格安SIM

auから楽天モバイルへの最速乗り換え手順-メリット9個とデメリット5個-

  9
editor
ライター
最終更新日: 2023年09月26日

※本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

スマトク調査員
スマトク調査員

auから楽天モバイルへの乗り換えを考えているけど、どうすればいいんだろう?

しーく
しーく

乗り換え手順、乗り換えのメリット・デメリットについて徹底解説します!

auを利用していて、乗り換え先を探している人は多いです。乗り換え先は数多くありますが、その中で楽天モバイルを検討している人もいるのではないでしょうか。

 

auから楽天モバイルへ乗り換えるなら、乗り換え手順を知っておく必要があります。あらかじめ手順を知っておけば、スムーズな乗り換え手続きが可能です。

 

この記事ではauから楽天モバイルへの最速乗り換え手順や、乗り換えるメリット・デメリットをまとめました。

 

ぜひ参考にして、auから楽天モバイルへ乗り換えるか判断してください。

 

\当サイトおすすめの格安SIM・サブブランド3選/

サービス名 楽天モバイル楽天モバイル BIC SIMビックシム mineomineo
月額料金 ~3GB:1,078円

3~20GB:2,178円

20GB~:3,278円

2GB:850円

5GB:990円

10GB:1,500円

15GB:1,800円

20GB:2,000円

※音声通話機能付きSIMの場合

1GB:1,298円

5GB:1,518円

10GB:1,958円

20GB:2,178円

※音声通話機能付きSIMの場合

キャンペーン情報

(一部抜粋)

・iPhoneトク乗り換えキャンペーン
・ギガプレキャンペーン
・Androidガンガンキャンペーン
・Android製品購入&下取りで最大5,000ポイント還元!キャンペーン
・2023年ビック光スタートキャンペーン
・BIC SIMキャンペーン
・夜間フリー割引キャンペーン
・Hulu 最大12カ月間毎月220円割引キャンペーン
・かけ放題初月無料
おすすめ度 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆

※当サイト掲載の価格はすべて税込みです。

【楽天モバイルへの乗り換えを検討しているauユーザーの方へ】
楽天モバイルは、データ無制限プランを提供している携帯キャリアです。
また、楽天モバイルの利用で楽天ポイントを貯めることができ、そのポイントを支払いに利用できます。特に楽天経済圏への加入を検討されている方におすすめです。
さらに、国内通話料も無料というサービスを提供しています。
ぜひ楽天モバイルとの契約を検討してみてください。
詳しくは、楽天モバイルの公式サイトをご覧ください。
【関連記事】
  1. auから楽天モバイルへの乗り換え6STEP -最短で変更できる手順は?-
    1. STEP1:MNP予約番号を取得
    2. STEP2:SIMロックを確認
    3. STEP3:必要書類を準備
    4. STEP4:楽天モバイルへの申し込み
    5. STEP5:開通手続き・回線切り替え手続き
    6. STEP6:APN設定・利用開始
  2. auから楽天モバイルに乗り換えるとお得になる?-他社格安SIM・サブブランドとの比較表-
  3. auから楽天モバイルに乗り換える9個のメリット-おすすめポイントは何?-
    1. 月額料金が安くなる
    2. 楽天ポイントが貯まる・支払いに利用できる
    3. データ制限が無くなる
    4. SIM入れ替えのみで乗り換えできる可能性がある
    5. Rakuten Linkで通話し放題
    6. プランがシンプルでわかりやすくなる
    7. デビットカードでの支払いが可能
    8. 店舗で直接問い合わせ・端末購入ができる
    9. 楽天キャンペーンを利用可能
  4. auから楽天モバイルに乗り換える際の5つのデメリット-イマイチなポイントは?-
    1. 地下や建物内などはつながりにくい
    2. キャリアメールが有料になる
    3. 端末の分割購入の残金は残る
    4. APN設定が必要
    5. Rakuten Linkに対応していない端末がある
  5. auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめorおすすめじゃない人
    1. auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめな人
    2. auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめじゃない人
  6. auから楽天モバイルへ乗り換える最適な4つのタイミング
    1. スマートフォン料金を見直したいと思ったとき
    2. 端末の残債を完済したとき
    3. 機種のスペックに不満を感じたとき
    4. 利用したいキャンペーンを実施しているとき
  7. auから楽天モバイルに乗り換えることに関するよくある質問は?
    1. 楽天モバイルはどこの会社が運営している?
    2. 楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?
    3. 楽天モバイルは通話無料ですか?
    4. 楽天モバイルに移行する前にすることは?
  8. まとめ:月額料金を見直したい場合はauから楽天モバイルの移行を検討してみよう

auから楽天モバイルへの乗り換え6STEP -最短で変更できる手順は?-

 

au→楽天モバイル 乗り換え手順

auから楽天モバイルへ乗り換える際は、以下6つの手順を踏む必要があります。

  • しーく
    しーく

    乗り換える際の手順を知っておけば、手続きが滞ってしまったり契約がうまくいかなかったりすることを防げます

STEP1:MNP予約番号を取得

まずはau側でMNP予約番号の取得を進めましょう。取得についてはWeb・電話・店舗のいずれかで手続きできます。

 

Webから取得する場合は「My au」から手続きをしましょう24時間受付しているため、仕事終わりや夜中など、自分のライフスタイルに合わせられます。

 

電話の場合は、9:00~20:00の間にサポートセンターへの問い合わせが必要です。電話する際は、契約者本人が手続きしたいスマートフォンからかけるとスムーズに手続きできます。

 

店舗の場合は、営業時間内に足を運べば問題ありません。あらかじめ行く日程が決められるのであれば、来店予約を活用しましょう。

しーく
しーく

なお、手続きが20:00以降になった場合は、翌日の9:00以降に予約番号が発行されるので注意してください。

STEP2:SIMロックを確認

auで購入・利用している端末を楽天モバイルでそのまま使う場合は、SIMロックの状況を確認しておきましょう。SIMロック解除が済んでいないと、auで購入した端末を利用できません。

 

SIMロックの状況はAndroid・iPhoneともに端末設定から確認できます。iPhoneは「設定→一般→情報」を、Androidは「設定→デバイス情報→SIMカードステータス」を確認しましょう。

 

もしSIMロックがかかっているなら、解除の手続きが必要です。基本的には、Webから手続きするのがスムーズで簡単な方法です。

しーく
しーく

店舗でもSIMロック解除はできますが、手数料がかかる点に注意してください。

STEP3:必要書類を準備

MNP予約番号の発行やSIMロックの状況を確認できたら、auから楽天モバイルに乗り換えるための必要書類を準備しましょう。

  • 本人確認書類
  • 支払い設定に使うキャッシュカード・クレジットカード
  • 楽天ID・パスワード

本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードであれば1点の準備だけで問題ありません。対して、健康保険証やパスポートを利用する場合は補助書類が必要です。

 

補助書類は、3か月以内に発行された住民票や公共料金の請求書が有効です。

しーく
しーく

外国籍の人が契約する場合は、在留カードや特別永住者証明書も本人確認書類として使えます。

STEP4:楽天モバイルへの申し込み

楽天モバイルの契約に必要なものが揃ったら、申し込み手続きを進めましょう。申し込み手続きは、楽天モバイルの公式ホームページから進められます。

 

申し込みに関して、特別難しい手順はありません。基本的には、画面の表示内容・指示に従って進めれば手続き完了です。

 

すべて入力し終わったら、申込内容に誤りがないかを確認しましょう。問題なければ手続きを完了させ、次の手順に移ります。

しーく
しーく

この段階で本人確認書類やMNP予約番号などの書類が必要です。

STEP5:開通手続き・回線切り替え手続き

楽天モバイルの手続きが完了すると物理SIMの場合は数日でSIMカードが送られてきます。送付物の中には開通手続きに関する説明書もあるため、確認しながら開通を進めましょう。

 

また、回線切り替えも完了させる必要があります。9:00~21:00に手続きすれば当日中、それ以外の時間に手続きすると翌日9:00以降に開通します。

 

開通手続き・回線切り替え手続きが完了すると、元のau回線は使えなくなり、楽天モバイルでの通信が可能です。

しーく
しーく

21:00直前に手続きすると、翌日開通分に回されることもあります。

STEP6:APN設定・利用開始

楽天モバイルの開通手続きが完了したら、端末側のAPN設定を行いましょう。APN設定はAndroidとiPhone、OSのバージョンなどによって若干操作が異なります。

 

大まかな流れは変わりませんが、具体的な手順については機種ごとに確認してみてください。

 

APN設定が終わったら、楽天モバイルで通信・通話ができるかを確認しましょう。問題なければ、auから楽天モバイルへの乗り換え手続きは完了です。

しーく
しーく

開通がうまくいかない場合は、どこかで間違えている可能性があります。再度同封された説明書を確認しましょう。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルに乗り換えるとお得になる?-他社格安SIM・サブブランドとの比較表-

au→楽天モバイル お得

auから楽天モバイルへ乗り換えるのはあくまでも一つの選択肢です。楽天モバイルが合うかは人それぞれ異なり、自分に合った格安SIM・サブブランドを見つけることが必要です。

サービス名 auau 楽天モバイル楽天モバイル BIC SIMビックシム UQ mobileUQ mobile mineomineo
実質料金 スマートフォンミニプラン5G/4G

~1GB:3,465円

~2GB:4,565円

~3GB:5,665円

~4GB:6,215円

使い放題MAX 5G/4G:7,238円

~3GB:1,078円

3~20GB:2,178円

20GB~:3,278円

2GB:850円

5GB:990円

10GB:1,500円

15GB:1,800円

20GB:2,000円

※音声通話機能付きSIMの場合

くりこしプランS+5G:1,628円

くりこしプランM+5G:2,728円

くりこしプランL+5G:3,828円

1GB:1,298円

5GB:1,518円

10GB:1,958円

20GB:2,178円

※音声通話機能付きSIMの場合

通信速度 Ping値:約50ms

ダウンロード速度:約75Mbps

アップロード速度:約

13Mbps

Ping値:約51ms

ダウンロード速度:約56Mbps

アップロード速度:約27Mbps

Ping値:約74ms

ダウンロード速度:約32Mbps

アップロード速度:約5Mbps

Ping値:約50ms

ダウンロード速度:約76Mbps

アップロード速度:約13Mbps

Ping値:約68ms

ダウンロード速度:約43Mbps

アップロード速度:約10Mbps

契約事務手数料 3,300円 0円 3,300円 3,300円 3,300円
キャンペーン情報

(一部抜粋)

・au Online Shop SIM乗りかえ特典

・au Online Shop スペシャルセール

・スマホスタート1年割プラス(U22)

・iPhoneトク乗り換えキャンペーン

・ギガプレキャンペーン

・Androidガンガンキャンペーン

・2023年ビック光スタートキャンペーン

・BIC SIMキャンペーン

・UQ mobile オンラインショップ限定 au PAY 残高還元

・3Gとりかえ割

・夜間フリー割引キャンペーン

・かけ放題初月無料

おすすめ度 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

比較表を見てもわかる通り、auは大手キャリアらしいプランを提供しています。無制限プランを主として、使用量に応じた料金プランがあるのが特徴です。

 

その分料金は高いため、通信費を安くしたい人にはおすすめしません。

 

対して楽天モバイルは、楽天回線エリア内なら無制限で利用できます。また、使用した分に応じて毎月の料金が決まるのも特徴です。

しーく
しーく

大手キャリアと格安SIM・サブブランドの良いとこどりをしているのが、楽天モバイルを利用するメリットです。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルに乗り換える9個のメリット-おすすめポイントは何?-

au→楽天モバイル メリット

auから楽天モバイルへの乗り換えを検討しているなら、以下9つのメリットを知っておきましょう。

しーく
しーく

メリットを知っておけば、楽天モバイルが自分に合うかどうかも判断できます。

月額料金が安くなる

auから楽天モバイルに乗り換えると、基本的に月額料金が安くなります。同じ無制限プランで比較してみると、約4,000円の節約につながるのは魅力です。

 

ただし、上記はあくまでも家族割やスマートフォンセット割を利用していない場合の差額となります。自宅でauひかりを使っていたり、家族でまとめたりしている場合はそこまで差額が生まれません。

 

また自分一人だけ乗り換えると家族の料金が高くなる恐れもあります。そのため、auから楽天モバイルに乗り換える際は、全員で乗り換える・家族に事前に連絡しておくなどの対策も考えましょう。

しーく
しーく

毎月の通信費を節約したいなら、楽天モバイルへの乗り換えは一つの選択肢です

楽天ポイントが貯まる・支払いに利用できる

楽天モバイルは、楽天経済圏に含まれるサービスです。そのため、楽天が提供するサービスで使える楽天ポイントが貯まるのは大きな魅力です。

 

貯まった楽天ポイントは支払いにも充当できるため、実質通信費の節約につながるのも特徴です。

 

また、ポイントの還元率は110円につき1ポイントです。毎月最低でも20ポイント近く貯まるのは、楽天モバイルのメリットといえます。

しーく
しーく

楽天ポイントの使い道に困っている・楽天ポイントを効率よく貯めたいなどと考えているなら、楽天モバイルがおすすめです。

データ制限が無くなる

楽天モバイルでは、データ通信の制限を設けていません。そのため、インターネットメインでスマートフォンを利用している人におすすめです。

 

auでも無制限プランは提供されていますが、楽天モバイルは使用分に応じて料金が変動します。料金が固定されないのは、楽天モバイルの強みです。

 

ただし、楽天モバイルのインターネットを無制限で利用できるのは「楽天回線エリア内での通信」に限られます。パートナー回線エリアの場合は、毎月5GBの上限が設けられているため注意しましょう。

しーく
しーく

仮にパートナー回線エリアで上限に達すると、速度制限にかかってしまいます。

SIM入れ替えのみで乗り換えできる可能性がある

本来、MNPで手続きする場合はSIMロック解除が必要です。しかし、auから楽天モバイルに乗り換える場合は、SIM入れ替えのみで手続きが完了する場合があります。

 

SIM入れ替えのみで乗り換えできるのは、楽天モバイルの動作保証が確認されている端末を利用している場合です。

 

ただし、必ずSIM入れ替えのみで乗り換えできるとは限りません。一部機種は、SIMロック解除が必須なことも覚えておきましょう。

しーく
しーく

不安であれば、事前にSIMロック解除しておけば間違いありません。

Rakuten Linkで通話し放題

楽天モバイルでは、大手キャリアや他社にあるようなかけ放題が提供されていません。しかし、専用通話アプリ「Rakuten Link」を使用すると、通話料金が0円です。

 

もちろん、Rakuten Linkを使用するのに追加料金はかかりません。また、利用上限も設けられていないため、かけ放題と同じです。

 

Rakuten Linkを起動する手間はありますが、通話メインの利用を考えている人にもおすすめです。

しーく
しーく

通話品質に関しても、特別問題はありません。

プランがシンプルでわかりやすくなる

楽天モバイルの料金プランはシンプルで、1つしか提供されていません。そのため、プランに悩むことがなくなります。

 

1つしかないといっても、料金が高くなりすぎることもありません。楽天モバイルのプランは、毎月の使用データ量に応じて金額が確定します。

 

たとえば、普段あまりデータを使わない人は速度制限にかかる心配がありません。対して、インターネットをメインで使う人はどれだけ使っても上限を超えないのがメリットです。

しーく
しーく

楽天モバイルなら、勝手に自分の使い方に合った料金プランを提供してくれます。

デビットカードでの支払いが可能

格安SIM・サブブランドは、基本的にクレジットカードでの支払いとなります。そのため、クレジットカードを持っていない人はそもそも選択肢が限られてしまうのがデメリットです。

 

しかし楽天モバイルなら、デビットカードでの支払いが可能です。クレジットカードを持っていなくても契約できるのはメリットと言えます。

 

また、口座振替や楽天ポイントでの支払いに対応しているのも特徴です。支払い方法の選択肢が多いため、誰でも契約しやすいキャリアといえます。

しーく
しーく

デビットカードの支払い対応を明確にしている格安SIM・サブブランドは、かなり少ないです。

店舗で直接問い合わせ・端末購入ができる

楽天モバイルは、実店舗を構えているキャリアです。対面でのサポートを受けられるため、直接問い合わせ・端末購入を希望する人におすすめできます。

 

大手キャリアほど数多くないものの、オンライン限定のサービスでない点はかなりのメリットです。特にauから乗り換える場合、実店舗の有無を優先する人は多いです。

 

もし店舗での問い合わせや購入を希望するなら、近くに楽天モバイルの実店舗があるかを確認しましょう。あらかじめ確認しておけば、実際に問い合わせる際もスムーズです。

しーく
しーく

楽天モバイルが国内に展開しているのは、約1,000店舗です。

楽天キャンペーンを利用可能

楽天モバイルは他社と比べるとキャンペーンの提供数が豊富です。そのため、キャンペーンを重視して契約先を探している人におすすめです。

 

端末割引やポイント還元など、キャンペーンの内容もさまざまです。契約する際は、自分に合ったキャンペーンが提供されているかをしっかり確認しましょう。

 

むしろ、キャンペーンを利用して契約しないとあまりお得になりません。

しーく
しーく

利用する際は、適用条件もしっかり確認してください。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルに乗り換える際の5つのデメリット-イマイチなポイントは?-

au→楽天モバイル デメリット

auから楽天モバイルに乗り換える際は、以下の5つのデメリットについて知っておきましょう。

しーく
しーく

デメリットを知らないと、実際に利用してから不便さを感じてしまいます。

地下や建物内などはつながりにくい

楽天モバイルは、auに比べるとつながりにくいです。特に地下や建物内などはつながりにくいため、自分の利用環境が該当しないかを確認しましょう。

 

また、地下や建物内以外にもつながりにくい場所は多いです。エリアだけで判断するのは難しいですが、念のためサービスマップはチェックしておきましょう。

しーく
しーく

少し街中から離れるだけでも、つながりにくくなってしまう場合があります。

キャリアメールが有料になる

auから楽天モバイルに乗り換えてキャリアメールをそのまま使う際、使用料を支払わなければなりません。月額330円が必要となり、年間で約4,000円の出費が増えます。

 

どうしてもキャリアメールを使いたい場合や、アドレスを変えたくない場合は仕方ありません。しかし、フリーメールで対応できるならキャリアメールを使わない選択肢もあります。

 

また、楽天モバイルでもキャリアメールを提供中です。「Rakuten Link」の機能として提供されているため、追加料金はかかりません。

しーく
しーく

メールアドレスを引き継ぐかは、しっかりと検討したうえで決めましょう。

端末の分割購入の残金は残る

auで端末を分割購入している場合は、端末の残金が残る点に注意しましょう。

 

購入方法によって残金が変わる点にも注意する必要があります。特に端末を返却する前提の契約は、内容が比較的複雑です。

 

まずは自分がどのように端末購入しているかチェックしましょう。そのうえで、乗り換えて問題ないかを判断することが大切です。

しーく
しーく

数万円単位の差額が生まれることもあるため、自分が損しないようにしましょう。

APN設定が必要

auから楽天モバイルに乗り換えた際は、APN設定が必要です。APN設定をしなければ、通話も通信も利用できません。

 

とはいえ、APN設定が必要になるのは楽天モバイルだけではないです。他の格安SIM・サブブランドでも、設定が必要なキャリアは多くあります。

 

手間はかかりますが、料金を節約するためには仕方ないことと割り切りましょう。

しーく
しーく

APN設定を面倒と感じるなら、そもそも格安SIM・サブブランドの利用は向きません。

Rakuten Linkに対応していない端末がある

楽天モバイルでは、通話が無料になる「Rakuten Link」が提供されています。かけ放題に追加料金がかからないのは魅力ですが、対応していない端末がある点には注意しましょう。

 

基本的に、楽天回線に対応していればRakuten Linkを利用できます。また、Android端末はAndroid 9以降、iPhoneはiOS 14以降が対応OSです。

 

Rakuten Linkを利用できないと、楽天モバイルの良さは半減します。必ず対応端末を確認して、契約後のトラブルにつながらないようにしましょう。

しーく
しーく

Rakuten Linkを利用する際は、専用アプリのダウンロードが必要です。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめorおすすめじゃない人

au→楽天モバイル おすすめする人しない人

auから楽天モバイルへの乗り換えは、おすすめできる人・そうでない人に分かれます。

しーく
しーく

それぞれどのような人が該当するのか、詳しくみていきましょう。

auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめな人

auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめな人は、以下の3つのポイントに該当する人です。

毎月の通信費を安くしたい人
かけ放題を無料で使いたい人
ゲームや動画でデータ量を多く消費する人

楽天モバイルは、auと比べて圧倒的に通信費が安いです。そのため、毎月の通信費を節約したい人におすすめです。

 

また、Rakuten Linkを利用すれば通話料金が無料になります。かけ放題のために費用が掛からないのも、楽天モバイルのメリットです。

 

スマートフォンでゲームや動画を楽しむ際も、データ量の心配はいりません。好きなだけインターネットを利用したいなら、楽天モバイルを契約してみましょう。

しーく
しーく

さまざまな人にメリットがある点は、楽天モバイルの強みです。

auから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめじゃない人

auから楽天モバイルへの乗り換えをおすすめしない人の特徴として、以下の2つがあげられます。

通信品質を優先している
サポート面を求めている

 

楽天モバイルは、auと比較するとどうしても通信品質が劣ります速度・安定性のどちらもauよりは悪くなるため、通信品質を優先する人にはおすすめできません。

 

また、サポート面もauに軍配が上がります。実店舗の数やサポートの充実度などは、大手キャリアには及びません。

 

格安SIM・サブブランドの中では比較的高評価であるものの、上記のデメリットがあることは理解しておきましょう。

しーく
しーく

上記いずれかに該当するなら、楽天モバイルを契約するか慎重に検討してください。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルへ乗り換える最適な4つのタイミング

au→楽タイミング天モバイル 乗り換え

auから楽天モバイルへ乗り換える最適なタイミングとして、以下の4つがあげられます。

  • しーく
    しーく

    あくまでも一例ですが、上記のタイミングで乗り換える人が多いです。

スマートフォン料金を見直したいと思ったとき

毎月かかるスマホ料金を見直したいと思ったときは、auから楽天モバイルへの乗り換えを検討してみましょう。

 

基本的に楽天モバイルの方が安くなり、場合によっては数千円単位の節約が可能です。ただし、auで利用している割引によっては、あまり差額が生まれない恐れもあります。

 

しーく
しーく

契約する前にいくら安くなるのか、au側の家族が高くならないかなどを確認しましょう。そうすれば、納得したうえで楽天モバイルを契約できます。

端末の残債を完済したとき

au側で端末を分割購入しているなら、残債を完済したタイミングで乗り換えを検討してみましょう。完済していれば、契約時に不便さが生まれることもありません。

 

逆に残債があると、うまく解約できなかったり費用負担が増えてしまったりすることもあります。自分が損してしまうため、確認は必須です。

 

特に48回分割にしている人は注意しましょう。端末を返却する前提の契約となっており、乗り換えると使えなくなってしまいます。

しーく
しーく

単純に機種代金の残りが上乗せされるため、残債がある段階での乗り換えはおすすめしません。

機種のスペックに不満を感じたとき

機種のスペックに不満を感じたら、端末購入と同時に乗り換えを検討してみましょう。古い機種になると、どうしても動作が重くなったり処理が追いつかなくなったりします。

 

楽天モバイルは、端末購入と同時の契約が可能です。最新端末も取り扱っているため、自分の希望する端末も見つけやすくなります。

 

2年以上同じ端末を使っているなら、auから楽天モバイルへ乗り換える際の端末購入を検討してみてください。

しーく
しーく

スペック不足は、端末の故障につながる恐れもあります。

利用したいキャンペーンを実施しているとき

キャンペーン重視で乗り換えタイミングを探しているなら、キャンペーン内容をチェックしましょう。利用したいキャンペーンが実施されていると、お得に契約できます。

 

楽天モバイルで実施されているキャンペーンは、端末割引・ポイント還元・月額料金割引などです。

 

自分に合ったキャンペーンを見つけたら、適用条件や実施期間を確認して申し込みを進めましょう。

しーく
しーく

キャンペーンは定期的に変更されるため、注意が必要です。

 

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

auから楽天モバイルに乗り換えることに関するよくある質問は?

au→楽天モバイル よくある質問

auから楽天モバイルに乗り換えることに関して、以下の質問が投稿されていました。

しーく
しーく

上記の疑問を解消しておけば、契約前後のトラブルも回避できます。

楽天モバイルはどこの会社が運営している?

楽天モバイルの運営会社は「楽天モバイル株式会社」です。2018年1月に設立され、楽天グループとして運営されています。

 

従業員数は2023年1月時点で4,830人です。

しーく
しーく

楽天モバイルのほかに楽天ひかりも運営しています。

楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?

楽天モバイルの電波が悪いのは、大手キャリアのようなプラチナバンドを利用していないためです。ローバンドと呼ばれる電波を利用しており、障害物の影響を受けやすいです。

 

建物の壁が厚い・ビル群の中で利用するなどの場合は、特に影響を受けやすいため注意しましょう。

しーく
しーく

室内で利用する場合、基本的にはWi-Fiを使うのがおすすめです。

楽天モバイルは通話無料ですか?

結論、専用アプリ「Rakuten Link」を利用すれば国内通話は基本無料になります。そのため、通話メインで契約を考えている人におすすめです。

 

ただし「Rakuten Link」は利用できる端末が限られています。使用する端末のOS・楽天回線の対応状況をチェックして、利用可否を確認しておきましょう。

しーく
しーく

なお、ナビダイヤルや番号案内など、一部有料の電話番号もあります。

楽天モバイルに移行する前にすることは?

楽天モバイルに移行する際、端末を購入するかそのまま使うかでやっておくことは異なります。

 

端末を購入する場合は、データ移行の準備をしておきましょう。写真やアプリなど、引き継ぎの準備を怠ると、データが消えてしまいます。

 

端末をそのまま使う場合は、特別しておくことはありません。なお、どちらの場合も共通で必要書類の準備や予約番号の発行は必要です。

しーく
しーく

移行前の準備をしておくかどうかで、手続きがスムーズに進むかも変わります。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る

まとめ:月額料金を見直したい場合はauから楽天モバイルの移行を検討してみよう

au→楽天モバイル まとめ

今回はauから楽天モバイルの乗り換えについて解説しました。結論、auから楽天モバイルへの乗り換えは料金を節約・見直したい人におすすめです。

 

毎月の通信費が安くなれば、別のところでお金を使えます。端末を購入したりサブスクを利用したりしたいなら、一つの選択肢です。

 

ただし、サポート面や通信品質などは劣ります料金よりもサポート・通信を重視するなら、乗り換えを慎重に判断しましょう。

 

この記事で紹介した内容をもとに、ぜひauから楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてください。

シンプルな料金プランがお得な楽天モバイルの詳細を見る