格安SIM

【2024年6月】格安SIMの速度比較Top9!遅くて使えない?昼でも安定してるのはどこ?

【2023年12月】格安SIMの速度比較Top9!
  31
スマトクナビ編集者
スマトクナビ編集者
ライター
最終更新日: 2024年06月04日

※本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

格安SIMは結局どこがおすすめなの?

格安SIMって通信速度が速ければいいのかな?

このような疑問を抱えていませんか?

たしかに、格安SIMは料金が安くなる分、通信速度を重要視しがちですよね。

ですが、格安SIMは通信速度だけ気にしているだけでは失敗しやすいです。

そこで、本記事では格安SIMの選び方や速度と評価が高いおすすめの格安SIMを9社紹介しています。

格安SIM選びで失敗しやすいポイントや、乗り換え方法についても詳しく解説。

おすすめの格安SIM会社だけでなく、正しい乗り換え手順についても本記事で網羅しています。

ahamo
LINEMO
UQモバイル
月額料金 ・20GB:2,970円
・100GB:4,950円
・3GB:990円
・20GB:2,728円
・4GB:2,365円
・15GB:3,465円
・20GB:3,278円
実質通信速度 ・上り速度=13.72Mbps
・下り速度=116.9Mbps
・Ping値=49.15ms
・上り速度=22.46Mbps
・下り速度=47.03Mbps
・Ping値=49.61ms
・上り速度=11.48Mbps
・下り速度=80.36Mbps
・Ping値=47.76ms
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
詳細 ahamoの詳細を見る LINEMOの詳細を見る UQモバイルの詳細を見る 

【この記事で分かること】

  • 格安SIMの通信速度比較と評判
  • 速度と合わせて比較するべき3つのポイント
  • 失敗しない格安SIMに乗り換えるための手順
  • 格安SIMの速度比較に関するよくある質問は?
【速度を重視している方へ】
速度を重視している方におすすめなのは、「ahamo」です。ahamoは、利用者の平均速度が速く、安定して利用する方におすすめになります。
さらに、キャンペーンを開催しているのでお得に契約することも可能です
詳しくは、ahamoの公式サイトをご覧ください。


関連記事

  1. 格安SIMの速度比較はここに注目-ネットを快適に利用するために必要な数値–
    1. 上り速度の目安数値:10Mbps
    2. 下り速度の目安数値:25Mbps
    3. Ping値の目安数値:40ms以下
  2. 格安SIMは速度以外も確認すべき–合わせて比較するべき3つのポイント–
    1. 通信対応エリア
    2. データ量と料金のバランス
    3. 実質の月額料金
  3. 格安SIMの速度比較ランキングTop9-速度と安定性が高い回線はどれ?-
    1. 1位、ahamo:ドコモが提供する安定の通信品質
    2. 2位、LINEMO:安心のソフトバンク回線が3GBから利用可能
    3. 3位、UQモバイル:au運営のサブブランドで通信速度が速い
    4. 4位、ワイモバイル:通信速度・安定性・価格のバランスが抜群
    5. 5位、イオンモバイル:対面サポートが手厚い
    6. 6位、NUROモバイル:ドコモ・au・ソフトバンク回線から選べるトリプルキャリア対応
    7. 7位、楽天モバイル:無制限のデータ容量で料金は使った分だけ
    8. 8位、IIJmio:大容量でも月額料金が安い
    9. 9位、BIC SIM:IIJmioの通信品質を店舗で契約したい人におすすめ
  4. 格安SIMへの申し込みから利用までの流れ–乗り換え4STEP-
    1. STEP1:申し込み手続きに必要なものを準備
    2. STEP2:乗り換え検討先の回線に申し込み
    3. STEP3:SIMカードを受けとる
    4. STEP4:初期設定・利用開始
  5. 格安SIMの速度比較に関するよくある質問は?
    1. 昼の時間帯の速度が安定している格安SIMは?
    2. 格安SIMの速度がリアルタイムで確認できるサイトなどはある?
    3. 格安SIMの速度が遅すぎてストレスがたまるんだけどどうすればいい?
    4. 格安SIMのPing値の比較が知りたい
    5. 格安SIMの繋がりやすさは回線によって変わる?
    6. 速度重視で最もおすすめな格安SIMはどこ?
  6. まとめ:格安SIMを速度だけ比較して選ぶのは危険-全体のバランスを見て検討してみよう-

格安SIMの速度比較はここに注目-ネットを快適に利用するために必要な数値–

格安SIMの速度比較はここに注目

 

格安SIMを快適に利用するために見るべきポイントとかあるのかな?

乗り換え手順がわかったところで、格安SIMの速度の速度に注目してみましょう。

ネットを快適に利用するためにはどのくらいの数値が必要なのでしょうか?

上り速度の目安数値:10Mbps

上り速度とは、手元のデータをインターネット上にアップロードする速さのことです。

THEIIIRD
THEIIIRD

回線速度の上りが速ければ速いほど、アップロードにかかる時間が短くなります。

AmazonフォトやGoogleドライブなどクラウドストレージを利用することが多い場合には、画像のアップロード速度などに影響するので特に注目したいポイントです。

下り速度の目安数値:25Mbps

「下り」速度とは、インターネット上にあるデータをダウンロードする速さのことです。

下り速度が速ければアプリなどのダウンロードにかかる時間が短く、高画質な動画も快適に視聴できます。

下り速度がスマホを利用する上での体感速度に直結してくるところとなるので、最もおさえておきたいポイントとなっています。

Ping値の目安数値:40ms以下

Ping値とは、レスポンスの速さのことを指します。

「ms値」が低くなればなるほどレスポンスが速くなります。

THEIIIRD
THEIIIRD

Ping値が重要となるのは、オンラインゲームをプレイする場合です。

Ping値が高いとラグや遅延が発生してしまい、快適にプレイができません。また、表示のずれが発生するため相手ユーザーにも迷惑をかけてしまうことがあります。

格安SIMは速度以外も確認すべき–合わせて比較するべき3つのポイント–

格安SIMの速度以外に確認すべき3つのポイント

 

格安SIMって速度以外に注目すべきポイントがあるって本当?

格安SIMは速度以外にも確認することがあります。

後でトラブルにならないためにも下記の3つを事前に確認しておきましょう。

通信対応エリア

格安スマホの対応エリアは、キャリアと同じになっています。

通話・通信可能なエリア、いわゆる電波が届く範囲は、MVNOが借りているキャリアと同じです。

NTTドコモから回線を借りているならNTTドコモが対応しているエリアと同じ、auから回線を借りているならauが対応しているエリアと同じ、という具合です。

データ量と料金のバランス

例えば楽天モバイルの場合、20GB以上はどれだけ使っても月額3,278円で定額になります。

また20GB以上は月額料金3,278円(税込)で一定となり、100GB使っても同じ料金で利用できます。

ですので、たくさんGBを使う人にとってはとてもお得です。

実質の月額料金

こちらはそれぞれの基本データ容量に対して音声通話料とデータ通信量を合わせた値段になります。

1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円

格安SIMの速度比較ランキングTop9-速度と安定性が高い回線はどれ?-

格安SIMの速度比較欄ランキングTop9

 

通信速度の速い格安SIM会社って結局どこなんだろう?

格安SIMの通信速度・安定性TOP9を表にまとめました。

ahamoやLINEMO、ワイモバイルなどの大手キャリアが運営する通信回線は実測通信速度が早く、格安SIMの通信回線が遅くなりやすいお昼の時間でも快適に通信ができます。

一方、使用可能なデータ使用量や通信品質が向上するにつれて実質料金も上がってくるため、月額の使用料金の確認もあわせて行いましょう。

 

THEIIIRD
THEIIIRD

通信速度は実測通信速度の下り速度の値が大きいほど、速いデータ通信が可能です。

 

具体的には、メールやチャットメッセージの送信で10Mbps、高画質な動画の視聴で25Mbps程度の下り速度が求められます。

他にも、時間帯や地域により通信回線の混雑具合は異なり、通信速度も変化するため契約前に確認しておきましょう。

これらを踏まえても、ahamoやLINEMO、ワイモバイルは速度と安定性の高い回線といえます。

ahamo

LINEMO

UQモバイル

ワイモバイル

NUROモバイル

楽天モバイル

イオンモバイル
IIJmio

BIC SIM

実質料金
(音声プラン)
・20GB:2,970円
・100GB:4,950円
・3GB:990円
・20GB:2,728円
・3GB:1,628円
・15GB:2,728円
・25GB:3,828円
・3GB:2,178円
・15GB:3,278円
・25GB:4,158円
・NEOプラン Lite
20GB:2,090円
・NEOプラン
20GB:2,699円・VSプラン
3GB:792円・VMプラン
5GB:990円
・VLプラン
10GB:1,485円
・3GBまで:1,078円
・20GBまで:2,178円
・20BG~:3,278円
【音声(19種類)】
0.5GB〜10GB:803〜1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
60歳以上0.2GB〜8GB:748〜1,408円
・2GB:850
・5GB:990円
・10GB:1,500円
・15GB:1,800円
・20GB:2,000円
・30GB:2,700円
・40GB:3,300円
・50GB:3,900円
・2GB:850
・5GB:990円
・10GB:1,500円
・15GB:1,800円
・20GB:2,000円
・30GB:2,700円
・40GB:3,300円
・50GB:3,900円
実質通信速度
(出典:みんなの速度測定
・上り速度=13.72Mbps
・下り速度=116.9Mbps
・Ping値=49.15ms
・上り速度=16.92Mbps
・下り速度=85.68Mbps
・Ping値=38.32ms
・上り速度=11.48Mbps
・下り速度=80.36Mbps
・Ping値=47.76ms
・上り速度=16.46Mbps
・下り速度=72.23Mbps
・Ping値=37.87ms
・上り速度=12.52Mbps
・下り速度=52.72Mbps
・Ping値=51.0ms
・上り速度=22.46Mbps
・下り速度=47.03Mbps
・Ping値=49.61ms
・上り速度=11.81Mbps
・下り速度=58.14Mbps
・Ping値=63.04ms
・上り速度=10.36Mbps
・下り速度=45.57Mbps
・Ping値=65.4ms
・上り速度=9.83Mbps
・下り速度=33.73Mbps
・Ping値=80.35ms
使用可能データ量 ・20GB
・100GB
・3GB
・20GB
・3GB
・15GB
・25GB
・3GB
・15GB
・25GB
・3GB
・5GB
・8GB
・3GB
・20GB
・20GB~無制限
・0.5GB
・1〜10GB
・20GB
・30GB
・40GB
・50GB
・2GB
・4GB
・8GB
・15GB
・20GB
・2GB
・5GB
・10GB
・15GB
・20GB
キャンペーン情報
  • 爆アゲセレクション
  • なーつなつなつなつなつ祭り
  • マユリカ×ahamoキャンペーン
  • ahamo大盛りユーザー特典|BE:FIRST未公開NG動画集
  • ahamo対象機種をおトクに購入しよう
  • スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • 契約者向け!追加申込キャンペーン
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • データ追加購入が半年間おトクキャンペーン
  • 基本料初月0円特典
  • 通話オプション割引キャンペーン2
  • 合計最大10,000Pontaポイントプレゼントキャンペーン!
  • AppleMusic6ヶ月無料
  • BASIO active2機種変更おトク割
  • 3Gとりかえ割プラス
  • UQ mobileスペシャルセール
  • 新どこでももらえる特典
  • データ増量無料キャンペーン3
  • 【特典リニューアル!】SIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
  • My Softbankアプリ設定でPayPayポイントが当たるキャンペーン第4弾
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】紹介キャンペーン
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】大抽選会
  • 10周年大特価端末登場!
  • 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン
  • NEOプランお申し込み特典
  • NEOプランWお申し込み特典
  • バリュープラスお申し込み特典
  • 5分/10分かけ放題プランお申し込み特典
  • Xperia 10 IVご購入特典
  • iPhoneトク乗り換えキャンペーン
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • Rakuten最強プランお申込みキャンペーン
  • 楽天モバイルお申込み&対象製品ご購入で26,930円引き!
  • 楽天モバイル×楽天カード同時申込で最大14,000ポイント!
  • YouTube Premium3か月無料
  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン
  • サマーキャンペーン
  • 他社からのりかえでスマホが特別価格
  • ギガプランとセットで端末を大幅割引
  • IIJmioひかり バリュースタートキャンペーン
  • ROG Phone 8発売記念キャンペーン
  • Xiaomi新機種発売記念キャンペーン
  • BIC SIMサマーキャンペーン
  • 【店頭申し込み限定】BIC SIMキャンペーン
  • BIC SIM11周年いいねキャンペーン
  • 長期利用特典
  • ビック光 バリュースタートキャンペーン
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆
詳細 ahamoの詳細を見る LINEMOの詳細を見る UQモバイルの詳細を見る ワイモバイルの詳細を見る NUROモバイルの詳細を見る 楽天モバイルの詳細を見る イオンモバイルの詳細を見る IIJmio詳細を見る BIC SIMの詳細を見る

1位、ahamo:ドコモが提供する安定の通信品質

ahamo

サービス名 ahamo
月額料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円
データ容量 20GB
100GB
実測通信速度 下り:117.11Mbps
上り:13.63Mbps
利用回線 ドコモ

NTTドコモが提供するahamoは、ドコモと同じ安定した通信回線が利用可能です。

通信速度の実測値は大手キャリアの回線と大差なく、回線が混雑して遅くなりやすいお昼や夕方の時間帯でも快適にネット回線が利用できます。

THEIIIRD
THEIIIRD

大手キャリア回線と通信速度が大差ないのはかなりお得です!

 

ahamoの特徴

ahamoの特徴はリーズナブルな料金プランと高速通信です。

THEIIIRD
THEIIIRD

ドコモの4Gや5G通信が利用できるため通信速度と安定性に優れており、20GBものデータ量が2,970円で利用可能となっています。

ドコモと契約した場合、1GBで月額3,456円以上の利用料金が発生するため、ドコモと比較してもahamoはかなりお得に利用できます。

そのため、「とにかく早くて安定した通信回線が利用したい」という方におすすめです。

ahamoのキャンペーン最新情報

    • 爆アゲセレクション
    • なーつなつなつなつなつ祭り
    • マユリカ×ahamoキャンペーン
    • ahamo大盛りユーザー特典|BE:FIRST未公開NG動画集
    • ahamo対象機種をおトクに購入しよう

2024年6月現在では、対象機種がお得になるキャンペーンを実施中です。

THEIIIRD
THEIIIRD

スマホの買い替えを検討している方はチェックしてみてください。

ahamoの通信速度に関する評判・口コミ

ahamoの通信速度に関する評判・口コミを調査すると満足しているユーザーの声が多くありました。

ahamoは通信制限になっても最大1Mbpsと他の格安SIMと比較すると規制時の速度が速いため評判が良いようです。

2位、LINEMO:安心のソフトバンク回線が3GBから利用可能

LINEMOのロゴ

サービス名 LINEMO
月額料金 ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
データ容量 ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
実測通信速度 下り:77.16Mbps
上り:16.29Mbps
利用回線 Softbank

LINEMOはソフトバンク回線を利用した格安SIMで、3GBの低容量から利用可能です。

3GBと20GBの2プランで、あまりデータ通信をしない方から大容量のデータ通信が必要な方まで幅広いニーズに対応しています。

20GBの大容量通信の利用に加えて、LINE使い放題のサービスも利用可能です。

THEIIIRD
THEIIIRD
LINEを日頃から使用する方は絶対おすすめです!

LIMEMOの特徴

LINEMOの特徴は20GBの高速通信が月額2,728円、3GBの低用量プランが月額990円で利用できることです。

THEIIIRD
THEIIIRD

3GBのミニプランが登場したことにより、「20GBもデータ通信を使わない」といった方のニーズに対応しています。

また、LINEのトークや無料通話を利用しても通信料が消費されない「LINEギガフリー」のサービスが付帯しているため、「通話や連絡はLINEで済ませることが多い」「20GBも使わないけど安定した高速通信が利用したい」といった方におすすめです。

LINEMOのキャンペーン最新情報

  • スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • 契約者向け!追加申込キャンペーン
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • データ追加購入が半年間おトクキャンペーン
  • 基本料初月0円特典
  • 通話オプション割引キャンペーン2

LINEMOで実施中の「スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン」では、他社からの乗り換えでPayPayポイント10,000ポイント、新規契約で3,000ポイントもらえるキャンペーンです。
内容は以下になります。

他社から乗り換え 10,000ポイントプレゼント
新規契約 3,000ポイントプレゼント
THEIIIRD
THEIIIRD

更に12/20までにお申込みで3GBのデータ容量が0円で購入できます。

LINEMOの通信速度に関する評判・口コミ

LINEMOは速度に満足しているユーザーの声がありました。

大手キャリアから乗り換えると速度が低下したという声もありますが、月額料金の安さを考えるとおすすめできる格安SIMです。

 

3位、UQモバイル:au運営のサブブランドで通信速度が速い

UQモバイルのロゴ

サービス名 UQmobile
月額料金 ミニミニプラン:2,365円
トクトクプラン:3,465円
コミコミプラン:3,278円
データ容量 ミニミニプラン:4GB
トクトクプラン:15GB
コミコミプラン:20GB
実測通信速度 下り:77.11Mbps
上り:13.07Mbps
利用回線 au

UQ mobileは、KDDIが提供しているau 4G LTEを利用した移動体通信事業であり、メインブランドのauに対して、UQ mobileはサブブランドとして展開しています。

au回線を使った他社の格安SIMと比較して利用できる通信帯域が多いため、お昼休みなどの回線混雑時でも速度低下が発生しにくいのが特徴です。

THEIIIRD
THEIIIRD

auから乗り換える方は手続きが簡単なのでおすすめですよ!

 

UQモバイルの特徴

UQモバイルは他社格安SIM回線と比較してもトップクラスの通信速度を誇り、時間帯を問わず安定した通信が可能です。

THEIIIRD
THEIIIRD

また、データ消費を抑えられる節約モードもあり、少ないギガの契約でもお得に利用できます。

格安SIMのなかでは比較的高めの料金ではあるものの、大手キャリアのauと比較して半額程の月額料金で利用可能となっています。

「安いだけで通信速度が遅いと困る」「通信速度には妥協したくないけど月額料金を抑えたい」といった方にUQモバイルはおすすめです。

UQモバイルのキャンペーン最新情報

  • 合計最大10,000Pontaポイントプレゼントキャンペーン!
  • AppleMusic6ヶ月無料
  • BASIO active2機種変更おトク割
  • 3Gとりかえ割プラス
  • UQ mobileスペシャルセール

UQモバイルではオンラインショップ限定でauPAY10,000円分の還元を実施しています。

THEIIIRD
THEIIIRD

オンラインショップと店舗ではキャンペーン内容が異なってくるのでお近くの店舗にも問い合わせてみてください。

UQ mobileの通信速度に関する評判・口コミ

UQ mobileの通信速度に関する評判・口コミではトンネル内でもある程度の速度が出て良いという内容がありました。

4位、ワイモバイル:通信速度・安定性・価格のバランスが抜群

ワイモバイルのロゴ

サービス名 ワイモバイル
月額料金 シンプル2 S:2,365円
シンプル2 M:4,015円
シンプル2 L:5,115円
データ容量 シンプル2 S:4GB
シンプル2 M:20GB
シンプル2 L:30GB
実測通信速度 下り:67.14Mbps
上り:13.83Mbps
利用回線 Softbank

ワイモバイルはソフトバンクがサブブランドとして提供している格安SIMで、ソフトバンクの高品質な回線を利用しているため通信速度が速く、電波の安定性も抜群です。

また、月額料金が3GBで990円から利用できるため、他社と比較して通信品質と価格のバランスが取れているといえます。

THEIIIRD
THEIIIRD
価格・通信速度・安定性のバランスが一番取れています!迷ったらコレ!

 

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルは他社格安SIMと異なり、ソフトバンク回線を使用しているため、通信回線が混雑するお昼休みの時間帯や夕方などに通信速度が遅くなりづらいことが特徴です。

THEIIIRD
THEIIIRD

また、ギガごとの月額料金が他社と比較して安く、おうち割適用で3GBは990円から利用できます。

大手キャリアのソフトバンクと契約した際には、3GBの月額料金は5,478円になるため、同ギガ数でもワイモバイルはかなり安く利用することが可能です。

シンプルな料金設定のため、「格安SIMに変えたいけど、どれを選んでいいかわからない」「スマホ料金に詳しくない」といった方におすすめです。

ワイモバイルのキャンペーン最新情報

  • 新どこでももらえる特典
  • データ増量無料キャンペーン3
  • 【特典リニューアル!】SIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント
  • My Softbankアプリ設定でPayPayポイントが当たるキャンペーン第4弾
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】紹介キャンペーン
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】大抽選会
  • 10周年大特価端末登場!
  • 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

ワイモバイルでは他社からの乗り換えで最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえるキャンペーンをおこなっています。

THEIIIRD
THEIIIRD

PayPayは利用している人も多いですし、使えるところも多いので10,000円還元は嬉しいです。

ワイモバイルの通信速度に関する評判・口コミ

ワイモバイルの通信速度に関する評判・口コミを調査してみました。

ソフトバンクのサブブランドということもあり通信速度に満足している口コミが多く見られましたが、お昼などの混雑時は速度が遅くなることもあるようです。

5位、イオンモバイル:対面サポートが手厚い

イオンモバイルのロゴ

画像引用:イオンモバイル

サービス名 イオンモバイル
月額料金 さいてきプラン
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
データ容量 ・0.5〜10GB
実測通信速度 下り:36.97Mbps
上り:8.53Mbps
利用回線 ドコモ
au

イオンモバイルは全国200店舗以上のイオンで取り扱っているため、対面によるサポートが受けられます。

格安SIMの多くはコストカットのために実店舗を設けていないため、サポートは電話やチャットのみになりますが、イオンモバイルなら全国のイオンで対面によるサポートを受けることが可能です。

THEIIIRD
THEIIIRD

対面で手続きしたい方にはもってこいのSIMですね!

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルは全国のイオンで対面サポートを受けられることや、データ通信量が細かく設定されていることが特徴です。

THEIIIRD
THEIIIRD

データ通信料が細かく設定されているため、無駄のないプラン選択が可能です。

月額料金は比較的安めですが、時間帯や地域によっては通信速度が低下します。

そのため、スマホに詳しくないが、使用時間帯が限定されていない方におすすめです。

イオンモバイルのキャンペーン最新情報

イオンモバイルでは、他社からのお乗り換え&対象スマホの購入で最大15,000WAONポイントプレゼントキャンペーンを実施しています。
更に月額料金をイオンカードでお支払いすると2,000WAONポイントがもらえます。

イオンモバイルの通信速度に関する評判・口コミ

イオンモバイルの通信速度に関する評判・口コミは、大手キャリアやサブブランドと比較すると「遅い」という内容が多く見られました。

一方で、料金プランが豊富で安さには定評があるためそこまで通信速度を重視していない人には良さそうです。

6位、NUROモバイル:ドコモ・au・ソフトバンク回線から選べるトリプルキャリア対応

 

NUROモバイルのロゴ

サービス名 NUROモバイル
月額料金 VSプラン:792円
VMプラン:990円
VLプラン:1,485円
NEOプラン Lite:2,090円
NEOプラン:2,699円
NEOプランW:3,980円
データ容量 VSプラン:3GB
VMプラン:5GB
VLプラン:10GB
NEOプラン Lite:20GB
NEOプラン:20GB
NEOプランW:40GB
実測通信速度 下り:42.55Mbps
上り:10.9Mbps
利用回線 ドコモ
au

NUROモバイルはソニーグループが提供する格安SIMで、月額料金の安さと大手キャリアの3回線から通信回線を選べることが魅力です。

格安SIMのなかでも特にリーズナブルな価格提供が特徴。さらにトリプルキャリアに対応しているためSIMロック解除の必要がありません。

THEIIIRD
THEIIIRD

そのため、他社からの乗り換えがスムーズにできます。

THEIIIRD
THEIIIRD
ただし、高品質SIMプランはdocomoのみ、音声通話SIMプランはdocomo、auのみとなっているため、ソフトバンクユーザーはデータSIMしか利用できない点は注意しましょう。

NUROモバイルの特徴

NURモバイルは月額料金の安さや豊富なオプションが特徴です。

THEIIIRD
THEIIIRD

3GBが月額792円から利用可能で、データの繰り越しや端末補償などオプションサービスが充実しています。

一方で、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、通信速度は安定していません。

格安SIM全般にいえることですが、通勤・通学ラッシュ時やお昼休みなど、利用者が多くなる時間帯での通信速度は遅くなりがちです。

NUROモバイルのキャンペーン最新情報

  • NEOプランお申し込み特典
  • NEOプランWお申し込み特典
  • バリュープラスお申し込み特典
  • 5分/10分かけ放題プランお申し込み特典
  • Xperia 10 IVご購入特典

NURO光もしくはSo-net光の光回線と同時に契約することで月額料金の割引が受けられるキャンペーンをおこなっています。

 

THEIIIRD
THEIIIRD

また、新規申し込みや他社からの乗り換えでキャッシュバックや3,300円の事務手数料が無料になるキャンペーンも実施しています。

NUROモバイルの通信速度に関する評判・口コミ

NUROモバイルの通信速度に関する評判・口コミを調査しました。

遅いという口コミもありましたが、ソフトバンク回線を選択すれば比較的通信速度が良さそうです。

 

7位、楽天モバイル:無制限のデータ容量で料金は使った分だけ

楽天モバイルのロゴ

サービス名 楽天モバイル
月額料金 3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円
データ容量 無制限
実測通信速度 下り:52.44Mbps
上り:26.52Mbps
利用回線 楽天

楽天モバイルは楽天グループが提供する格安SIMで、データ通信が使い放題で使った分だけ支払う従量課金制です。

専用アプリを利用することで通話はかけ放題、3GBまでの利用は月額1,078円と料金の安さも魅力となっています。

THEIIIRD
THEIIIRD

安くてデータ使い放題なのは楽天モバイルの最大のメリットですね!

 

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは使った分の月額料金が発生する従量課金制が大きな特徴です。

例えば、先月は20GB使用したので2,178円、今月は3GBしか使用していないので1,078円、といったように月に使用料に応じて料金が変わります。

そのため、「たくさん使う月もあるけど基本的にはそこまで使わない」「月ごとのデータ使用料にばらつきがある」このような方におすすめです。

THEIIIRD
THEIIIRD

通信品質に関しては、自社回線を利用しているため都市部では通信が安定している一方で、地域や時間帯によっては繋がりにくい場合もある点には注意が必要です。

楽天モバイルのキャンペーン最新情報

  • iPhoneトク乗り換えキャンペーン
  • スマホトク得乗り換えキャンペーン
  • Rakuten最強プランお申込みキャンペーン
  • 楽天モバイルお申込み&対象製品ご購入で26,930円引き!
  • 楽天モバイル×楽天カード同時申込で最大14,000ポイント!
  • YouTube Premium3か月無料
  • 楽天モバイル紹介キャンペーン
  • 他社から乗り換えでポイントプレゼントキャンペーン
THEIIIRD
THEIIIRD

楽天モバイルでは、新規契約や他社からの乗り換え時に対象のiPhoneを購入すると最大19,000円分のポイント還元が受けられるキャンペーンを実施しています。

他にも楽天モバイルを利用中に楽天ペイでお買い物をすることで、通常よりも多くのポイント還元を受けられるため、普段から楽天グループのサービスを利用している方におすすめです。

楽天モバイルの通信速度に関する評判・口コミ

楽天モバイルの通信速度に関する評判・口コミを調査しました。

場所によっては遅いという声がありましたが、昔に比べると改善されているようです。料金プランがデータ容量無制限の1プランで迷わず契約しやすいため、データ消費が多い人におすすめです。

 

8位、IIJmio:大容量でも月額料金が安い

IIJIMO

サービス名 IIJmio
月額料金 2ギガプラン:850円
5ギガプラン:990円
10ギガプラン:1,500円
15ギガプラン:1,800円
20ギガプラン:2,000円
30ギガプラン:2,700円
40ギガプラン:3,300円
50ギガプラン:3,900円
データ容量 2ギガプラン:2GB
5ギガプラン:5GB
10ギガプラン:10GB
15ギガプラン:15GB
20ギガプラン:20GB
30ギガプラン:30GB
40ギガプラン:40GB
50ギガプラン:50GB
実測通信速度 下り:39.94Mbps
上り:9.23Mbps
利用回線 ドコモ
au

IIJmioは20GBが月額2,000円で利用可能なため他社よりも低価格で大容量のデータ通信が利用可能です。

バースト機能で、低速状態でもページ読み込みを快適に行うことができます。

THEIIIRD
THEIIIRD

低価格で大容量のデータが必要という方はIIJmioもおすすめ!

 

IIJmioの特徴

IIJmioはデータ通信量を節約するためにバースト転送に対応しています。

バースト転送とは、普段は低速通信にしておき、最初の読み込み時のみ高速通信を使うことで一気にページを読み込む機能のことで、データ通信量の節約が期待できます。

THEIIIRD
THEIIIRD

動画や画像の多いページではあまり有効ではありませんが、文章がメインのサイトなどを閲覧する際に重宝する機能です。

IIJmioのキャンペーン最新情報

  • サマーキャンペーン
  • 他社からのりかえでスマホが特別価格
  • ギガプランとセットで端末を大幅割引
  • IIJmioひかり バリュースタートキャンペーン
  • ROG Phone 8発売記念キャンペーン
  • Xiaomi新機種発売記念キャンペーン

開催中のサマーキャンペーンではスマートフォンの割引やSIMのみ契約の割引特典など様々な特典が盛りだくさんです。

THEIIIRD
THEIIIRD

また、光回線を申し込むことで、さらに月々2,970円の割引を6か月間受けることが可能です。

IIJmioの通信速度に関する評判・口コミ

IIJmioの通信速度に関する評判・口コミを調査しました。

そこまで遅くなく満足しているという声がありましたが、やはりお昼などの混雑時は通信速度が低下する傾向にあるようです。

料金プランが豊富で安いため混雑時に使うことが少ない人にはおすすめです。

9位、BIC SIM:IIJmioの通信品質を店舗で契約したい人におすすめ

BICSIMのロゴ

画像引用:BICSIM

サービス名 BICSIM
月額料金 2ギガプラン:850円
5ギガプラン:990円
10ギガプラン:1,500円
15ギガプラン:1,800円
20ギガプラン:2,000円
30ギガプラン:2,700円
40ギガプラン:3,300円
50ギガプラン:3,900円
データ容量 2ギガプラン:2GB
5ギガプラン:5GB
10ギガプラン:10GB
15ギガプラン:15GB
20ギガプラン:20GB
30ギガプラン:30GB
40ギガプラン:40GB
50ギガプラン:50GB
実測通信速度 下り:16.05Mbps
上り:6.23Mbps
利用回線 ドコモ
au

BIC SIMはIIJmioを展開しているIIJが手掛けており、料金プランやキャンペーンはほとんどIIJmioと同じです。

ドコモ回線とau回線を選んで契約できるしくみで、通信の安定性や、スピードに違いはありません。

THEIIIRD
THEIIIRD

量より質を求めるという方はBIC SIMがおすすめ!

BIC SIMの特徴

BIC SIMの特徴はWi-Fiスポットの「ギガぞう」が利用できる、店舗での申し込みができる点が挙げられます。

特に各ビックカメラグループ系列店で対面での契約が行える、サポートを受けられるというのは実店舗を持たないことの多い格安SIMの中で大きな強み。

Webのみのサポートに不安がある方に特におすすめです。

IIJmioと同様の通信回線であるため、基本的に通信速度は安定していますが、お昼休みなどの回線が混雑する時間に通信速度が遅くなりやすいです。

BIC SIMのキャンペーン最新情報

  • BIC SIMサマーキャンペーン
  • 【店頭申し込み限定】BIC SIMキャンペーン
  • BIC SIM11周年いいねキャンペーン
  • 長期利用特典
  • ビック光 バリュースタートキャンペーン

BIC SIMキャンペーンでは3ヶ月間最大11,000円の月額料金の割引を実施しています。
店頭申し込みキャンペーンでは全国のビックカメラで利用できるビックポイント最大14,000ポイントも還元されます。

THEIIIRD
THEIIIRD

格安SIMですが全国のビックカメラで受付やサポートを受けられるので安心ですね。

BIC SIMの通信速度に関する評判・口コミ

BIC SIMの通信速度に関する評判・口コミを調査しました。

大手キャリアやサブブランドと比較すると通信速度が遅いという内容が見られました。ただ、混み合う時間帯や場所を避ければ問題なく繋がるようなので月額料金を安くしたい人にはおすすめです。

格安SIMへの申し込みから利用までの流れ–乗り換え4STEP-

格安SIMの利用までの流れ4STEP

格安SIMに乗り換えたいけどどうすればいいのかな?

格安SIMへのお申し込みから乗り換えまでの手順を紹介していきます。

4STEPで簡単にできるので乗り換えをお考えの方はぜひこの機会に乗り換えがおすすめです。

STEP1:申し込み手続きに必要なものを準備

まずは、契約途中で「あれがない」「これがない」とならないように申し込み手続きに必要なものや書類などを準備しておく必要があります。

  • 現在使用している回線の契約更新月を調べる
  • MNP予約番号を発行してもらう
  • 本人書類の用意
  • 支払用のクレジットカードを用意する

手続きまでに必ず上記の4つを準備しておきましょう。

MNP予約番号の取得方法

MNPを利用して携帯電話会社を乗り換えるためには、契約中の携帯電話会社からMNP予約番号を取得する必要があります。

取得方法には「店舗」「電話」「Web(インターネット)」といった方法があるので、自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

THEIIIRD
THEIIIRD

申込むと予約番号を取得できますが、この時点ではまだ解約にはなりません。

それまでと変わらず回線を利用するできます。

注意が必要なのは予約番号には有効期限があるということです。

NTTドコモ、au、ソフトバンク共に15日間です。

この期限を過ぎると使えなくなってしまうため、期限が切れてしまったら予約番号を取得しなおす必要があります。

SIMロックの解除方法

事前に動作確認済み端末を確認し、必要に応じてSIMロック解除を行う必要があります。

THEIIIRD
THEIIIRD

格安SIMでは原則、手持ちのスマホを使い回せますが、機種と回線の相性によってはそのままだと使えない場合もあります。

ですから、ドコモ回線以外の格安SIMで利用するには、事前にSIMロック解除と呼ばれる手続きをしておく必要があります。

STEP2:乗り換え検討先の回線に申し込み

準備が整ったら乗り換え先の回線に申し込みをします。

格安SIMと同時に、スマートフォンも購入する場合は、この時点で申し込みをします。

THEIIIRD
THEIIIRD

最初に料金プランを選びます。

次に音声通話の有無やデータ容量などで料金プランが異なります。

上記の比較ポイントを参考に自分に合ったプランを選択しましょう。

次にオプションを選びます。

電話かけ放題や端末保証などのオプションもあるので、必要であれば追加しましょう。

STEP3:SIMカードを受けとる

事前に手続きをおこなうことで、電話番号を引き継げます。

引き継ぎに使う制度が「MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)」です。

THEIIIRD
THEIIIRD

MNPを利用すると、他社に乗り換えても現在と同じ電話番号を使用できます。

まずは、移行する前の通信会社からMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号は10桁で、現在契約している携帯会社で手続きをすると発行できます。

なお、番号の有効期間は最大で15日間です。

STEP4:初期設定・利用開始

最後に初期設定をおこないます。

THEIIIRD
THEIIIRD

こちらは、格安SIMからSIMカードが届いたらになります。

格安SIMでの開通手続きは、同梱されるマニュアルに沿って行えば、数分で可能です。

開通手続きよりもやや難しくなるため、不安な人は格安SIMの問い合わせ窓口や対応サービスを活用するのがおすすめです。

格安SIMの速度比較に関するよくある質問は?

格安SIMの速度比較に関するよくある質問

2024年6月現在では、格安SIMが様々な企業から提供されており「格安SIMを契約したいけど、どれを選んでいいのか分からない」といった悩みを抱えている方も多く見受けられます。

ここでは、格安SIMについてよくある質問をいくつか紹介します!

格安SIMの利用や乗り換えを検討している方はぜひ参考にして下さい。

昼の時間帯の速度が安定している格安SIMは?

「ワイモバイル」は昼の時間帯の通信速度が安定しています。

昼の時間帯は社会人や学生などがお昼休みになるため、スマホを利用するユーザーが増えます。

THEIIIRD
THEIIIRD

格安SIMの会社が抱えている通信回線のサーバーには容量があります。

よって、サーバーにアクセスするユーザーが増えるとサーバーの容量がオーバーするため個々の格安SIMユーザーの通信回線の速度が遅くなります。

こういった現象は格安SIMのキャリアではよく起こりますが、その中でも「ワイモバイル」は安定した通信速度を維持しています。

格安SIMの速度がリアルタイムで確認できるサイトなどはある?

結論から言うと、格安SIMの通信速度をリアルタイムで確認できるサイトはあります。

格安SIMの速度比較サイト」では、このサイトの管理人の自作装置によりリアルタイムであらゆる格安SIM会社の通信速度を比較しグラフ化しています。

THEIIIRD
THEIIIRD

「自作装置という事もあり信頼性にかけるのでは?」と思う方もいると思います。

ですが、格安SIMの速度比較サイトは2015年から運営を開始しアクセス数もうなぎ登りでdocomoなど大手の企業と並んで賞も受賞しています。

また、管理人の方はもともとWEBサイトやandroidアプリを自作していたようなので、電気やWEB系に長けた方だということが分かります。

自作装置ということもあり、これだけで完全に信用できるかは分かりませんがある程度の信頼性があるサイトです。

格安SIMの速度が遅すぎてストレスがたまるんだけどどうすればいい?

格安SIMの速度が遅すぎてストレスがたまる場合は、格安SIM会社を乗り換えましょう。

都市部でなく郊外の地域に暮らしていると、電波が届かなかったり、電波が入りにくいといったことがあります。

THEIIIRD
THEIIIRD

利用する格安SIM会社によって電波の提供エリアが変わってくるため「この会社に乗り換えるのがベスト」といったことは断言できません。

ですが「楽天モバイル」など格安SIM会社の公式サイトでは、自宅や職場などの電波の入り具合を調べられるシステムを導入しています。

格安SIMの契約前に提供エリアを確認しておくことで、通信速度が遅いといったストレスを減らせるかもしれません。

また、SNSなどで格安SIMの口コミを調査するという方法もあります。

多くの方が「通信速度が遅い」「自宅が山の近くで電波が入らない」などの口コミをしている場合は注意が必要です。

格安SIMのPing値の比較が知りたい

下記に主な格安SIM会社の平均Ping値を記載しました。

  • ワイモバイル=43.1ms
  • UQモバイル=49.39ms
  • BIGLOBEモバイル=60.49ms
  • IJmio=95.02ms
  • イオンモバイル=82.14ms

インターネットの通信にかかる時間を表す値をPing値といい、単位は「ms(ミリセカンド)」で示します。

THEIIIRD
THEIIIRD

このPing値が小さい程、通信にかかる時間が短いといえるため高速通信ということになります。

上記の表に記載している5社の中ではワイモバイルが最も高速通信といえるでしょう。

格安SIMの繋がりやすさは回線によって変わる?

格安SIMの繋がりやすさは回線によって変わります。

そもそも格安SIMは大手のスマホキャリアであるdocomoやau、Softbankの通信回線を借りて運用しています。

よって格安SIMの回線速度も大手のスマホキャリアが提供している通信速度に依存し、通信回線の提供エリアも異なってきます。

先程も紹介しましたが、「楽天モバイル」など格安SIMの公式サイトでは、自宅や職場などの電波の入り具合を調べられるシステムを導入しているところがあります。

THEIIIRD
THEIIIRD

繋がりやすさを調べる上で役に立つシステムなので参考にしてみましょう。

速度重視で最もおすすめな格安SIMはどこ?

結論から言うと「ワイモバイル」です。

先ほど、ワイモバイルは昼間に繋がりやすい格安SIMとして紹介しました。

また「格安SIMの速度比較サイト」の通信速度を比較するグラフからみてもワイモバイルは安定して高速通信ができているということが分かります。

ワイモバイルはSoftbankの通信回線を利用しているため、北海道や沖縄も含むSoftbankが使える全エリアで通信が可能です。

THEIIIRD
THEIIIRD

都市部や郊外など提供エリアによって通信速度の誤差は多少ありますが、平均Ping値をみても比較的安定して高速通信ができるという面においてはワイモバイルが最も優秀といえるでしょう。

速度重視で最もおすすめな格安SIMはドコモのオンライン専用ブランド『ahamo』です。

この記事でも1位のSIMとして紹介していますが、実測の平均通信速度においても下り110Mbpsを超える数値を記録しています。

ahamoで利用できる回線は、国内でも最大のカバー率を誇る純正ドコモ回線が利用できるので、安定した通信が可能になっています。

20GBプランが3,000円以下で利用できるので、手軽に安定した高品質な回線が使いたい場合におすすめです。

まとめ:格安SIMを速度だけ比較して選ぶのは危険-全体のバランスを見て検討してみよう-

まとめ

 

ここまで通信速度に重点をおいておすすめの格安SIMを紹介しました。

通信速度においてはワイモバイルと説明しましたが、お住まいのエリアによっては楽天モバイルの方が通信速度が速いということもあります。

また、コストパフォーマンスやサービスの充実度など通信速度以外の面も格安SIM会社を選ぶうえで重要となってきます。

THEIIIRD
THEIIIRD

通信速度だけで格安SIMを決めるのではなく、サービスの面などトータルして自分に合った格安SIMを選びましょう。