。

3GBまで「1,078円」
20GBまで「2,178円」
20GB以上「3,278円」で実質無制限
利用するデータ量に合わせて月額料金が変動します。
またあまり使わない月は安いですし、たくさん利用しても3,278円以上にはなりません。
まさと
まさと

利用データ量に合わせて月額料金が変動します。無駄のないシステムが評判ですね。

1回15分までのかけ放題を利用することが可能

楽天モバイルは、Rakuten Linkアプリを利用すると無料で通話が可能です。標準アプリでの通話オプションも提供されています。1回15分までのかけ放題は、1,100円のオプションサービスで提供されています。

Rakuten Linkアプリを利用したくない人や、通話品質に不安がある人はかけ放題サービスに加入するのがおすすめです。

まさと
まさと

1回15分のかけ放題は、他社と比べると時間が長いことが特徴ですね。Rakuten Linkアプリでは音質に不安があるという人におすすめです。

最新iPhoneシリーズも購入可能

楽天モバイルでは最新のiPhone15シリーズを購入できます。

他キャリアと同様に、最新のiPhone15シリーズを分割購入できます。
費用負担軽減にもつながるキャンペーンがあり、お得に契約することができます。
まさと
まさと

最新のiPhoneを他キャリアと同じように購入できるメリットがあります。動作確認もバッチリですね。

契約時に利用できるキャンペーンが多い

楽天モバイルでは契約時に利用できるキャンペーンが豊富に準備されています。

  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • Rakuten最強プランに他社から乗り換えで6,000ポイント
  • iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • iPhone新規購入&下取りで最大10,000ポイント還元キャンペーン
  • 楽天カードを同時にお申込みで最大14,000ポイント
※2023年12月現在のキャンペーン
楽天ポイントで還元されるものの、お得に契約できるキャンペーンが多いです。
とくに、iPhoneシリーズの販売に力を入れており、お得に利用できます。
まさと
まさと

楽天モバイルでは契約時にお得に利用できるキャンペーンが多くあります。お友達紹介制度を利用すると、さらに還元率がアップします。

楽天モバイルと他社回線の比較表-メリットデメリットの違いは?-

楽天モバイルと他社回線の比較

楽天モバイルと他社回線と比較してみましょう。

自分の利用スタイルに合っているプランがあるかどうかチェックできます。

【モバイル回線】 楽天モバイル

BIC SIM

HISモバイル LinksMate
linksmate
実質料金 ・1,078円(0GB〜3GB)
・2,178円(3GB超過〜20GB)
・3,278円(20GB超過後〜)
・850円(2GB)
・990円(5GB)
・1,500円(10GB)
・1,800円(15GB)
・2,000円(20GB)
・550円(1GB)
・770円(3GB)
・990円(7GB)
・2,190円(20GB)
・5,990円(50GB)
・517円(100MB)
・737円(1GB)
・902円(3GB)
・1,463円(7GB)
・1,870円(10GB)
・2,970円(20GB)
・3,905円(30GB)
・4,840円(40GB)
・5,500円(50GB)
通信速度 平均ダウンロード速度: 57.13Mbps
平均アップロード速度: 26.64Mbps
平均ダウンロード速度: 42.3Mbps
平均アップロード速度: 7.63Mbps
平均ダウンロード速度: 31.44Mbps
平均アップロード速度: 9.03Mbps
平均ダウンロード速度: 81.1Mbps
平均アップロード速度: 11.31Mbps
使用可能データ量 3GB~無制限 2GB~20GB 1GB~50GB 1MB~50GB
契約事務手数料 0円 3,300円 3,300円 3,300円
キャンペーン情報 ・iPhoneトク得乗り換えキャンペーン
・スマホトク得乗り換えキャンペーン
・楽天カードを同時にお申込みで最大14,000ポイント
・】15分(標準)通話かけ放題 料金1カ月無料特典
・15分(標準)通話かけ放題 料金1カ月無料特典
・ビック光バリュースタートキャンペーン
・BIC SIMキャンペーン
・長期利用特典
・店頭限定キャンペーン
・人気のオンラインツアー30日間見放題トライアル!
・光回線同時ご契約で半年分の携帯大0円!
・【最大23,250円キャッシュバック】7年目記念キャンペーン
・海外Wi-Fiレンタルいつでも20%OFF
LinksMate新生活応援キャンペーン!
・OPPO端末購入キャンペーン
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
※通信速度はみんなのネット速度より引用
※すべて税込価格
楽天モバイルのキャンペーンが多いのがわかりますね。

楽天モバイルをおすすめorおすすめしない人は?-評判や口コミから分析-

楽天モバイルをおすすめな人・おすすめしない人

楽天モバイルのメリット、デメリットをふまえて、おすすめする人とおすすめできない人の特徴をまとめています。

きちんと理解したうえで検討するのは重要なポイントです。契約後に後悔しないためにチェックしておきましょう。

まさと
まさと

自分が楽天モバイル契約に合っているかどうか調べましょう。

【楽天モバイルをおすすめする人、おすすめできない人】
楽天モバイルをおすすめする人
楽天モバイルをおすすめしない人

楽天モバイルをおすすめする人

楽天モバイルをおすすめする人の特徴です。

楽天モバイルはデータ通信量に応じて月額料金が変動するプランを提供しています。
プランを都度変更しなくてよいため、手間をかけずに運用を楽にすることができる回線です。

1日10GB未満程度でデータ通信を無制限で使いたい人

楽天モバイルでは、1日10GB程度利用すると速度制限がかかるという報告があります。
データ利用量が1日10GB未満で、データ通信無制限で利用したい人には楽天モバイルとの契約がおすすめです。

まさと
まさと

相当なヘビーユーザーでない限り、楽天モバイルはおすすめできます。

国内通話の利用が多い人

楽天モバイルはRakuten Linkアプリ経由で発信すると通話料無料です。
国内通話利用が多い人は楽天モバイルがおすすめです。

他社のかけ放題サービスを利用するとオプション料金が発生します。
しかし、楽天モバイルなら毎月の月額料金に含まれているため、Rakuten Linkアプリを使えば無料になります。

まさと
まさと

楽天モバイルの国内通話無料は大きな魅力ですね。Rakuten Linkアプリを利用する必要がありますが、オプション料金が発生しないメリットは大きいですね。

iPhoneなどのスマホをとにかく安く買いたい人

iPhoneやAndroid端末を安く購入したい人におすすめです。

特に、iPhone15シリーズは楽天モバイルを初めて利用する人向けのキャンペーンを実施しているため、
大手キャリアで購入するよりも安く購入できます。

まさと
まさと

スマホを安く購入したい人には楽天モバイルがおすすめです。ポイント付与を考えると実質最安値になります。

楽天経済圏を利用している人

普段から楽天経済圏を利用している人には、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルを契約するだけで、楽天市場のポイントが2倍~3倍にアップします。

普段から楽天経済圏で利用しているなら、楽天モバイルを契約して利用するだけでポイントを効率よく貯めることができます。

まさと
まさと

楽天市場など、楽天経済圏で生活しているならポイントを貯めるのは必須ですね。

サブ回線として利用したい人

楽天モバイルをサブ回線として利用したい人にもおすすめです。

楽天モバイルは通話料無料で利用できるため、サブ回線の通話専用端末として利用可能です。
すなわち、データ通信無制限の特徴を活かして、サブデータ通信として利用できます。

iPhone11以降なら2種類の回線を同時利用できます。通話とデータをそれぞれ設定できるため、
楽天モバイルはサブ回線にするのにうってつけです。

まさと
まさと

楽天回線に不安があるなら、サブ回線から利用してみる方法もあります。データ通信や音声通話専用として使い勝手がとても良いです。

楽天モバイルをおすすめしない人

楽天モバイルをおすすめしない人の特徴をまとめています。

通信品質にこだわる人や普段から楽天経済圏で生活していない人にはおすすめできません。
理由をチェックしてみましょう。

安定した通信品質で利用したい人

楽天モバイルは自社回線とauパートナー回線を利用できます。しかし、自社エリアは他キャリアに比べるとエリア範囲が狭いのが現状です。

そのため、通信圏内にいても、パケットづまりを起こしてしまいデータ通信ができない場合があります。ブラウザが開かない、また決済画面が開かず支払いできないなどの恐れがあります。

まさと
まさと

楽天モバイルも基地局を増やして対応していますが、他キャリアに比べるとまだ数が少なく、電波の品質がよくありません。ストレスになる恐れがあるため注意しましょう。

楽天経済圏をあまり利用していない人

楽天モバイルを契約すると楽天市場のポイントアップが期待できますが、楽天経済圏で生活していない人にはメリットがありません。

普段の買い物で楽天市場を利用しない人にとっては、ポイントがたくさん溜まっても利用する方法がない場合もあります。

ポイントを利用しないまま有効期限切れになってしまう事態も考えられます。

まさと
まさと

普段から楽天経済圏で生活していない人には、楽天モバイルを契約するメリットがありませんね。

アプリを開くのが面倒な人

楽天モバイルの通話料無料はRakuten Linkアプリを開いて発信する場合に限ります。
そのため、都度アプリを開いて通話をしたくない人にはおすすめできません。

着信履歴から電話番号をコピペして、Rakuten Linkアプリで貼り付けて発信するといった手間がかかります。

一日に何度もアプリを開く作業をするのが面倒だと感じる場合、楽天モバイルは避けましょう。

まさと
まさと

通話料無料は魅力的なサービスですが、アプリを都度開くのが面倒だと感じるなら契約はやめておきましょう。

とにかく通信料を安くしたい人

楽天モバイルは使った分だけ利用料を支払うシンプルなプランです。とにかく通信料を安くしたい人にはおすすめしていません。

たとえば、3GBまでなら1,078円で利用できますが、他社格安SIMのBIC SIMの場合、5GBまで990円です
とにかく通信料を安くしたいと考えている場合、他社格安SIMを検討してみましょう。

まさと
まさと

楽天モバイルは他キャリアに比べて通信料は安いですが、より安くしたい場合は他社を検討してみましょう。

楽天モバイルに関するよくある質問は?

楽天モバイルのよくある質問

楽天モバイルのよくある質問についてまとめています。

目をとおしておくとスムーズに契約できるでしょう。
是非最後までご覧ください。

楽天モバイルの48回払いのデメリットは?

楽天モバイルはアップグレードプログラムと呼ばれる48回払いの仕組みがあります。
2年後に端末を返却するか、再度分割払いにするかを考える必要があります。

端末を返却した場合は残りの24回分の支払いは免除されますが、別の端末購入が必要です。
査定時に故障があると別途費用がかかったり、事務手数料3,300円が必要となるためデメリットです。

まさと
まさと

月々の支払い金額は安くなりますが、端末の返却が必要になる場合があります。端末を丁寧に使用する必要がありますね。

楽天モバイル決済のデメリットは?

楽天モバイル決済のデメリットとして、利用できる範囲が非常に狭いです。
2023年12月現在利用できるサービスは「Google Play」のみです。

iPhoneやiPad内のApp Storeでは利用できません。
支払い方法がクレジットカード払いのみもデメリットです。

まさと
まさと

楽天モバイル決済は利用先がかなり限定されています。

楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?

楽天モバイルの電波が悪いのは、他の大手キャリアが持つプラチナバンドを取得できていないためです。

プラチナバンドとは、日本国内で電波が届きやすい周波数帯のことを指します。
このプラチナバンドという周波数は、遮蔽物や障害物に強く回り込みやすい特徴があります。
現在は他の大手キャリアのみが取得し提供しています。
楽天モバイルは後発組であり、大手キャリアのようにつながりやすい電波を持っていません。
そのため基地局数を増やしても、電波の入りが悪くなりやすい傾向にあります。
今後プラチナバンドが割り当てられた場合には、電波が改善される可能性はあります。
まさと
まさと

楽天モバイルの基地局が少ないわけではありませんが、後発組のためつながりやすい電波を持っていません。そのため地下など電波が悪い場所があります。

楽天モバイルの将来性は?

楽天モバイルは第4のキャリアとして登場して、通信料金を下げることに成功しています。
今後もさまざまなサービスを提供してくれる可能性が高いです。

電波が悪い点、端末が少ないなどの課題がありますが、将来的にはつながりやすく、利用しやすい料金プランになっていくと予想されます。

まさと
まさと

将来的にプラチナバンドを取得できれば、電波がつながりやすくなる可能性がありますね。

楽天モバイルの解約の縛りは?

楽天モバイルは解約の縛りがありません。すべて無料で利用できます。
事務手数料、MNP転出手数料、違約金もありません。

縛りの期間もないため、契約後に不満があればすぐに他社へ乗り換えることが可能です。

まさと
まさと

楽天モバイルは非常に使い勝手の良い回線といえるでしょう。初期費用がほとんどかからないためです。

新料金プラン「Rakuten 最強プラン」と「Rakuten UN-LIMIT VII」の違いは?

「Rakuten 最強プラン」と「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は高速データ通信可能なデータ容量が異なります。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は楽天回線のみデータ容量無制限でパートナー回線(国内)は月に5GBまでしか高速データ通信が利用できませんでした。

一方で、新料金プラン「Rakuten 最強プラン」は楽天回線でもパートナー回線(国内)でも高速データ通信が無制限で使えます。

 

まとめ:楽天モバイルは楽天経済圏ユーザー以外はデメリットになる可能性がある

まとめ

・楽天経済圏以外ではポイントを貯めにくく使いにくい
・楽天モバイルのエリアが狭く通信品質が悪い
・取り扱っている機種が少ない
今回は、楽天モバイルについて上記のようなデメリットを取り上げましたが同時にメリットも存在します。楽天モバイルは使った分だけ利用するわかりやすいシンプルな料金プランがあり、また楽天経済圏ではポイントが溜まりやすい仕組みが採用されています。
自分が利用しているサービスと楽天モバイルを合わせれば、よりお得になる可能性もあります。
メリット・デメリットと自分の利用スタイルを照らし合わせて。楽天モバイルとの契約を検討してみるのはいかがでしょうか?