格安SIM

【詳細比較】povoとUQmobileの違いは?-11個の項目から分析した最新情報-

  1
masato
masato
ライター
最終更新日: 2023年02月15日
スマトク調査員
スマトク調査員

「povoとUQmobileはどっちがいいの?」
「povoとUQmobileは同じ会社じゃないの?」

最近よく聞く「povo」と「UQmobile」は両社ともau回線ですが、どちらを選べばよいか迷っている人も多くいます。

大きな違いや特徴がわからないため、なんとなく選んでしまっている人もいるでしょう。

この記事では、同じau回線を利用する「povo」と「UQmobile」を、11項目に分けて徹底比較、分析しています。

この記事を読めば、どちらを選べばよいかハッキリわかるでしょう。

【この記事を読めばわかること】
・povoとUQmobileそれぞれの特徴
・povoとUQmobile以外の格安SIMとの比較
・povoとUQmobileのどちらを選択すればよいか
・よくある質問と答え
まさと
まさと

povoもUQmobileも同じau回線を利用しますが、特徴に差があります。この記事から共に学びましょう。

【SIM】 povo
UQmobile
BICSIM
BICSIM
月額料金 基本料金:0円

データトッピング
使い放題:330円/24時間
1GB:390円/7日間
3GB:990円/30日間
20GB:2,700円/30日間
60GB:6,490円/90日間
150GB:12,980円/180日間

くりこしプラン+5G
プランS 3GB:1,628円
プランM 15GB:2,728円 プランL 25GB:3,828円
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
キャンペーン情報 ・OPPO公式オンラインショップ限定 povo2.0キャンペーン
・Data to Ponta 〜あまったデータをPontaポイントへ〜
・Google ストア限定 povo2.0キャンペーン
・SIMのみご購入&くりこしプラン +5Gご契約でau PAY残高へ還元(最大13,000円)
・対象機種+新規ご契約でau PAY 残高最大5,000円相当
・増量データオプション7カ月間無料
・Web限定初期費用2,200円
・5分かけ放題3カ月間90円                              ・10分かけ放題3カ月間290円                        ・通話定額かけ放題3カ月間990円
おすすめ度 ★★★ ★★★★★ ★★★
詳細
povoの詳細を見る UQモバイルの詳細を見る BIC SIMの詳細を見る

料金プランがシンプルでわかりやすいUQモバイル

・店頭申込みも可能
・余ったデータ容量は翌月に繰り越せる
・対象機種+新規ご契約でau PAY 残高最大5,000円相当

総合評価 3.8
コスパ 3.8
通信速度 4.0
キャンペーン 3.7

※当サイトに掲載されている価格はすべて税込み表示です。通信速度はみんなのネット回線速度を参考にしています。

  1. povoとUQmobileを11個の項目から詳細比較-おすすめできるのはどちら?-
    1. 月額料金を比較:povoは0円から利用できるため安い
    2. データ容量を比較:povoは選べるデータ容量の選択肢が広い
    3. 通信速度を比較:povoとUQmobileで大きな差はない
    4. 通話オプションを比較:povoのかけ放題が安い
    5. 端末セット購入を比較:UQmobileのみ販売中
    6. 最新キャンペーン情報を比較:UQmobileのキャンペーンが豊富
    7. 支払い方法を比較:口座振替が利用できるUQmobileがおすすめ
    8. 乗り換え方法を比較:店頭申し込み可能なUQmobileがおすすめ
    9. 手数料を比較:povoなら事務手数料無料
    10. 独自サービスを比較:UQmobileは翌月くりこしできるためおすすめ
    11. サポート体制を比較:povoはWebのみ、安心感があるUQmobileがおすすめ
  2. povoとUQmobileを他社格安SIMとも比較-お得に使える回線はどれ?-
  3. povoとUQmobileのメリットデメリットを比較-それぞれの強みと弱みは?-
    1. メリットを比較
    2. デメリットを比較
  4. povoとUQmobileの比較結果-条件ごとにおすすめできる会社-
    1. 月額料金重視ならpovoがおすすめ
    2. 通信速度重視ならpovoがおすすめ
    3. 通信安定性を求めるならpovoがおすすめ
    4. 大容量データを使いたいならpovoがおすすめ
    5. キャンペーンでお得に使いたいならUQmobileがおすすめ
    6. 端末と合わせて購入したいならUQmobileがおすすめ
    7. サポート体制が気になるならUQmobileがおすすめ
    8. 通話メインで使用するならpovoがおすすめ
  5. povoとUQmobileの比較結果に関するよくある質問は?
    1. povoの「トッピング」とは何?
    2. キャリアスマホからpovoへMNPする方法は?
    3. UQmobileで購入可能な機種にはどのようなものがある?
    4. UQmobileに他回線から乗り換える方法は?
    5. auスマホとUQmobileの違いが知りたい
    6. povoからUQmobileに乗り換えるキャンペーンはある?
  6. まとめ:povoとUQモバイルの比較結果に大きな差はない-キャンペーン目的ならUQモバイルがおすすめ-

povoとUQmobileを11個の項目から詳細比較-おすすめできるのはどちら?-

 

povoとUQmobileはどう違うの?

povoとUQmobileは、両社ともau回線を利用した格安SIMです。どちらを選べばよいか迷っている人のために、次の11個の項目で比較し解説します。

ご自身の利用方法と環境に合わせて選びましょう。

【SIM】 povo
UQmobile
実質料金 基本料金:0円 くりこしプランS+5G:1,628円〜
通信速度 平均ダウンロード速度: 73.0Mbps
平均アップロード速度: 14.62Mbps
平均ダウンロード速度: 80.63Mbps
平均アップロード速度: 14.45Mbps
使用可能データ容量 1GB、3GB、20GB、60GB、150GB 3GB、15GB、25GB
回線種類 au4G/5G au4G/5G
契約事務手数料 0円 3,300円
キャンペーン情報 ・OPPO公式オンラインショップ限定 povo2.0キャンペーン
・Data to Ponta 〜あまったデータをPontaポイントへ〜
・Google ストア限定 povo2.0キャンペーン
・SIMのみご購入&くりこしプラン + 5Gご契約でau PAY残高へ還元(最大13,000円)
・対象機種+新規ご契約でau PAY 残高最大5,000円相当
・増量データオプション7カ月間無料
おすすめ度 ★★★ ★★★★★
詳細
povoの詳細を見る UQモバイルの詳細を見る
まさと
まさと

povoとUQmobileを比較した結果をまとめました。

ポイントを見ていきましょう。

月額料金を比較:povoは0円から利用できるため安い

povoとUQmobileの大きな違いは、月額料金の差です。povoは基本料金0円から利用できます。
一方、UQmobileの基本料金は1,628円〜です。

基本料金ではpovoの圧勝ですが、povoは使用データ容量に合わせた「トッピング」システムを採用しているため、使用量に応じた追加料金の支払いが必要です。

まさと
まさと

基本料金だけを見るとpovoが圧勝ですが、データ容量に合わせてトッピングするシステムを採用しているため、UQmobileとの差は縮まります。

データ容量を比較:povoは選べるデータ容量の選択肢が広い

povoとUQmobileを比較すると、povoのデータ容量は1GBから150GBまでとなっており、選択肢が広いです。対するUQmobileは、プランが3つのみしか提供されていません。

データ容量を自由に選択したいならpovoがおすすめです。毎月のデータ容量が変動する人はpovoを選ぶとよいでしょう。
UQmobileには、3GB、15GB、25GBの3つのプランがあり、大容量データを使用する人には向いていません。

UQmobileよりもpovoの方が幅広いプランから選択することできます。

まさと
まさと

povoはデータ容量の選択肢が多く、自由度が高いです。毎月のデータ容量が変動する人にはpovoがおすすめです。

通信速度を比較:povoとUQmobileで大きな差はない

povoとUQmobileは、どちらもau回線を使ったモバイルデータ通信を行います。そのため、通信速度に大きな差はありません。

【povo】
平均ダウンロード速度: 73.0Mbps
平均アップロード速度: 14.62Mbps
【UQmobile】
平均ダウンロード速度: 80.63Mbps
平均アップロード速度: 14.45Mbps
※みんなのネット回線速度(2023年2月)
実測値はどちらも優秀で、ストレスはありません。しかし、月間データ容量超過後の通信速度制限はpovoの方が厳しくなっています。
UQmobileは3GBプラン「300kbps」、15GB以上「1Mbps」ですが、povoは「128kbps」に制限されます。
データ容量超過後の制限が厳しいpovoに比べると、UQmobileの方がゆるいです。
超過後の速度を考えるとUQmobieがおすすめです。
まさと
まさと

両社ともau回線を利用しているため、十分な通信速度が出ています。UQmobileの方が超過後の制限がゆるいため、おすすめです。

通話オプションを比較:povoのかけ放題が安い

povoとUQmobileは、どちらも通話定額オプションを提供しています。povoの方がUQmobileよりも220円お得です。

【通話オプション】 povo UQmobile
5分かけ放題 550円 なし
10分かけ放題 なし 880円
完全かけ放題 1,650円 1,980円
60分まで通話定額 なし 550円

完全かけ放題を考えているならpovoが安いですが、通話が月間60分以内の場合はUQmobileの方がお得です。

通話がメインの人にはpovoの方がお得です。

なお、povoには留守番電話サービスがありません。仕事で利用する人は要注意です。

まさと
まさと

povoとUQmobileは、それぞれの通話オプションに特徴があります。頻繁に電話する人にはpovoをおすすめします。

端末セット購入を比較:UQmobileのみ販売中

povoは端末セット購入ができないため、自分でスマホを用意する必要があります。UQmobileは、オンラインショップで端末とSIMカードのセット購入ができます。

さらに、UQmobileでは乗り換え時の機種特典割引も実施しており、通常より安く購入できるチャンスがあります。

povoは、auスマホまたはSIMフリー端末を持っている人でないと利用できません。

まさと
まさと

端末セット購入を考えているならUQmobileがおすすめです。povoはSIMカードのみ契約できます。

最新キャンペーン情報を比較:UQmobileのキャンペーンが豊富

2023年2月現在、povoよりもUQmobileの方がキャンペーンが多いです。

【回線】 povo UQmobile
キャンペーン情報 ・OPPO公式オンラインショップ限定 povo2.0キャンペーン
・Data to Ponta 〜あまったデータをPontaポイントへ〜
・Google ストア限定 povo2.0キャンペーン
・SIMのみご購入&くりこしプラン + 5Gご契約でau PAY残高へ還元(最大13,000円)
・対象機種+新規ご契約でau PAY 残高最大5,000円相当
・増量データオプション7カ月間無料

povoは魅力的なキャンペーンが少なく、キャッシュバックもありません。一方のUQmobileは、最大13,000円分のauPAYキャッシュバックがあります。

さらに、毎月550円のデータ増量オプションを7か月間無料で利用できるキャンペーンも実施中です。

UQmobileの方がキャンペーンが多く、お得に契約できます。

まさと
まさと

UQmobileに比べると、povoのキャンペーンが少なく感じますね。キャッシュバックキャンペーンがないのは残念です。

支払い方法を比較:口座振替が利用できるUQmobileがおすすめ

povoはクレジットカード払いのみですが、UQmobileはクレジットカード払いと口座振替にも対応しています。

クレジットカードを持っていない人や、クレジットカード払いに抵抗がある人はUQmobileを選択しましょう。

まさと
まさと

口座振替に対応しているUQmobileがおすすめです。口座振替の場合は、契約後すぐに口座情報を返送しましょう。

乗り換え方法を比較:店頭申し込み可能なUQmobileがおすすめ

povoはオンライン専用プランのため、Webでしか契約ができません。UQmobileは、Webと店頭どちらでも契約可能です。

UQmobileは店頭で直接話を聞いたり質問もできますが、povoはWeb上だけで疑問点を解消する必要があります。

店舗で端末を操作したり、料金プランの説明を受けられるUQmobileの方がおすすめです。

まさと
まさと

UQmobileなら店頭での契約が可能です。納得して契約できるでしょう。

手数料を比較:povoなら事務手数料無料

povoは事務手数料無料ですが、UQmobileは事務手数料3,300円が必要です。

さらに、povoはMNP手数料なども不要です。

povoの方が初期費用の負担は軽いです。

まさと
まさと

いくら基本料金が安くても、事務手数料がかかると負担を感じますよね。初期費用が安いpovoの方が優れています。

独自サービスを比較:UQmobileは翌月くりこしできるためおすすめ

povoは基本使用料0円ですが、データ使用量を事前に購入する「トッピング」が必要です。UQmobileはあらかじめデータ使用量が決まっていますが、データが余った場合は翌月にくりこしできます

【回線】 povo UQmobile
データくりこし なし あり(翌月)
データ容量 1GB、3GB、20GB、60GB、150GB 3GB、15GB、25GB

povoは自分が使いたいデータ容量を購入でき、UQmobileはデータ量が余っても翌月にくりこしができます。
どちらがよいかは人によりますが、UQmobileの方が無駄なく利用できます。

また、povoのトッピングには有効期限があるので気をつけましょう。
1GBの有効期限は、購入後7日間です。ギガ数が多くなるにつれ、有効期限が長くなるのも特徴です。

まさと
まさと

UQmobileはくりこしができるため、データ使用に無駄がありません。上手に活用すれば、毎月の費用を抑えられます。

サポート体制を比較:povoはWebのみ、安心感があるUQmobileがおすすめ

povoはオンライン専用のプランのため、サポートもすべてWeb上でのやりとりのみです。
基本はチャットでサポートを受けます。

一方のUQmobileは、店舗のサポートとWebチャットでのサポートを利用できるので安心です。

トラブルはできる限り早く対処したいですよね。povoはチャットのみの対応ですので、文字だけでは内容をうまく伝えられない可能性があります。

まさと
まさと

UQmobileは全国でサポートを受けることができ、実際に直接見てもらえるという安心感があります。早く解決したい場合はWebチャットを利用し、じっくりサポートを受けたい人は店舗に行きましょう。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

povoとUQmobileを他社格安SIMとも比較-お得に使える回線はどれ?-

povoとUQmobileは、どちらも格安SIMです。以下のとおり、特徴を他社と比べてみました。

それぞれの点で比較し、ご自身にあった格安SIMを見つけましょう。

【SIM】 povo
UQmobile
ワイモバイル
OCNモバイルONE
ocnモバイル
BICSIM
BICSIM
実質料金 990円:(3GB)
2,700円:(20GB)
※トッピング込
990円:(3GB)
※自宅割適用
990円:3GB
※家族割2台目
550円:(500MB)
エコノミー適用
850円:(2GB)
通信速度 平均ダウンロード速度: 73.0Mbps平均アップロード速度: 14.62Mbps 平均ダウンロード速度: 80.63Mbps平均アップロード速度: 14.45Mbps 平均ダウンロード速度: 72.23Mbps
平均アップロード速度: 17.29Mbps
平均ダウンロード速度: 63.55Mbps
平均アップロード速度: 13.84Mbps
平均ダウンロード速度: 33.73Mbps
平均アップロード速度: 9.83Mbps
使用可能データ量 1GB~150GB 3GB~25GB 3GB~25GB 500MB~10GB 2GB~20GB
キャンペーン情報 ・OPPO公式オンラインショップ限定 povo2.0キャンペーン
・Data to Ponta 〜あまったデータをPontaポイントへ〜
・Google ストア限定 povo2.0キャンペーン
・SIMのみご購入&くりこしプラン + 5Gご契約でau PAY残高へ還元(最大13,000円)
・対象機種+新規ご契約でau PAY 残高最大5,000円相当
・増量データオプション7カ月間無料
・オンラインストでSIMのみ契約でPayPayボーナス還元(最大10,000円)
・LINEMUSIC6か月間無料
・60歳以上かけ放題ずっと1100円割引
・1年間データ増量キャンペーン無料
・他社から乗り換えで初期費用(5,495円キャッシュバック)
・人気のスマホセール(OCN公式ショップ)
・Web限定初期費用2,200円
・5分かけ放題3カ月間90円     ・10分かけ放題3カ月間290円  ・通話定額かけ放題3カ月間990円
おすすめ度 ★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★
詳細 povoの詳細を見る UQモバイルの詳細を見る Y!モバイルの詳細を見る OCNモバイルONEの詳細を見る BIC SIMの詳細を見る

povoとUQmobileを含む格安SIM各社の料金、データ容量、キャンペーン情報をまとめています。

各社データ容量に差がありますが、月額費用はおおむね3GB「1,000円」が平均的です。
ワイモバイルは、60歳以上のシニアに対してかけ放題サービスを割り引きするなど、力を入れています。

まさと
まさと

各社それぞれに特徴と強みがありますね。自分にあったキャンペーンに注目しましょう。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

povoとUQmobileのメリットデメリットを比較-それぞれの強みと弱みは?-

 

スマトク調査員
スマトク調査員

povoとUQmobileの違いはわかったけど、それぞれのメリットデメリットは?

povoとUQmobileの違いについて理解いただけたでしょうか。「料金」と「データ容量」だけで選ぶと、自分に合った利用ができない可能性があります。

povoとUQmobileの特徴を、それぞれのメリットとデメリットで紹介します。

契約する前に確認して、自分の利用方法に合っているかチェックしてくださいね。

【povoとUQmobileのメリット・デメリット】
メリット
デメリット

メリットを比較

スマトク調査員
スマトク調査員

povoとUQmobileのメリットは?基準を教えてほしい

ここではpovoとUQmobileのメリットを3つずつ取り上げます。それぞれの良い部分をチェックしてみましょう。

povoのメリット:高品質なau回線で安定している

povoのメリットは「高品質なau回線」を利用できる点です。

povoは、au回線を利用するオンライン専用プランです。au回線を利用した快適な通信ができます。

au回線を借りて運営しているMVNOとは違い、自社の回線を使うので速度が低下しにくいです。

まさと
まさと

povoはau純正回線を利用したWeb専用プランです。そのため、MVNOのように速度が低下する心配がありません。

povoのメリット:毎月のデータ容量を自分でカスタマイズできる

povoのメリットは「毎月のデータ容量を自分でカスタマイズ」できる点です。

povoの基本料金は0円ですが、毎月のデータ容量をトッピング契約して利用します。
毎月のデータ使用量が変動する人は、好みに合わせてカスタマイズできます。

データ使用量が少ない月には節約ができ、大量のデータを使う月には150GBまで追加できます。
24時間データ使い放題のトッピングをすれば、一時的にデータ無制限で利用することも可能です。

まさと
まさと

povoは幅広いデータ容量の中から自分の好みに合わせて選べます。1GBから150GBまでと、選択幅が広いのが特徴です。

povoのメリット:事務手数料、違約金すべて無料

povoのメリットは「事務手数料と違約金が不要」な点です。

事務手数料が無料のため、初期費用を抑えられます。支払い金額が少ないため、乗り換えやすいのが特徴です。

まさと
まさと

契約時に事務手数料やMNP転出手数料は不要です。乗り換えやすいですね。

UQmobileのメリット:シンプルでわかりやすい料金プラン

UQmobileのメリットは「料金がシンプルでわかりやすい」点です。

UQmobileには3つのプランしかありません。3GB、15GB、25GBのデータ容量から選択します

複雑なオプションがないため、自分が使うデータ量に合わせて契約できます。

まさと
まさと

プランは3つだけでシンプルなので、選択しやすいですね。

UQmobileのメリット:節約モード、くりこしができる

UQmobileのメリットは「節約モードの使用」と「翌月にデータくりこしができる」点です。

毎月のデータ容量が余ったら、翌月に残ったデータ量をくりこして利用できます。
無駄がなく節約できますね。

さらに節約モードを使うと、通信速度が300kbpsもしくは1Mbpsに固定されますが、データ使用量のカウントには含まれません。

軽いテキストを確認したりSNSを見るだけであれば、十分な速度で利用できます。

まさと
まさと

UQmobile最大のメリットといえます。余ったデータは翌月にくりこしできるため、無駄なく利用できる点が評価できます。

UQmobileのメリット:全国に店舗がありサポートが受けられる

UQmobileのメリットは「全国にある店舗でサポートが受けられる」点です。

店舗で直接サポートを受けたり契約したいという人は多いです。

日本全国に店舗があるので、引っ越しても安心できますね。

まさと
まさと

UQmobileの強みは、店舗でサポートを受けられる点です。トラブルが発生しても安心できますね。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

デメリットを比較

スマトク調査員
スマトク調査員

povoとUQmobileのデメリットを教えてほしい。

povoとUQmobileのデメリットを3つずつ取り上げます。契約前にチェックしておきましょう。

povoのデメリット:手続きはすべてオンラインのみ

povoのデメリットは「手続きがすべてオンライン」である点です。

povoはWeb専用プランのため、店舗での手続きはできません。
トラブル対応や契約など、すべてのことをオンラインで完結する必要があります。

まさと
まさと

Web上での操作に慣れていないと難しく感じるかもしれませんね。

povoのデメリット:180日間トッピングしないと強制解約

povoのデメリットは「180日間トッピングしないと強制停止、解約になる」点です。

povoは基本料金0円ですが、有料のトッピングを180日間使用しない場合には解約または停止になります。そのため、180日に1度は課金しなければなりません。

KDDIに確認したところ、180日以内にトッピングを購入するか、通話とSMS送受信料の合計が660円を超える必要があるということです。
660円という料金は、通話時間に換算すると約15分です。
半年以内に15分以上の電話、もしくはトッピングをすれば解約にはなりません。
0円で継続してスマホを持つことはできません。注意しておきましょう。
まさと
まさと

povoは基本料金0円ですが、残念ながら180日以内に課金する必要があります。強制停止になると困るので気をつけましょう。

povoのデメリット:データを翌月にくりこせない

povoのデメリットは「余ったデータを翌月にくりこせない」点です。

トッピングしたデータは、期限が来ると消滅してしまいます。
特に、1GBの場合には7日間しか有効期限がありません。

3GB以上は30日間の有効期限がありますが、翌月くりこしはありません。
使い切ることができるデータ容量を購入しましょう。

まさと
まさと

データ容量は自由に選べますが、有効期限が設定されています。特に、1GBの有効期限は7日間と短いため、24時間使い放題オプションとうまく使い分けて利用する必要がありますね。

UQmobileのデメリット:最安値クラスではない

UQmobileのデメリットは「他社格安SIMの料金と比べると安くはない」点です。

くりこしプランSは、3GBが1,628円で利用できるプランです。
他社格安SIMであれば、IIJmioは2GB「850円」、OCNモバイルONEは3GB「990円」で利用可能です。

同等のギガ数であれば、他社の方が安く利用できる可能性が高いです。

まさと
まさと

UQmobileはシンプルでわかりやすい料金プランですが、実質料金は他社格安SIMに比べると高くなりますね。

UQmobileのデメリット:990円で利用するためには自宅セット割引に加入が必要

UQmobileのデメリットは「990円で利用するために、自宅セット割引に加入しなければならない」点です。

くりこしプランSは1,628円ですが、自宅セット割引に加入すると990円で利用できます。

自宅セット割引:インターネットコース、もしくはでんきコース契約で割引になる。
固定回線をauひかり回線にするか、auでんきとUQでんきのいずれかに契約する必要がある。
最安値で利用するためには、自宅セット割引に加入しなければなりません。
ただし、auひかり回線を引き込めない場所や、auでんきやUQでんきが利用できないプランもあります。
まさと
まさと

990円で利用するにはハードルが高いです。自宅セット割引やでんき契約が必要ですが、利用できない人は要注意です。

UQmobileのデメリット:キャリアメールがなくなる。

UQmobileのデメリットは「キャリアメールがなくなる」点です。

大手キャリアメールは、他社へ乗り換えると利用できなくなります。
2021年12月からは、330円支払えば別キャリアでも以前のキャリアメールが利用できるようになりました。

少なからず、まだキャリアメールを利用している人もいるでしょう。

まさと
まさと

UQmobileに乗り換える前には、フリーメールなどへの切り替えや、LINEなど別のアプリを使用できるように準備しておきましょう。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

povoとUQmobileの比較結果-条件ごとにおすすめできる会社-

povoとUQmobileのメリットとデメリットについて整理しましょう。

以下では、条件ごとのおすすめ会社をまとめました。

月額料金重視ならpovoがおすすめ

月額料金を重視するならpovoをおすすめします。
なぜなら、povoは基本料金0円で利用できるからです。

毎月のデータ容量が変動する方は、用途に合わせてデータを購入し利用できます。
自分でデータ管理ができる人におすすめできます。

まさと
まさと

基本料金が0円のため、トータルコストが安くなります。180日に1度課金する必要があるものの、外で利用しない人や電話をほとんどしない人は安くなります。

通信速度重視ならpovoがおすすめ

通信速度を重視するならpovoをおすすめします。
なぜなら、povoはauブランドが提供するWeb専用プランだからです。

povoはau回線をそのまま利用しているため、他社格安SIMだと混雑しやすいお昼や夕方以降の時間帯でも繋がりやすいからです。

まさと
まさと

au回線を利用しているため、格安SIMのように通信速度が遅くなりにくいのが特徴です。

通信安定性を求めるならpovoがおすすめ

通信安定性を求めるならpovoがおすすめです。
なぜなら、povoは大手キャリアが提供するWeb専用プランだからです。

UQmobileの通信速度は格安SIMの中でトップクラスですが、あくまで回線を借りているMVNOなので遅いです。

povoはau回線をそのまま利用しているため速度が落ちにくく、通信安定性が高いです。

まさと
まさと

au回線をそのまま利用しているpovoの方が、通信の安定性では有利です。

大容量データを使いたいならpovoがおすすめ

大容量データを使いたいならpovoがおすすめです。
なぜなら、最大150GBまで利用できるプランが提供されているからです。

UQmobileには3つのプランしかなく、最大は25GBです。
povoなら1GBから150GBまで、5段階のプランから選択できます。

さらに、24時間データ無制限オプションを利用すれば、一時的に大容量のデータ通信をする時にも便利です。

まさと
まさと

自由にデータ容量を選べるpovoがおすすめです。最大150GBまで、もしくは24時間データ無制限オプションを利用して対応できます。

キャンペーンでお得に使いたいならUQmobileがおすすめ

キャンペーンでお得に使いたいなら、UQmobileがおすすめです。

povoはキャッシュバックなどのキャンペーンがほとんどありません。
一方のUQmobileは、他社から乗り換えるとauPAY残高が最大13,000円分キャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

データ増量オプションは1年間無料、また60歳以上であればかけ放題が770円で利用できるなどのキャンペーンを積極的に展開しています。

まさと
まさと

UQmobileの方がキャンペーンが多く、お得に契約できる可能性が高いでしょう。魅力的なキャンペーンがあれば、早めに申し込みましょう。

端末と合わせて購入したいならUQmobileがおすすめ

端末と合わせて購入したいならUQmobileがおすすめです。
povoは、自分が持っている端末を利用する以外に選択肢がありません。

UQmobileオンラインストアでは、MNP乗り換え時に利用できるキャンペーンがあります。
通常より安く購入できるチャンスがあるので、利用しましょう。

まさと
まさと

端末の種類は他社に比べて少ないものの、人気のiPhoneやAndroidを取り揃えています。乗り換え時には更に割引があり、安く購入できます。

サポート体制が気になるならUQmobileがおすすめ

サポート体制が気になるならUQmobileがおすすめです。
povoはオンライン専用プランのため、サポートも全てオンライン対応です。

しかし、UQmobileはWebサポート以外にも、店舗でサポートを受けることが可能です。
実際に店舗で確認してもらえるのは安心感につながります。

また、契約時に聞きたいことをすぐに聞けることも魅力のひとつです。

まさと
まさと

契約時やトラブル時に店舗で対応してもらえるのは安心ですよね。もちろん、オンラインサポートも利用可能です。

通話メインで使用するならpovoがおすすめ

通話メインで利用するならpovoがおすすめです。
povoのかけ放題はUQmobileに比べて200円ほど安く、「1,650円」で利用可能です。

povoなら基本料金0円なので、かけ放題オプションをつけても1,650円で利用できます。
UQmobileは最低でも2,860円が必要なため、通話メインで利用する場合はpovoが安いです。

まさと
まさと

通話メインで利用するならpovoがおすすめです。かけ放題オプションがUQmobileよりも安く利用できます。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

povoとUQmobileの比較結果に関するよくある質問は?

povoとUQmobileについて、よくある質問と回答をまとめました。
契約する前にチェックし、疑問を解消しておきましょう。

povoの「トッピング」とは何?

povoの「トッピング」とは、データ容量に合わせて自由にカスタマイズできるシステムのことです。

基本料金0円に、自分の好みやライフスタイルに合ったデータ容量を追加していきます。
データ容量によっては有効期限があるので注意しましょう。

1GB:7日間
3GB、20GB:30日間
60GB:90日間
150GB:180日間
1GBは7日間しか有効期限がないため、短いです。
データ容量が増えると有効期限も長くなります。自分の用途に合わせて選択しましょう。

キャリアスマホからpovoへMNPする方法は?

大手キャリア「ドコモ」と「SoftBank」の人は、MNP予約番号を発行しpovoを契約します。
「au」の人はMNP転出手続きではなく、auIDで申し込み可能です。

MNP予約番号は、契約している会社に発行してもらえます。
MNP予約番号は11桁の番号で、申し込みをするとすぐに発行してもらえます。有効期限が2週間と短いので注意してください。

UQmobileで購入可能な機種にはどのようなものがある?

UQmobileオンラインショップでは、人気の「iPhoneシリーズ」やAndroid「XPERIA」「AQUOS」シリーズが販売されています。

iPhoneシリーズは、12とSE(第3世代)が販売されています。
Androidは、OPPO Reno5AやOPPO Reno 7Aなどがお手頃な値段で販売されています。

UQmobileに他回線から乗り換える方法は?

UQmobileに他社回線から乗り換えるために、まずはMNP予約番号を発行してもらいましょう。
そのあと、UQmobile公式Webサイトもしくは店舗で手続きを進めます。

契約時には、本人確認書類と支払い口座情報、クレジットカード情報が必要です。
手元に準備して契約を進めましょう。

auスマホとUQmobileの違いが知りたい

auスマホとUQmobileはいずれも「au回線」を利用しますが、会社が違います。
そのため、auスマホで利用していた端末をUQmobileで利用することはできません。

auスマホをSIMロック解除しておく必要があります。

UQmobileは、au回線を利用した格安simであることを覚えておきましょう。

povoからUQmobileに乗り換えるキャンペーンはある?

povoからUQmobileへの乗り換えキャンペーンですが、2023年2月現在では実施されていません。

UQmobileとpovoは同じKDDIグループが運営する会社のため、乗り換えキャンペーンの実施は期待できません。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える

まとめ:povoとUQモバイルの比較結果に大きな差はない-キャンペーン目的ならUQモバイルがおすすめ-

povoとUQmobileの2社を比較してきました。基本料金やデータ容量、通信速度に差があるものの、大きな違いはありません。

キャンペーン目的で契約をしたいと考えているなら、UQmobileがお得です。
乗り換えなら端末を安く購入できますし、店舗独自の割引も利用できます。

povoとUQmobileは、いずれもコストパフォーマンスが非常に優れていることがわかりました。
良し悪しがありますが、自分の利用方法にあった会社、プランを選択し契約してみましょう。

当サイトおすすめの格安SIMでスマホにかかる費用をさらに抑える